24-03-2017
08:05 am
=

最新ニュース

ポーランド検察官による調査によりビットコイン交換所ビットキュレックスが閉鎖




number8
ポーランド中央部に位置する街ウッチの地域検察官事務所は、昨年に営業を停止した当国で最初のビットコイン交換所であるビットキュレックスへの調査を開始した。

2016年10月に、この困難に陥ったビットコイン交換所は2300ビットコイン(当時では約1.5百万ドル相当)を損失した後に取引営業を閉鎖し、「自動化データ収集と情報処理での外部妨害」によると引用した。交換プラットフォームの営業者デジタル・フューチャー(Digital Future)は、当企業が受けた損失をウッチ地域検察官事務所と共に提出したと述べた。当通知は2016年11月前でのサービス再開を示していた。営業者はサービス再開と利用者の資金撤回の許容への資本再構成合意を調査官と結ぶ事を要請した。

ビットキュレックスは正式文書を利用者に対し公表しておらず、そしてウェブサイトは現在の状況からオフラインとなっている。

今月の公表の中で、現在検察官の事務所は利用者が受けた損失への検察を監視していると後悔した。

ウッチでの拠点で2012年7月に営業を開始し、ビットキュレックスは2014年3月に最初のハッキング攻撃に面し、これはハッカーが不正アクセスを行ったPLN(ポーランド通過ズウォティ)を経由し19,000ビットコインの購入を引き起こした事であった。ビットキュレックスは全ての交換営業の停止を防ぐ事に成功した。数日後も、ビットキュレックスは完全に営業可能な状態であった。

ビットコインに友好的なポーランド

その間、ポーランド政府は明白にビットコインとブロックチェーンへの支援的な位置を取っている。ポーランド議会の会員によって開かれたテレビ会議が、金融技術の公式性と規定についての議論に注目させた。

ポーランドのビットコインとアルトコイン交換所ビットベイ(BitBay)の傑出したCEOであるシルウェスター・スゼック氏が会議に加わり、CCNへとこう述べた。

(この会議が)表す事は、ビットコイン産業と権威の両側での対話は、事業と国家レベル両方でのビットコインの将来へと提携する事に興味を抱いています。

会議に引き続き、ポーランド・デジタル化管理省は暗号通貨についてポーランド市民へと教育行う団体を設立した。更に最近では、ポーランド中央統計局(GUS)は電子通貨の交換とマイニングを認識した。基本的に、仮想通貨を使用する企業は現在では当局へと登録する事が可能である。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
nuclear
フィンテック導入が予想以上に遅れ

最高経営責任者のホロセントリック(Holocentric)が、フィンテック産業での開発に不足は無い物の、インテグレーションの経過によって導入が大幅に遅れていると述べた。 フィンテック・ビジネスのブルース・ニクソン氏からの報告ではこう述べている。 「新規技術と共に、誇大宣伝、模範や試験、そして多くのスタートアップが携わりましたが、しかし特定市場による互いの認証が出来る頑丈な形へとの融合には時間がかかります。」 ニクソン氏はしかし更にこう追加して、フィンテック・スタートアップ企業数の増加と顧客需要の変更が意味する事は、持続する事が困難なその他団体の市場離れへとスタートアップが改革をもたらしていると述べた。 銀行はフィンテックに対して疲労 世界各国では更に多くの産業がブロックチェーンが提供出来る利益を理解し始めており、フィンテック産業を導入している。 しかし、銀行も利益に対して理解し始めているが、導入は非常に遅いペースで進めている。それだけではなく、当分野での限られた信頼は銀行による当技術の完全導入までの長い道のりを示している。 多くの者はしかし、この取り組みを最善の方法として見るだろう。それでも、分散型システムへハッカーからの安全確保を確かめる為の確固とした測定が必要である事に対して、DAOのハッキング結果に注目するべきだ。 勿論、慎重なペースながらも銀行はサービスへのブロックチェーンの実装に取り組んでいる。 UBSウェルスの主任は先月、現在銀行は競争としてではなく、フィンテック企業との取り組みを重点に置いていると公表した。 このニュースはヨーロッパのフィンテック企業は銀行が、金融技術企業などの第三者へと支払い口座情報のアクセスの開示を銀行へと強制するであろうEU PSD2規定の議案通過運動を行っていると確信している事実から来ている。 記事: エドワード・タリット

Close