24-07-2017
04:36 pm
=

マスターカード・インターナショナルの上役「ブロックチェーンは未来へと良好」




blue2
マスターカード・インターナショナルの社長アン・カーンス氏は、ビットコインを動かす技術のブロックチェーンをマスターカードが「未来へと良好」だと見なす非常に可能性のある技術と呼んだ。

個人銀行企業、投資銀行、株式取引、そして中央銀行もそれぞれの領域において導入へと努力しつつ、ブロックチェーン技術の開発を理解する為に、意図的で広範囲に広げた測定を始めている。国際カード決済ネットワークのマスターカードは、ブロックチェーン技術へ投資する企業の一つである。

北アメリカ外部の全ての市場を管理する責任を担うマスターカード国際市場の社長アン・カーンス氏は、ブロックチェーンへの見解を強くした。「非常に期待出来る技術」と称し、マスターカードはマスターカードのコアシステムでの分散型レジャー開発の統合を目指していると好評した。

カーンス氏はヨーロッパの雑誌EurActivとの会見でこう述べた。

当社のコアシステムとの統合方法を調べる為、我々は既に研究所にて使用例を開発しております。

金融取引界を多様な団体が関与する、明確なブロックチェーン技術の実用使用例だと示した。

もしヨーロッパ供給者で中国からシルクを購入している場合、配送へのシルクと、信用状が手元にあり、そしてシルクが店舗に届くまでに沢山の人々が取り扱いに関与します。
流通会社、金融企業、供給者、購入者、これら全てはどこでも同じ処理を利用しているので、一つの信頼出来る方法を持つ事は非常に有効になるとして、ブロックチェーンは本業界へと利用出来ると見ております。

マスターカードと主要競争社であるビザは、本産業界への活発的な投資と共に、ビットコインとブロックチェーンを模索する努力を市場へと展開している。2014年の初めには、マスターカードはビットコインへ集中する為に、ロビーイストへと支払ったと公開されている。

電子通貨グループ(DCG)の一連産業投資家は、2015年の後半にマスターカードからの投資と援助を獲得した。

2015年は決済界の年だと称したブログ記事にて、ビザ・ヨーロッパはビットコインとブロックチェーンは決済産業が「共に存在する必要がある」事実として明確に強調した。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
peep hole
ビットコイン禁止への予想されるフランス大統領令

フランスの主要な政府極右党は、ヨーロッパ諸国でのビットコインとその他電子通貨使用を終結させる令を出した。 先月末に公表された記述によると、国民戦線の指導者であり、2017年のフランス大統領選の立候補者であるマリーヌ・ル・ペン氏は、ウォール・ストリートの有力仲売人によって動かされる、現金無しのビットコインが設定された世界の確立を目指す世界主導者らを非難した。 ル・ペン氏はこう記述した。 「2016年のダボスでの世界経済フォーラムに頼られている、巨大事業の場であるウォール・ストリート銀行(JPモーガン、ゴールドマン・サックス)らは、仮想通貨や暗号通貨(よく知られる物でビットコイン)と、現金の無い社会、この2つの案をEUなどの各国や機関へ売りました。」 ル・ペン氏の所属する党は通貨とは「主権者へと与えられた国家公益」であるとし、貨幣の電子化は世界各国の政府からの大幅な金融監視に繋がる、と信じると記述した。 「その為、経済愛国主義のモデルとしての実施内容では、国民戦線はフランスでのビットコインのような暗号通貨の利用を阻止します。」とル・ペン氏は述べた。 フランス立法部で小規模で継続している国民戦線が、この政策目標の規定を出す事が出来るかは持続して公開している。 最近の世論調査は、来年4月に設定された大統領選の初回投票と、それに続く5月の2名の最大候補者の内での決選投票で、国民戦線が大きな数の投票を獲得すると提示している。 ル・ペン氏はフランス大統領フランソワ・オランド氏と、2012年にオランドによって落席された旧フランス大統領ニコラ・サルコジ氏に対抗するだろうと予想されている。 記事:スタン・ヒギンス

Close