20-02-2017
08:06 pm
=

最新ニュース

フランス中央銀行がブロックチェーンによる影響の更なる調査を促す




IMG_3358

フランスの中央銀行は、ブロックチェーン技術と仮想通貨について何度も触れている電子化の時代においての、財政安定への新しい報告を公表した。

本報告はフランス銀行が、国際G-20グループからの中央銀行総裁と政府官僚の大部分である、金融安定理事会(FSB)との提携での題目への独自の調査を実行している、と述べた。2月にFSBは本業界での取り組みを明確にし、そして近日では、本技術を金融改革の視点から注目している。

フランス銀行からの報告のおおまかな翻訳によると、

「本日フランス銀行から考慮が通知され、そして更に拡大して金融安定理事会の内で挙げられた問題を認識しつつ、提供が予想されるアプリケーションへの考慮として、特に、防犯面についてのブロックチェーン技術に関連するイニシエティブの発展に従います。」

それ以外では、この報告は、本技術が市場の機能をどのようにして再形成するかを明確にしている。

「これらの分散型レジャーのモデルは、担保繰り機器や記録資産の規律へと影響しつつ、集中型手形交換の流れと集団を基準とする、従来の操作モードの手形交換所を置換する事が可能でしょう。」と報告は記述している。

同時に、フランス銀行の報告著者は、本技術は「未だ非常に試験段階」だと論ずる。本報告は将来の試験が「安全性、費用、大量の取引を素早く処理する機能、又は第三者からの特殊活動に対する信用なく実行する経済的利益の観点」から、ブロックチェーン・アプリケーションを評価する必要があると述べた。

電子通貨への取組み

ブロックチェーン・アプリケーションへの注目以外で、フランス中央銀行はビットコインとその他電子通貨に関連する問題へと目を向けていると示した。本銀行は、2013年の過去の投資者関連の報告と、そしてこの問題へとFSBとの取組みを示した。

方針の詳細が不十分な中で、本報告は中央銀行がビットコイン取引所による電子と不換通貨間の「両替活動」への着目を提案している。

本報告は更に、毎日のユーロ流通に対して、ヨーロッパ連合での電子通貨取引量に関するデータを強調している。

「しかし電子通貨利用量は未だ非常に低く、ヨーロッパ連合での毎日の250ミリオン数の運営に対する€70ビリオンの決済と比較すると、200,000数以下の取引への1日の取引額は€100ミリオンを下回ります。」と報告は記している。

記事: スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
graph3_04192016
ビットコイン相場観察 – 実時間取引!

これが我々の注目する本日の夕方のビットコイン相場であり、今晩はアジア諸国セッションへと踏み込む。 火曜日は我々のビットコイン戦略経営にて忙しい一日となり、今日の変動の一部として観察された変動制は、運と一緒に今晩のセッションへと継続した。夕方の分析を始める為に、下のチャートに目を通してみよう-これは今晩の発表への最初の2つである。 チャートが示すように、本日の早晩でのターム・レジスタンスは、事前に明確にしていた上昇対象に向けての長期位置へと配置した。物事が明らかになるに従い、この取引に引き留まる。通常では、これは流通市場に入る  事を妨げるが、しかし第1次貿易は断片に過ぎない為、多少長期でのターム位置入りを今晩観察出来る。 これらの事から、我々の明確にした長期ターム範囲と、夕方のUSからアジア圏までを対象とする為の観察レベルの予想を掴む為に、下記の第2チャートに目を通してみよう。これは我々の明記した重なる範囲での、ビットコイン相場での最後の48時間に匹敵する動きを示す、15分間蝋燭チャートである。 このチャートが示すように、本日の動きの導入へと物事を上昇に移らせている。INターム・サポートは現在427値へと来ており、ターム・レジスタンスは本日の上昇揺れである430.63値で留まっている。 位置への危険を示す428値での停止と共に、ターム・サポート付近が435値の初期上昇対象に向けての長期位置へと配置する為に、この夕方では突破のみに焦点を絞る。 短い側へ着目すると、427値でのターム・サポートの付近下は、開始値の対象としての423値に向けての下降エントリーを表している。これについて、429値の範囲内の停止は、上昇の危険を明確にする働きを持つ。 良き取引を! 記事:サミュエル・ラエ

Close