23-02-2017
11:00 pm
=

最新ニュース

マイクロソフトがビットコインへ大きく乗り出す




cat

マイクロソフトはビットコインと当関連技術を金融機関へと提供する為、ブルックリン拠点のブロックチェーン専門スタートアップ企業ConsenSys(コンセンシス)と提携を結んでいると、Reuters(ロイター)が報道した。

ビットコインを実証する技術のブロックチェーンは、基本的に全ての取引を匿名で登録する膨大な分散化台帳である。台帳が公衆向けなので、ブロックチェーンはコンピューター上改ざん防止性があり、金融クライアントへと最適な物にしている。

ブロックチェーンは更にその他データ取引を実証する事が出来ると見られるので、複数の企業はビットコインの機能性を拡大する私有ブロックチェーンを製作している。

マイクロソフトはコンセンシスの技術と当社によるクラウド・プラットフォームAzure(アズレ)を複合する事で、金融関連やその他大手企業が使用出来る信頼性のある技術を貸し出している。マイクロソフトによると、大手4企業が既に採用している。

この動きは無作意に見えるが、利用者をマイクロソフトへと繋ぐのではなく、マイクロソフトを利用者へと運ぶCEOサトヤ・ナデラ氏によるクラウド基盤サービスの大規模な焦点に分類される。当企業は第4四半期に8%の成長を当クラウド事業に見せた。

記事: マックス・スレーターロビンズ、Nov. 11, 2015, 10:41 AM

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
canada bitcoin
カナダ銀行「ビットコインは新しい貨幣制度を作るでしょう」

電子通貨が広く利用されれば、中央銀行は貨幣政策の実施に「困難」するだろうと、カナダ銀行の上級職員が先週の会見にて公言した。 上級副知事のキャロライン・ウィルキンス氏は、トロントのThe Rotman School of Management(ロットマンスクール・オブ・マネージメント)とMunk School of Global Affairs(ムンクスクール・オブ・グローバルアフェアーズ)での講演にて、開発と金融恐慌後の世における中央銀行業の様相変化について語った。 ウィルキンス氏は、ビットコインは代替金融技術の全般の一部であり、当概念は金融活動を次第に「従来の金融分野の枠外」へ押し進めていると指摘した。 ウィルキンス氏は演説でこう公言した。 「この技術は、国際貨幣制度の中で中央銀行が貨幣政策の実施に困難するであろう新しい活力を創り出すでしょう。そして、中央銀行は自国貨幣の流通を扱うので、最後の貸手として働く事が出来なくなります。それはもし電子マネーが暴落した際に、世帯や事業が重大な損失を被るかもしれないという意味です。」 「我々はそれを予測する事と、電子マネーの幅広い導入から上るリスクや利益を管理する事が必要です。」と締めくくった。 先週の講演はウィルキンス氏による初めてビットコインを題材とした物ではない。昨年ウィルキンス氏は講演にて、カナダ銀行は産業界の発展を「注意深く」観察しており、当技術から予測される利益は中央銀行制度の運営の資格を縮小する事だと発言した。 暗号通貨が広く利用されるという考えにくい状況で、経済取引の大きな割合がカナダドルで表示される事はないでしょう。」と同時に語った。「これにより、マクロ経済活動にカナダ金利を通じて影響を与える銀行の機能が削減されると見られます。」 昨年に中央銀行が電子通貨は中央銀行の安定性を脅かすかもしれないと発言した様に、当見解はカナダ銀行自らによって正式に出された物と類似している。 スタン・ヒギンス | Coindesk.com...

Close