23-02-2017
11:00 pm
=

最新ニュース

プリンストン大学がビットコイン教本の草案初版を公開




behind_shoulder

近々出版されるプリンストン大学のビットコイン教本の完成された草案の初版が、現在公開中である。

ビットコインと暗号通貨技術Bitcoin and Cryptocurrency Technologies)はビットコインの技術背景に包括的な視点をあてている。無料ダウンロード版はこの夏に出版を予定されている公式版の草案の初版である。

「会話方式」を引用して、プリンストン大学の計算機科学部助教授である共同著者のアーヴィンド・ナラヤナン氏はブログの投稿にて前置きを掲載した。

「ビットコインの働きを技術的観点から本当に理解したい、そして計算機科学とプログラムについて基本的に精通したいと考えている方に、この本をお勧めします。」
自習項目を含む

この本は計算機科学についての基本的な理解力を付け、そして学生、ソフトウェア開発者、起業家や技術を趣味とする方々へと向けている。

どの様に技術が機能しているのか、そして将来ネットワークへともたらすであろう内容について焦点をあてながら、この本はビットコインに対する数々の質問を提示している。

更に、著者は暗号通貨の様々な観点を追求しており、それらはセキュリティー、利用者の匿名性、規定、そしてビットコインをプラットフォームとして利用する事で設計が可能なアプリケーションの種類を含めている。

もっと深く技術を掘り下げたい方へと、この本の各章にはシリーズで「自習問題」が付属している。追加すると、読者が単純化された例を利用して、ビットコインの様々な構成を実行する事が出来るプログラム実習問題もある。

「この本の読書後は、ビットコインやその他の暗号通貨についての主張を読みながら、事実を仮想から切り離す為に必要な全てを知る事が出来ます。」と著者が述べる。「ビットコイン・ネットワークと交流する信頼性のあるソフトウェアを設計する為に必要な概念の基礎を得られます。そしてビットコインのアイディアを自分自信の企画へと統合する事が出来るでしょう。」

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
trump
ソニーがブロックチェーン技術を創業拡大改革の一貫とする

限り無い大手団体や、政府のビットコインとブロックチェーンへの批判によりビットコイン業界で目まぐるしい数週間となった。中国と日本の両国は独自のブロックチェーンを基盤とした暗号通貨の開発への着手を始めた。アメリカのセキュリティー取引委員会(SEC)は、クラウド・ファンディング・プラットフォームの平均的モデルとしてビットコインへの資金援助の道を整えるであろう法律規則を提出した。ロシアとヨーロッパがビットコインとビットコイン・スタートアップ企業への合法性と規定へと重心を当てる中で、初のビットコイン企業IPOと市中銀行は早ければ数年以内に、ビットコイン技術による金融取引市場での実施の裏付けをする発展中枢を提供する。そして現在、ソニー株式会社(NYSE:SNE)が業界へと足を踏み入れ始めた。 当企業は最近、最新技術の配信とフィンテック業界へと予想される応募へと作られたコンペティションの発足を発表した。このコンペティションはソニー2016によるフィンテック・イノベーション・チャレンジといい、応募受付は1月22日に始まり、2月17日に締め切る。6つの分野へのエントリーを受け付け、個人ネット高価価値ウェブ銀行、旅行者への金融サービス、ブロックチェーン使用での娯楽、若年者への教育・金融管理サービス、非口座所持/非投資受理者へのクライアント契約と、そしてスーパー・スマート証明がその6つの分野である。 勿論、当ブロックチェーン・エントリーがこのコンペティションに注目させた。当企業は様々な娯楽分野の開発者を探しており、詳しく述べると、ブロックチェーンでの音楽と映画を望んでいる。提案によると、ソニーは論理制作やクラウド・ファンディング、そしてチケット分配等の分野を発展させる。 受賞者らはソニーの資金援助を受け、提案とソリューションを概念実証(POC)段階まで実現する事が出来る。 勿論、POC契約の受賞者はブロックチェーンを元にした計画である必要性は無く、その他5つの分野からソニーの審査員が気に入った応募を選出する事が出来る。その為、1つ以上の計画が受賞する事が可能であり、そしてソニーがすでに活動中の分野へのブロックチェーンを基盤としたソリューションは、前向きな審査を受けるしかるべき見込みがある。 最終審査は3月15日から17日を予定しており、受賞者は3月18日に発表される。 このフィンテック・ブロックチェーン関連事業の開発と制作の推進は、包括する創業改革の一貫にすぎないが、しかし関与性を持続させるソニーの取り組みを表している。

Close