24-07-2017
04:43 pm
=

ブロックチェーン連合体R3が中国で初の会員を得る




Ping-An-Insurance-Group-logo
銀行業と金融業の中心でありニューヨーク拠点のスタートアップR3によって主導されるブロックチェーン連合体は、初の中国会員のピン・アン・ファイナンシャル・サービス・グループ(Ping An Financial Services Group)を現在含める。

中国で第二に大きな保険会社のピン・アン・グループは、フィンテック・スタートアップR3によって主導される国際銀行ブロックチェーン連合体で最初の中国会員となった。

R3によって動くブロックチェーンへの試みは、現在まで中国会員が欠如している事で知られていた。ピン・アンは765百万ドル以上の収益で、中国で最大の非国有な金融企業である。本金融グループは保険、銀行、安全保障、信用、収益管理、そしてインターネット金融を含めた異なる分野へ足をかけている。ピン・アンは更に時価総額によって世界で12番目に大きい金融機関である。

書面にてR3のCEOであるデービット・ラター氏はこう述べた。

世界中の市場での金融機関や銀行の興味を代表する為に、我々の会員ネットワークを向上させる間、ピン・アンの参入はR3にとってもう一つの重要な基点です。

中国金融グループは、ブロックチェーン技術との試験と研究の為に、世界で最大の40を超える銀行と金融機関と共同で取り組むその他アジア圏企業に参入する。既にR3の一部のその他のアジア拠点金融機関は、日本のSBIホールディングスと韓国の銀行持株会社のハナ・ファイナンシャル (Hana Financial)だ。

ピン・アン・グループのCOOであるジェシカ・タン氏はこう述べた。

ピン・アン・グループはいつも技術使用と開発にかけて銀行業、保険、投資とインターネット事業で先端であります。当社はR3への参入に期待しており、端から端にかけて電子的な金融収益の更に効率的な道を作り上げる為のブロックチェーン技術の利用と開発を心待ちにしております。

ピン・アンは、R3に率先されるプライベート・ブロックチェーン連合体の最も新しい会員であるイタウ・ウニバンコ(Itaú Unibanco)に加わる。後者は2016年4月にR3会員となった初のラテン・アメリカ系銀行である。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
numbers
報告:米国郵便公社は独自の電子通貨の作成を予期

米国郵便公社(USPS)は、独自の経営へのブロックチェーン技術導入方法を記述した新規の報告を発表した。 総括監察官(OIG)の郵便官署によって発行されたこの報告は、本サービスはこの技術を用いての物流の強化、接続デバイス・ネットワークの作成、又は独自の電子通貨の発行を考慮する事を提案している。 本日公開された事によると、OIGの報告は「予期する導入の研究開始は郵便運営と利用者へ利益を与える事が出来る」と議論しながら、短期間に政府が供給源の導入可能箇所への配置に重点を置くべきだと提案している。 この報告著者はこう述べている。 「郵便公社はブロックチェーン技術の研究と金融サービスへのブロックチェーン基盤ソリューションの試験によって、短期間で本技術から利益を得る事が可能です。ブロックチェーンの活用が出来て、マネーオーダーと国際送金を含めたこれらのサービスを更に効率化させる事を承認する、既に多数の金融サービスを郵便公社は提供しております。」 これは過去での同様なサービスから注意を引いた物である。3月にオーストラリアの輸送サービスであるオーストラリア・ポスト(Australia Post)が、電子身分証明アプリケーションへと本技術を使用して調査していた事を述べた。 記述書によると、郵便公社の最高情報責任者であり電子ソリューションのVPであるランディ・ミスカニック氏は、政府は評価以上の事は行っていないと更に発言した。 「報告にて強調されているように、技術の障害や安全保障での懸念、そして不安定な規定を占める特定の実施では用心する必要があります。」とミスカニック氏は述べた。「ブロックチェーン使用での個々の利用例の評価と、利用機会の更なる批評を、本技術の影響と金融面での規制を考慮しながら行います。」 画像(上):ブロックチェーンの予想される導入についてのまとめ 国際支払い方法への「ポストコイン」 特記すべき事は郵便公社独自への暗号通貨の作成である。 ポストコインと呼ばれるこの暗号通貨は、スイスを拠点とする企業のスイス・エコノミクス(Swiss Economics)によって当初2015年の公文書にて提案された。スイス・エコノミクスはその後OIGによって本社の調査の一部として雇用された。 OIGの報告によると、ポストコインは国際送金の問題を軽減するサービスへの援助が出来る。その上、本報告の著者は内部の暗号通貨は国際的に接触のある郵便局が、それぞれ直接取引きを行う事を用意にさせるだろうと予想する。 報告がまとめた事は、 「最近では郵便局は国際送金を提供しております。しかし、これらのサービスは現在では限られた国々だけで換金が可能です。ポストコインでの対応性と便利さは世界中のどのような人々への電子送金サービスの拡大を承認するでしょう。」 特に、本報告は郵便公局が、ビットコインのように公衆ブロックチェーンの導入へと利用する事が出来るだろうと提案している。 予期する展開の段階では、現存するブロックチェーンへの代用硬化の購入や、ポストコインを示す透かし形態の利用を含める事を模索した。 ブロックチェーンのメールサービス...

Close