23-04-2017
05:31 am
=

ユニセフ開発助成がブロックチェーンへの投資を示す




be quiet

国際連合児童基金(UNICEF)がブロックチェーンのスタートアップやイニシアチブ企業へと予期出来る投資について示した。

1946年に創立したUNICEFは、貧困な国々に居住する家族と子供の援助へと人道的活動を復興する事に力を注いでいる。この機関は本日(2月1日)、昨年の5月に発足した当機関の開発助成からの投資への申請を受付けていると発表した。

当助成は実時間の情報配信や学習製品、そして「サービスと情報の使用権を増加させるインフラストラクチャー」の3つの分野への投資に専念していると述べた。

声明にてUNICEFの開発復興を共同で率先するクリストファー・ファビアン氏は、現在までに$9ミリオンを上げてきた当助成からの援助をブロックチェーンに焦点を当てた事業は受ける事が出来ると述べた。

ファビアン氏の発言:

「急速に変化するブロックチェーン、3-Dプリント、ウェアラブルやセンサー、そして人工知能と再生可能エネルギーの技術の為、3つの分野は投資へと熟しております。」

この企画への申請資格は、申請社がオープンソースやプロトタイプ段階の製品を所持している事。

申請書提出への締切は2月26日。UNICEFは申請社の情報についての発言は断っている。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
cat
ビットコイン・ベトナムとコイニフィがベトナム初のブロックチェーン支払い処理プラットフォームを設立

ベトナムで最初のビットコイン取引所であるビットコイン・ベトナム株式会社とブロックチェーン通貨商処理の市場を率先するコイニフィApSが、ベトナム市場へと最新のブロックチェーン商業処理ツールを提供すると見られる新規の戦略的提携を公式に発表した。 国内市場の足場と深い知識を築いたビットコイン・ベトナム株式会社と、金融技術と電子支払い業にて広範囲を専門とするチームに率先されるコイニフィApSの両企業は、双方での密接な連携がベトナム市場の更なる熟成へと貢献すると予測している。 新規で確立した当提携の初期段階にて、ベトナムの業者はコイニフィの援助によってビットコイン又はその他一般的な16種のブロックチェーン通貨で支払いを受理する事が可能となる。これら支払いは自動的にベトナム・ドンに両替されて定期的に支払われる。これで業者は安全で不正の無い環境で、更なる支払い方法を利用者へと提供出来る。 この新しいプラットフォームはカスタムAPIや一般的なプラグ・インを通して、業者ウェブサイト/オンライン・ショップとの円滑な統合を提供し、実店舗へ合わせた店頭利用を援助する。関心のある業者は新規プラットフォームへの事前登録をin[email protected] [email protected][email protected][email protected] グエン・トラン・バオ・フォン氏(ビットコイン・ベトナム株式会社のCEO)の言葉 「本日コイニフィ・チームとの新規提携を公式に発表します。当企業はとても便利で安心、そして完璧な製品を確立しており、数々の商業社からの導入によってヨーロッパで市場の率先に至っております。ベトナム商業社へブロックチェーン支払い受理手段を提供する事が、クレジットカード、ペイパル(Paypal)やその他同様のサービスで起こっている信頼性と安全性の欠如を大きく向上させるでしょう。」 マーク・ホジジャード氏(コイニフィApSのCEO)の言葉 「ベトナムで初の導入社であるビットコイン・ベトナムは、ベトナム内外に居住するベトナム国民へと仲介業、取引所と海外送金ソリューションの提供を通じ、ビットコインの導入への道を敷き詰めました。現存のインフラストラクチャーの強化とベトナム市場への熟練したブロックチェーン支払い処理の提供に向けて、この活動的な企業に加わる事を嬉しく思います。」

Close