30-04-2017
04:35 pm
=

三菱UFJがビットコイン・スタートアップのコインベースに投資




green

ビットコイン取引プロバイダーのコインベースは、東京三菱UFJ、三菱UFJキャピタルとシリコンバレーVC企業のソゾ・ベンチャーズを含める投資家から$10.5ミリオンの新規資金を上げた。

この投資は、MUFG子会社の東京三菱UFG銀行はコインベースと戦略的な提携を結んだとの公表と合わせ、そしてサンフランシスコのスタートアップは未知のアジア銀行と共にプルーフ・オブ・コンセプトに取り組んでいるとの噂に続いた。

公表文面にて、コインベースはこの提携がブロックチェーンと従来の金融産業の間を繋ぐ援助を行うと述べた。

コインベースは述べた。

「率先する国際金融機関との提携は戦略上の重要な鍵であり、当社はBTMUとの取り組みに非常に期待しております。」

この知らせと共にコインベースは、本企業の貢献によって第二のアジア市場とするであろう日本でのサービスを設立する目標を述べた。

コインベースの通常資金は現在$117.7ミリオンに達しており、これは四期の公的資金調達にて$136ミリオンを上げたビットコイン決済サービス・プロバイダーのサークル(Circle)を超える。

過去のコインベース資金調達での投資家には、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、BBVAベンチャーズ、そしてクイーンズ・ブリッジ・ベンチャー・パートナーズが含まれる。

記事:ピート・リッゾ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
20160622111013
ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ(BIG)がQLUE.ioの配布へBMEX日本と独占契約を結ぶ

ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ(Blockchain Intelligence Group/BIG)は、日本で総業する企業BMEX株式会社(BMEX)との独占契約を結んだ事を発表し、これはブロックチェーン・テクノロジー・ソフトウェアの定性法執行機関統合エッジ(クオリテーティブ・ロウ・エンフォースメント・ユニファイド・エッジ/QLUE)販売権をBMEXへと提供する。 このクルー(QLUE)技術は、ビットコイン取引での疑惑ある行為の探知へと、高度な検索算法と様々な技術を使用しており、これら全ては、私用権方法をBIG独自のビットコイン・ブロックチェーン法執行解析プラットフォームにて利用している。 このBMEXとの12ヶ月契約は、免許提供側から価格プランが設定されると、契約企業へと類似する契約内容にて日本でビットランク・ドット・アイオー(BitRank.io)市場への権利と選択肢を提供する。 BMEXの社長クリストファー・フィリアトロー氏はこう述べた。 「この日本全土へBIGの技術を配布する機会は、全ての関連者を双方にとって好都合にするでしょう。本技術は日本でビットコイン認証の中心で前線であり、従来からの顧客基盤が非常に容易に導入する事が可能です。日本市場へと本技術を運ぶ事をとても期待しております。」 BIGの社長ランス・モーギン氏はこう意見を述べた。 「日本でBMEXの所持するベンチャー事業と従来のネットワーク関係上へのこの提携について、非常に嬉しく思っております。」 BMEXについて BMEX株式会社は日本の東京に本部を置く。BMEXは日本全国の様々な場所でのビットコインATMのネットワークを運営する。更にBMEXは4000人以上のメンバー基盤へ、暗号交換プラットフォームとビットコイン・ウォレットの開発を行っている。 ブロックチェーン・インテリジェンス・グループとは https://www.blockchaingroup.io/ ブロックチェーン・インテリジェンス・グループ(Blockchain Intelligence Group)はカナダBCのバンクーバーに本部を置く。ブロックチェーン技術ソリューション、検索、データ解析の開発者でありながら、BIGの私用権プラットフォームは政府や金融とeコマース分野にて総業するフォーチュン1000企業を国際的に対象にする。

Close