25-09-2017
03:19 pm
=

マウントゴックスの破産管財人が債権者への償還の新詳細を発行する




bar

破産管財人が旧ビットコイン交換所のマウントゴックス(Mt Gox)へと、提出された要求への新規詳細を述べる最新情報を公表した。

本報告は本日(2月17日付)に管財人の小林信明氏により発行され、合計24,733人が倒産取引に対して要求を提出しており、その内の9,863人は2014年にマウントゴックスが倒産時に失われたビットコイン保持に関連している。

報告によれば、債権者は¥40,130,744,194(およそ$350m)を失ったBTC預金にて要求し、その内の¥12,583,717,791(およそ$110m)が7,952名の要求者への承認又は拒否だった。追加での1,911名の要求者によって報告された¥27,547,026,403(約$241m)が管理者によっての承認を待っている。

要求に適用された交換相場は、BTCで$483又は\50,058,12にて抑えられた。この数字はコインデスクの2014年4月23日での23:59UTCでUSDビットコイン価格指数にて固定されており、マウントゴックスが倒産を申告する直前の物である。

統合されたビットコインと不換預金は、合計で¥2,695,239,249,594(約$2.3bn)を要求し、そしてその内¥25,702,801,244 (約$225m)は現在までに承認又は拒否されている。

小林氏は陳述書にて、この報告は発展途中で残存する調査を映し出す結果になっていると述べて、こう発言した。

マウントゴックスの調査要求は未だに続いていますが、要求者へと大きな進展を作りたいと思います。」

更に小林氏は、昨秋に市場偽造と横領の申し立てで留置されたマウントゴックスのCEOマーク・カーペレス氏は、日本警察によって勾引されたままだと公開した。本管理者は、マウントゴックス崩壊へと引き続く調査について警察との連携を継続すると追加した。

「問題が現在明らかになり、今回我々が自覚しており、そしてブロックチェーン上の記録に従ったデータベース上の、ビットコイン活動間の相違を発見する為の調査が行われている最中です。」と小林氏は述べた。

成り行きを見守る

その間、サンフランシスコ拠点のビットコイン交換所であるクラーケン(Kraken)は要求と救援配布の取り組みを援助している。

クラーケンがコインデスクへと述べた。

「残念ながら静観する状態です。明らかに管理者は対処しなければならないこれ以上の要求を抱えており、調査設定を見通しての、又は資金に対して保留されている多数の起訴への配布が行われるのか明確ではありません。」

マウントゴックスの倒産は電子通貨界へと波紋を作り、論議的である本取引所の崩壊の意味と共に投資エコシステムと価格へ影響を与えている。

例を挙げると、国家最大の金融監督機関からの高官を含んだ日本政府と、金融サービス代理店がマウントゴックスとカーペレス(Karpeles)への調査の中で、一般ビットコイン取引サービスへの新規規定に力を入れている。

記事:スタン・ヒギンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
peep hole
ヨーロッパの暗号通貨規定を変えるであろう提案

欧州委員会(EC)が近日、電子通貨交換所とウォレット供給企業へとアンチマネーロンダリング対策とテロリズム対策融資準則(the Fourth AML Directive or 4AMLD)を適用する計画を公式に発表した。 この動きはECのテロリズム資金に対する拡大する措置の一環である。 しかしこの知らせに不思議はなく、もう一つの公表されておらずに見落とされているEC提案が、近日のEUにおける電子通貨規則を改革する可能性がある。 紋切り型のアイディア AML/CRF規則で電子通貨を包括する動機は、EU機関によって何度も述べられていた。例を挙げると、2014年に欧州銀行監督局、そして2015年の2月と11月にパリでのテロリスト攻撃後にその他機関からである。 興味深い事に、最近の2015年5月に導入されたばかりであり、そしてEUメンバーは新規規制の実行への時間がまだあると述べていたにもかかわらず、恐らく故意の変更(2016年の第四期半にて詳細が公開されると見られる)が4AMLDへと設定されるだろう。 打開的な提案 電子通貨交換を4AMLDの範囲を広げる事で包括する計画を置いて、ECは簡略的に、プレスリリースに公言されていないもう一つの規制案を提出した。 ECは欧州決済サービス指令(PSDと言い、2015年に導入された2PSDの最新版)の免許取得と管理規律を「市場へのより良い管理と理解を促進する」為に電子通貨へと適用する事を思慮する事を公表した。 PSDは決済へのEU単一市場の土台である。これによって規制された決済サービスの規則が設定され、一連のサービスが含まれている。 基本想定の見直し 何が問題かと言うと、最近のPSD規定方法論がどういった内容かである。 PSDの重要な部分は「資金」の定義であり、現金、貯金(口座)通貨、そしてeマネー(EMDによって規制された)だけが含まれている。欧州中央銀行(ECB)とその他にて確認された事実によると、暗号通貨はこれらの解釈に当てはまらない。 ECにとって、現在のPSDの形態は電子通貨へと全く適応していないが、この供給によって電子通貨取引は最適に包含されるだろう。 新規の規制は、「資金」、「決済処理」又は「決済機関」を含み、PSDの基本規定と概念の見直しを余儀なくするだろう。 記事:ジャセク・チャルネッキ

Close