30-04-2017
04:35 pm
=

ブラジルの銀行イタウがR3ブロックチェーン連合体に加入




maxresdefault

サンパウロ拠点のイタウ・ウニバンコ(Itaú Unibanco)が、ブロックチェーンと分散型レジャー連合体のR3CEVへと参加する、初のラテンアメリカ拠点銀行となった。

9社の国際銀行提携社と共に昨年の9月に設立し、韓国のハナ・ファイナンシャル(Hana Financial)と日本の SBIホールディングス(SBI Holdings)の後に続き、イタウはR3連合体に加入する45番目の国際銀行である。最近の本社の年間翻刻によると、イタウは2014年にR $21.9 ビリオン ($6.1bn)を収益として、そしてR$360 ビリオン ($101bn)の利益を経営下であげた。

声明にて、イタウの技術と経営部門の最高責任者であるマルシオ・スチェッティニ氏は、企業財政への分散型レジャーソリューション開発に向けた、通称「国際ドライブ」への貢献の為に参入したと述べた。

スチェッティニ氏がこう発言した。

「これら開発が当社の顧客へと利益をもたらし、そして全体的な部門への実際的な効率性を得る事を確証しております。」

特に、イタウはR3でのラテンアメリカへサービスを提供する唯一の銀行ではありません。例とすると、グループ・サンタンダー(Group Santander)とBBVAはアルゼンチン、ブラジル、メキシコを営業権と補助的尽力を通して奉仕しており、それとは異なりHSBCは60支店以上を2012年の時点でラテンアメリカに所持しています。

しかし、従来の銀行を超えるメンバーシップの拡大と更なる地域銀行が、国際的な活動へと参加する事への、R3からの幅広い圧力からこの追加が登場した。

記事:ペート・リッゾ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Pr1
世界で最大のビットコイン/イサーマイニング企業がOXTCによって公開

ビットコイン・プレスリリース:OXBTC (www.OXBTC.com) – 中国拠点の暗号通貨投資プラットフォームが、世界で最大であり全ての主要マイナーを超える、ビットコイン/ライトコイン/イサー・クラウドマイニングへの改良型で拡張型の企業を最近公開した。 中国(四川省、オルドス氏、そして内モンゴル自治区)での3つの地域に位置するOXBTCのマイニング企業は、総合で200エーカーを超える範囲を総括し、イーサリアムへのトレンドに従う新しく改革的なクラウドサービスである30ギガハッシュ・イサー・クラウド・ハッシュレートと、10ペータハッシュ・ビットコイン・クラウド・ハッシュレートを運行している。 マイニング地帯でのkWHにつき15セントという、非常に安価な電気費用からの利益と迅速な事業拡大によって、80,000数を超えようとしている国際顧客への、省コスト性クラウドマイニング・サービスを提供する事が可能である。 世界で最大のマイニング企業と、世界中で多く共用されるハッシュパワーを公表する時期だ。 イサー・クラウドマイニング コミュニティでのイーサリアムのトレンドを追う為に、OXBTCはとても競争率の高いETH MHS単位につきたった$37.9の価格で、新規イサー・クラウドマイニングを紹介する為の先取りと、世界で最良なクラウドマイニング・サービスの提供へと貢献している。本社のマイニング1年契約は管理費用が無料であり、それはROIを取得し、たった数ヶ月の間に収益のマイニングを開始出来るという意味だ。 OXBTCについて OXBTCは、クラウドマイニング(ビットコイン/ライトコイン/イサー)と貯蓄サービスの両方を提供している。2015年に中国の複数の大手工業投資家によって設立され、暗号通貨界に長年の経験がある、R&Dチームを所持する。   連絡先 Email: [email protected] Facebook: OXBTC (https://www.facebook.com/oxbitcoin/) 記事:トム・クランシー...

Close