17-10-2017
09:36 am
=

最新ニュース

ブリュッセル攻撃によりビットコインが走査下だが、不換紙幣がテロの重要位置を占める




green
3月22日の朝、ベルギーのブリュッセルにて攻撃が見られ、最低34人が死亡した。この結果によって仮想通貨は厳重な走査にかけられるのか?

2015年11月13日のパリでの攻撃からたった4ヶ月後にマルベーク地下鉄駅とブリュッセル空港にて攻撃を受け、ヨーロッパでの頻繁なテロ攻撃は不幸な現実に映る。現在テロリズムは国際合意で国際的な現象である。この様なタイプのテロ攻撃の意味は、テロ財務が公安調査局や政府、そして一般の深い懸念であるという事だ。

仮想通貨が更に厳重な走査にかけられる中で、テロリストとテロ支援者のビットコインとその他暗号通貨の違法な利用を淘汰する視野はあるのだろうか?政府規定の捜査網はビットコインCTの組織を終結させるのか?ベルギーでの攻撃の深刻な悪意の背景の中で、これら問いへの答えを思考してみよう。

テロ攻撃は仮想通貨を廃止するのか?

ビットコインやその他暗号通貨は政府の十字線である。実際に、ヨーロッパ連合はビットコインの様な仮想通貨とプリペイドカードへの保留の強化を検討している。多国籍議員連合は、厳密にされた規定を2016年6月に開始する事を志している。

暗号通貨の様な新規の金融媒体は、テロリスト財務との戦闘に関して新しい挑戦を作り出す。ヨーロッパ連合によると、高度に万能な犯罪者は、現存手段が危険になると新しい方向へと素早く変更するという。

措置出来る事は?

政府発行による不換紙幣は、現金の形式では完全に追跡不可能であると述べる事から始めなければならない。ビットコインATMの供給者であるコイン・アウトレット(CoinOutlet)のエリック・グリル氏が思考を述べる。

「仮想通貨はテロリズムへの資金供給として酷い手段であり、追跡不可能な不換紙幣を利用する方が良好な方法だと考えております。」

反対にビットコインは、オープン・ドメインで取引に関連する全ての情報を持つブロックチェーン技術を利用している。事実上、現在は知られていないシルクロード(Silk Road)の件では、検察官は取引の検索が比較的容易に出来る様になった為に、ビットコイン・ウォレットは容疑者の捜査にどの様にして結びついていたのかを描き出した。

テロリズム自体は不換紙幣で資金供給を行う

念頭に置かなければならないのは、国際テロリズムは仮想通貨やプリペイドカード、そしてその他の電子資金取引のずっと以前から資金供給を行っているという事だ。南アジアやアフリカ、又は西アジアに居住した事のある者は、9/11以前からアルカイダによって頻繁に利用されていたハワラ(Hawala)取引をご存知なはずだ。同様に、現金や不換紙幣は追跡不可能な事から、多くのテロ活動者の好む選択肢である。ビットコインを促進する非営利団体の分散型ネットワークである国際ビットコイン連合の、ヨーロッパ初の対面式ビットコイン取引所であり総書記である、ビットコイン・エクスチェンジ・ベルリン(Bitcoin Exchange Berlin/BXB)の創立者兼主催者のアロン・コーニグ氏がこの意見を反映している。

「中央銀行によって無から製造されるユーロやアメリカドルの様な仮想通貨は、確かに政府とテロリスト団体の両方によって全ての形式のテロへの資金として利用されています。その事から、これらは禁止される必要があると考慮します。金や銀そしてビットコイン等の実際の貨幣だけが承認されなければなりません。」

通貨とは人々の手による只の道具であり、人々がそれを良きも悪くも使う権威を持っています。ビットコインとは資産取引の開かれた明確で安全な方法であり、政府発行の現金の様な多数の従来からの手段よりも安全な方法に違いない。

「最低限でもアメリカとヨーロッパでのビットコイン取引所は、アンチマネーロンダリング対策とテロリズム資金供与対策(AML/CFT)規定へと応じる事を義務付けられています。これら規定は、取引への全ての参加者の身元の確保と証明の義務(KYC)と、取引活動の調査と監視の義務、そして当局への多様な関連報告の提出の義務などの様な、探知と阻止への措置を含んでいます。」

記事:シヴディープ・ダリワル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue1
オーストラリア政府がビットコインへの二重課税の廃止を求める

オーストラリア政府が金融技術の大幅な政策声明の一貫として、ビットコインに関連する租税の懸念へと立法上の解決案を支援する事を公表した。 本国の現在の租税指針の元では、ビットコインは貨幣の形態としてよりも物々交換の形態として考慮されている。オーストラリアの事業者は電子通貨を販売する場合に消費税(GST)を支払う必要があり、そして決済として受け取った場合は租税への責任がある。 この政策は、不平等な租税環境を議論するオーストラリアのスタートアップ・コミュニティーからの批判を白熱させている。昨年の夏にオーストラリア元老院は、電子通貨の報告にてこの問題を解決する案を募った。 本日政府は解決案を発見する為に、オーストラリアの電子通貨産業と共に取り組むと述べ、こう宣言した。 「政府は現在のGST法下での電子通貨の扱いは、利用者が電子通貨を使用して既にGSTが課せられている物を購入した際に「二重課税」される事を意味すると認識しています。政府は電子通貨への「二重課税」の取り組みへと委任され、そして電子通貨へと適応されているGSTに関連する法律改正の為に、法的選択に取り組む産業との連携へと専念しております。」 オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(Australian Financial Review)によれば、本日にオーストラリア財務官のスコット・モリソン氏は、政府は「電子通貨への課税をしない」と語った。 「電子通貨へのGSTの「二重課税」扱いを取り除き、適切なマネーロンダリング対策とテロリズム対策への金融規定は、更なる発展又は将来での利用を援助すると思われます。」と政府は述べた。 分散型レジャーへの法的計画 本国のアンチマネーロンダリング対策規制であるオーストラリア取引報告と分析センターは、政策公表に含まれた報告にてブロックチェーン技術への援助を表明し、この技術が「会計主体へと課せられるコンプライアンスと規制への経費を大きく削減」する事が出来ると確信していると公言した。 特に規定者は、金融サービスでの分散型レジャーの使用を管理する新規規則を求めると述べた。 オーストラック(AUSTRAC)は、この過程はステークホルダーの参加を携わらせるだろうと述べつつも、これらの新規規則がいつ発展されるかについては指摘しなかった。 ブロックチェーン支援 オーストラリア政府は、ブロックチェーン技術へとオーストラリア事業部門の増加する注目の特別な解説をしながら、フィンテックを利用し開発する事業の援助を思考していると述べた。 最近にブロックチェーン・スタートアップ電子資産保有への投資をし、市場構成へと予期出来る適応を目指しているオーストラリア証券取引所から、政府は撤退した。 政府はこう述べた。 「開発の初期段階でありながらも、投資家や参加者と規定者、そして政府機関への利益と共に、本技術は市場が総業する道を端々に渡って顕著に単純化する可能性を持ちます。」 記事:スタン・ヒギンス

Close