17-10-2017
09:31 am
=

最新ニュース

マイクロソフトがアジュールにテンダーミントを追加




tendermint_bitcoinist

ビットコイン・プレスリリース、カリフォルニア州サンフランシスコ

制限されたモノリシック・トークン基準/ビットコインの様なシステムを上回る、次世代ブロックチェーン構成のテンダーミントは、新規でマイクロソフトのエクスプローディング・スイートと、大手技術企業アジュールのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)プラットフォームへの一部としての関連ツールとアプリケーションへと追加された。

マイクロソフトとの提携を喜んで発表します。」と、テンダーミントのCEOであり創設者のジェイ・コウォン氏が公言した。

「マイクロソフト・アジュール・クラウドを本社のミントネット・ブロックチェーン開発ツールへと統合し、そしてアジュール・クラウドが主催する大型のブロックチェーン・ネットワークの試験を行います。」そして追加して、「試験による測定基準と詳細を報告する事を待ち望んでおります。」

テンダーミントの技術は、どの様なレジャー・アプリケーションも促進させる事が可能なオープンソース・ブロックチェーン・エンジンを中心として、ブロックチェーン開発へとモジュール構成を提供する。

コウォン氏が説明するには、もしビットコインのUTXOやイーサリアムの仮想機械、又は全体的な新規設計を基盤にしても、テンダーミントはネットワークを効率的に促進し、そして規定基準へと支援するとの事。

テンダーミントは、3月3日のR3 CEVによる大型な公表の表舞台の裏方を勤めていた。

技術開発企業のR3は、5つの異なる分散型レジャーを使用して銀行40件と試験を完了させており、テンダーミントの一致プロトコルを操業するエリス・インダストリーズ(Eris Industries)、中でもEris:dbから発足された技術の一つである。

テンダーミントは責任能力と規則対応や、拡張性と速度の設計へとビザンチン・フォールトトレラント総意を使用している。

個々のブロックチェーンと毎秒10,000数を超える取引は、テンダーミントのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)プロトコルと、1000msを下回る新規ブロックにて取得する事が出来る。

テンダーミントの総意エンジンは、TMSP又はテンダーミント・ソケット・プロトコルと呼ばれるソケット・プロトコルを経由してアプリケーションと伝達する。更に、テンダーミントはブロックチェーン設計をアプリケーション過程と総意過程の間で、とても簡単なAPIを提供する事で分解が可能だ

TMSPは非言語依存である為に、開発者はスマート・コントラクトをどの様なプログラミング言語でも書く事が出来る。利用者は更に複雑な製造品質のアプリケーションを組む為へと、現存するコードベースやワークフロー、そして開発エコシステムを優位的に活用する事が出来る。

Tendermint.comで更に情報の観覧が可能。

テンダーミントとは

テンダーミントは分散型アプリケーションの配置を促進する、ブロックチェーンや非言語依存型のソケット・プロトコルであるオープンソースだ。ブロックチェーン開発計画はブロックチェーン開発と関連する従来の複雑性を排除する事で、大手企業や小規模な個人プログラマーが簡単で効率的に独自のブロックチェーン技術の製作を可能とさせる。

記事:トム・クランシー

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Screen-Shot-2016-03-17-at-09.20.21
ビットコイン価格監視 – チャンネルが更なる上昇を示す

昨日のビットコイン価格の複数時刻分析に従って、今朝のヨーロッパ版をここに分析する。 昨日、我々のビットコイン価格2度目の分析中に、更に幅広い時刻へと縮小して大きな全体像を把握した。日中計測なのは同様だが、多少の観点を増やしている。明らかにされた事は、ビットコイン相場は比較的に幅狭い上昇傾斜チャンネルの中で取引されており、そしてこの報道の時点では中間辺りの範囲である。この事は、どちらの方向にも継続する動きへの可能性を開き、我々の突発戦略に従ってエントリーを回転させる。 計画の通りに事柄が運び、一晩で上昇崩れと上昇兆候を得た。この崩れへと長期的に突入し、その動きから即発での良き利益対象を描き出した。先日強調したチャネルの上昇範囲にはまだ届いてはいないが、しかし、しかるべき要因をもし得る事があれば、更なる変動率への容量がある。 もしそうなれば、本日のヨーロッパ午前の動きの中心とその周囲へと、少々厳しい突発戦略の枠組みを設定し、そして一晩の成功を繰り返す事が出来るかを見る。下記に表示しているチャート(約24時間前を表す日中15分間チャート)は、監視する値の詳細を示している。 チャートが表す様に、本日のタームサポートは416値に届き、418値レジスタンスによって範囲が丸められている。これは我々が取引してきた中でも狭い範囲の一つなので、エントリーへの多数の機会があるに違いない。しかし、範囲内は選択の内ではない。 それでは、枠組みへと到達する事を思考しよう。長期エントリーはターム・レジスタンス近くの上部にて兆候を示すだろう。421値を対象として、417値での停止の危険性を明確にする。 一方で、短期エントリーは崩れとタームサポート付近の下部で合図を示すと考えられ、そして下落から守る417.5値での停止と共に、414値(強調された)に向かってのエントリーを目指すはずだ。 記事:サミュエル・ラエ

Close