22-11-2017
07:20 am
=

マイクロソフトは何故「全てのブロックチェーン」をアジュール・プラットフォームへ望むのか




sign

2014年の終わりに、マイクロソフトがビットコイン支払いの流通について試験を行ってから、当大手技術企業はブロックチェーン技術の基盤になっているソリューションへの市場復興にて、更に大規模な主要企業として落ち着いた

今年の10月に当企業のアジュール・クラウド・コンピューティング・プラットフォームを当エコシステムへと開始するにあたり、マイクロソフトは当企業のブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)ソリューションへと固定編成された提携社を追加しており、この製品はリスクの低い環境でスマート・コントラクトからブロックチェーンでの納税報告サービスへと、提携社が多様な技術で使用する事が出来る「サンド・ボックス」の様な形式である。

しかし、マイクロソフト技術方策部の代表であるマーレイ・グレイ氏によると、この事業は開発と試験へと設計された物である為、当企業のアジュール・プラットフォームへと追加された新規ブロックチェーン主要企業の不足は無いであろうとの事。

グレイ氏がコインデスクへと述べた。

「率直に言うと、利用者が全てのブロックチェーンへの利用権を希望して欲しいと考えています。例えば車庫で2人の男性がビットコインを発見し、天才的な発想から人々に利用して欲しいと考える事も有り得ます。我々にはどの様な障壁もありません。全ての人々へ開かれています。小企業の参加も援助します。」

グレイ氏が当事業はアジュール・BaaSプラットフォームが「承認ブロックチェーン商業界」にて拡大する事に向けていると示し、これをバネにして現段階で、当技術への提供社は更に重要なセキュリティー審査を経験しています。

「勝者を選択するつもりはありません。」とグレイ氏が追加した。「もし我々がそうしようとも、市場は我らの選出した第一の企業は望まないでしょう。」

性急な開発

 

最新版アジュールのBaaSサービスについてグレイ氏が強調するには、この事業は現在「完全に一般へ開かれて」おり、そしてクライアントがブロックチェーンをアジュール又は地域のデータ中枢へと当プラットフォームを通じ直接的に活用が出来ると述べた。

クラウド利用者へと、ブロックチェーンは「ウェブインターフェースに記入し、クリックで送信」する事で活用出来る。更にグレイ氏は、利用者が素早くブロックチェーン・ネットワークを追加する中でクラウド環境の仮想機械として管理する事が可能であると述べた。

「個人のクラウドを所持する事が可能ですが、しかし集合点は人々の間の管理下にあります。もしブロックチェーンへ加入する事が承認されれば、加入する事が出来ます。」とグレイ氏が述べた。

「もともとBaaSプラットフォームは多大なブロックチェーン・プラットフォームへと含ませる為に設立しました。利用者、共同社そして開発者が方略を発見する為へとこれらを試用させる為でもあります。」グレイ氏が締めくくった。

「現在ブロックチェーン環境での自動設定と、その主要時間を20分まで削減する事が可能です。」

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red
国連委員会がカリブ沿岸諸国を電子通貨の中心地にする事を呼びかける

国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC)は、電子通貨とそれを地域支払い問題の定義へどの様に使用出来るかについての調査報告を公開した。 ビットコイン等の電子通貨の利益とリスクへの均一判断を地域の政策立案者へと提供する目的について記述された当報告は、カリブ海沿岸諸国での当技術使用法を調査し、そして国際規模での現れ始めている利用法の幅広い背景を議論している。 特に、当文書は当沿岸諸国を電子通貨とフィンテックの中心地にする最終的な目標と共に、当技術について更に深く追求する事を勧めている。 著者の記述。 「小区域での支払いインフラストラクチャーの欠乏と電子通貨へ増加する参加への幅広い需要の為に、電子通貨上での開発の機会を検査する事がカリブ沿岸諸国自治体へと課せられています。」 当委員会は更に、電子通貨が電子支払いインフラストラクチャーでの欠乏へどの様に取り組むのか、そしてモバイル・マネー・ソリューションと電子通貨への当諸国の関係についての概要を提供した。 この研究は3つの主要データ元が基準となっており、それらは国際と地域資料の文献展望、電子支払いでの専門家からの貢献、そしてカリブ沿岸諸国中央銀行の公式調査である。 包括的な取り組み 要約すると、著者は「包括的な取り組み」を、方策の見直しと一般の利用者へ十分な機会を提供する電子通貨の探求へと勧めており、それはイギリスにて導入された過程と同様の物である。 コンプライアンスの費用削減と当諸国での電子通貨分野の競争商業界を作る為に、当諸国全ての国家で提携方策を更に提案した。 公式に認められた電子通貨率先社は役立つとも、当文書は述べる。 将来の電子通貨でのモバイル支払いの利用増加を予測する間、政策立案者や起業家、そして研究者らが沿岸諸国をフィンテックの中心にする専門的サービスと輸出用製品の開発を検討する事が出来ると、当文書は追記している。

Close