27-03-2017
10:18 pm
=

最新ニュース

ヨーロッパの高官警察がデジタル通貨作業グループを発足




numbers
ヨーロッパ連合の高官法務執行機関である欧州刑事警察機構はデジタル通貨に取り組む新規作業グループを共同発足した。

本イニシエティブは、法務執行の問題に焦点を合てる政務間組織の国際刑事警察機構と、公共と民間部門での金融犯罪に取り組む非営利団体のバーゼル・インスチチュート・オン・ガバナンスによって共同で率先されている。

先週の公表によると、本作業グループは提携ワークショップ団体と題目への専門家によって構成される国際ネットワークが関与する。

欧州刑事警察機構は公式文面にてこう述べた。

「インターネット技術は持続して発達しており、そしてまた犯罪者が不法で不正な活動へと活用する道も増えてきています。これらの技術の中で、デジタル通貨はすでに犯罪者の世界へと変形してきています。」

欧州刑事警察機構と国際刑事警察機構は昨年にデジタル通貨問題の提携へと時間を費やしており、この提携によってこれら2つのグループは国際法務執行代表へと養成講習と会議を企画した。

更に最近では、欧州刑事警察機構はデジタル通貨取引の追跡の許容量を更に拡大させる為に、ブロックチェーン・スタートアップのチャイナリシス(Chainalysis)と契約を結んだ。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red_light
ブロックチェーン技術を中国の社会安全保障へ使用

中国政府がブロックチェーン技術を、失業手当や年金などの社会安全保証の決済へと使用する。チャイナ・デイリー(Chain Daily)によると、全国社会保障基金理事会の副会長であるワン・ゾンミン氏はこう述べている。 「ブロックチェーン技術が、安全保障基金の投資と管理への重要な導入によって、社会安全保障への使用についての疑いはありません。」 全国社会保障基金理事会は、毎年の24.6%上昇予算と共におよそ300兆ドルを管理している。ブロックチェーンの仲介企業を介さない機能の為に、費用の削減、そして清算、決済、支払いと情報記録をブロックチェーン技術によって更に容易にする効率性の向上を目指している。 これは中国政府がブロックチェーン技術を起用する兆であり、上海が本産業を数々の公表を予定する周知された最大のブロックチェーン・イベントとして歓迎しているのと同様に、促進へと前進しているように見られる。 これらの事は、このような公開は中国政府、又は中国政府に繋がる連合・協会からの指針である可能性があるが、しかしこちらには明確な情報がない。 中国の発展 この10年間での最大の驚きになるかもしれないのは、中国はこれら新技術の導入の世界率先者であるという事だ。フィンテックは本国での主流である。テンセント(Tencent)やアント・ファイナンシャル(Ant Financial)のようなインターネット大手企業は、中国での全ての決済の半分以上を管理しており、これら大手2企業は市場占領への競争を行っている。 アメリカは新規政権を待つ 西側諸国では、イギリスがこの春に良い友好関係の開始を宣言し、規制環境はフィンテックにとって世界で一番だと考慮されているが、しかしアメリカ当局者からは何も聞き入れていない。国家全体での規制の流通に関する話題がある中で、2ヶ月内での新規政権への選挙期間が占めているように見られる。 ブロックチェーン技術とフィンテックへのトランプ氏とヒラリー氏両方の選挙運動の位置についてを訪ねたが、返答は返ってきていない。更に、両方の候補者の選挙運動ウェブサイトの位置部門でも、フィンテックやブロックチェーンに関連する事は見る限り記載されていない。 まだ早い時期だが、しかしIoTが数兆を予想されるに対して、ブロックチェーン技術は数10億を約束する事を考慮すると、あと2ヶ月のみが迫っており、これら新規開発と政権がどのようにこの改革の流れを促進させるかについて、トランプ氏とヒラリー氏両方からの視点を聞く事が出来るだろう。 記事:アンドリュー・クエントソン

Close