17-10-2017
09:34 am
=

最新ニュース

フランスが初のブロックチェーン試験の詳細を公表




banque-de-france

フランスの中央銀行は先週、ブロックチェーンへの取り組みについての新規詳細を静かに公表した。金曜日にフランス中央銀行は 、単一ユーロ決済圏での債権者の個人情報を確立へと利用されるSEPAクレジット識別、又は識別マーカーの管理にて仮定的な目的への技術試験を執り行ったと伝えた。本試験は初めて公式に公表されたブロックチェーン試験である。中央銀行によると、試験への重要な参加社の一つは預金供託金庫との事であり、これは複数の子会社経由でフランス政府に関連する投資家として機能する公共部門団体だ。パリを拠点とするスタートアップのラボ・ブロックチェーンと複数の無公表なフランスの銀行は更に本試験へと参加した。

この取り組みは7月に始まり、フランス中央銀行は10月にSEPAクレジット識別の管理制作へのプロトタイプ・ツール作成と共に最高潮に達すると述べた。中央銀行は、本計画が進行される中で出資者との毎週の会議がどの様に行われたかを説明し、計画の更に詳細な情報はいずれ来年中に公開されると続けて表示した。

試験の内容は中央銀行が本計画への更なる研究を呼びかけた数ヶ月後に示され、当時はどの様な試験も金融部門へと技術が及ぼす影響の良い点と悪い点両方に重点を置くべきだと指摘した。

中央銀行はこの表明中の言葉を主張し、翻訳された公式文面にてこう述べた。

「この試験は全ての参加銀行が本技術の機会と影響上への分析の共有を許容するでしょう。」

本試験と共に、フランス中央銀行は技術を試験する機関の中で最も新しい機関となった。昨年では、ヨーロッパ中央銀行による12月6日に日本銀行との提携での新規研究活動の公表と共に、日本、スウェーデンとシンガポール、そしてその他中央銀行は類似した取り組みを立ち上げている。今月初期には、連邦準備制度はブロックチェーンへの初の主要研究文書を公表した。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
traffic_light
ブルームバーグ・レポート:2016年にビットコインがその他通貨全てを上回る

中国元の制圧、米国と英国での孤立主義の不平、そして顧客と事業によって増大する導入により、ビットコインが2016年にその他通貨以上の価値を獲得した事をブルームバーグが報告した。 ビットコインの相場は2016年始めから79%上昇した$778まで登り、これは2014年初期の最高値であるとデータを収集したブルームバーグは示した。この4倍の増幅はロシアのルーブルとブラジルのレアル、そして世界上位2カ国の通貨によって位置付けられた。 利用者のビットコインの見い出し 「ビットコイン利用者が増えだしており、例を挙げると、ルピーのような独自の不換紙幣への懸念がある場合、代替通貨としてビットコインへと移ります。」と、過去数年間に渡り数千ものビットコインを購入した投資資本家のティム・ドレーパー氏は述べた。 ブルームバーグはビットコイン成長の5つの理由を引用した。 国際的な外国通貨上の制限が最初の理由として引用された。中国政府は人々が海外での資金利用を更に困難とさせ、その結果流動性が妨げられている。ビットコインは政府によって管理されていない為に、更に興味を引いている。 海外送金上への政府制限が第二の理由として引用されている。これらの政策がその他の国へと送金する人々の機能を制限し、国境間で容易に送金が可能なビットコインへの要望を作っている。米国で当選されたドナルド・トランプ大統領はメキシコが両国間の壁へと支払う事に同意しない場合、送金を停止又は制限すると述べた。 ビットコイン供給の遅い成長が第三の理由だ。マイナー(採掘者)のビットコイン制作への支払いは2015年中期に半分に下落している。 事業と利用者がビットコインを同様に受入 増加する利用者と事業による導入がビットコイン急上昇の第4の理由である。増える利用者はビットコインを利用しており、更なる企業はこれを決済の形態として認証している。 政府による戦争の恐怖と堕落の制圧が第5の理由に挙げられている。政府は堕落とテロ資金調達の削減を目的とした海外収益への条件を引き上げており 、政府による監督から逃れたい者からのビットコインへの要求を増加させている。

Close