22-11-2017
07:22 am
=

ブロックチェーン技術は2025年までにヨーロッパ圏の決済に影響を与えるとの統計




drawing
ヨーロッパ支払い議会(EPC)は90%の回答者がブロックチェーン技術は2025年までに決済へと大きな影響を与えるだろうと信じる事を発見した。

この統計が明らかにした事は、36%がブロックチェーン技術は決済活動での多数の適所へと影響すると信じ、30%はこの影響力が改革的な顧客決済ソリューションの登場へと焦点を置くと考え、そして24%はこれは決済市場の根本である総合的なインフラストラクチャーに影響するだろうと述べた。

唯一10%がブロックチェーンは大きな影響を与えないと信じていると、現金と資金管理ファイル(Cash & Treasury Management File)によって報告された。

ブロックチェーン決済が発達を開始

デジタル通貨ビットコインの背後の基盤であるブロックチェーンは、その可能性に更なる企業が気づき発達を始めた。

デンマーク拠点のブロックチェーン通貨供給企業のコイニフィ(Coinify)は、今年に香港拠点の決済サービスであるアイペイDNA(IPayDNA)と共同でチームを組んだ。コイニフィはブロックチェーン決済をアジア市場へと提供し、取引者がビットコインを含める17つのブロックチェーンを基盤とする通貨の受理を認証させている。

ブロックチェーン・スタートアップのリップル・ラボ(Ripple Labs)は、団体らが注目をし始めるもう一つの企業である。今年の初めには、CCNがサンタンダー(Santander)が国境間の決済へリップル・ラボのブロックチェーン技術を用い、国際決済へとアプリの使用を開始したと報告した。

先月カナダとドイツ間の共同提携は、リップルのブロックチェーン技術の可能性を提示する事で、この2国間での決済には20秒かかる事を発見した。

デジタルはより優れている

2015年のドイツ銀行の報告書「即興の改革か決済?実時間決済への追求」では、ブロックチェーンは技術が向上する中で、決済において重要な役割を演じるだろうと述べている。

ブロックチェーンの急速に増加する発展と共に、未来での決済手段を大きく変える事を目標としている。

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
160811_bitcoin-825x510
2016年8月11日 ビットコイン相場テクニカル分析 – もう一つのサポート・テスト?

ビットコイン相場は、複数の変曲点と並ぶ上昇チャネルの底を試す用意が出来たようだ。 ビットコイン相場の主要点 ビットコイン相場は短期上昇チャネルの底から離れ、最高点に至った。 このチャネル・レジスタンスは上昇を制止し、再度サポートの試験に向けてビットコインを後方に置いた。 テクニカル指標は上昇トレンドの持続の可能性を見せているが、後退が起こり得る。 テクニカル指標の信号 100SMAは未だに200SMAの上に位置するので、最低限のレジスタンスの軌道は上昇型となり、この事は上昇トレンドが再開する可能性を意味する。しかし、動く平均値との間は縮まっており、急激な勢いを起こした影響を表している。下降交差が起こった場合は、ビットコイン相場は$950での下位サポートを崩すだろう。 しかし注記する事は、動く平均値はチャネルの底に並んでおり、基盤として強みを与えている。サポート下位での動きは$585付近の200SMAを離れる可能性が未だにある。 その間も、確率は購入者が相場活動の管理をしている事を見せる上昇傾向にある。この場合は、ビットコイン相場は中間チャネル範囲の$595での利益を試し、そしてまた$605付近のレジスタンスの試験へ移る為の、上昇の再開が可能だろう。 市場イベント 最近ではリスク選好度が選択される中で、ドル安が見られる。市場はアメリカ経済からの上級職務の数値を最小化させ、それらは主に年四期の非農業生産性、部門別労務費、そしてJOLTS就職口の数値である。 更に、取引者は早期のビットフィネックス(Bitfinex)のハッキング事件に従ったビットコイン相場の大幅な下落から、未だ復旧の最中である。暗号通貨は$650での崩れた長期サポートの再試験に向けた増幅する勢いを見せており、今後レジスタンスとして留まるだろう。 今週末への総合的な市場人気での変化を含める予想触媒は、下落する日用品価格と金曜での新しいアメリカ小売販売開始から影響されると思われる。消費者の遅い消費成長は監視されているので、下り気味のデータはビットコインに対しての更なるドル損失へと繋がる可能性がある。 チャートはシンプルFX(Simple FX)からの引用です。 記事:サラ・ジェン

Close