24-06-2017
08:44 pm
=

フィデリティがIC3ブロックチェーン・リサーチ・イニシエティブに加入




blue1

フィデリティ(Fidelity)が暗号通貨とブロックチェーンへの研究取り組みの援助へと移行した。

ロイター(Reuters)による報告では、フィデリティは数年前にアメリカ国立科学財団による資金で設立された暗号通貨とコントラクト(IC3)へのイニシエティブへ参加する最初の資産運用担当者である。コーネル大学、カリフォルニア大学バークレー校、IBMコープとインテル・コープを含める当企業の技術中枢部門であるフィデリティ・ラボは当チームへと参加する。

フィデリティ・ラボのSVPであるハドレイ・スターン氏はロイターへとこう述べた。

「IC3が運ぶ物は、この様な技術がどう導入されるかの研究を援助する学術的コンピューターサイエンスの遺産です。」

フィデリティのIC3プロジェクトへの参加は、数年間でのビットコインとブロックチェーン両方での増加する注目の後を追った。

2月には、当企業は「ソコアクト(SOCOACT)」と称する技術を説明する特許出願を提出し、これはその他のアプリケーションの中でもブロックチェーン基盤の選挙を配備する利用法がある。

フィデリティは2015年後期では慈善部門を通してビットコインの承認を開始し、昨年に7百万ドルを上げた。

記事:ギャレット・ケーンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
lcd_display2
ビットコイン・ハードウェア企業のアヴォロンはマイニング産業の変化を呼び掛ける

ビットコイン・ハードウェア生産企業が不公正な慣行に関わっているという申し立ての中で、産業の大手マイニングチップ提供社の一社は分野での新しい明確化を呼び掛けている。 アヴァロン・チップサービスシリーズの作成者であるカナーン・クリエイティブ(Canaan Creative) との新規面談の中で、代弁のスティーブン・モシャー氏は当企業は取り組みを更に開放的にする為への最初の段階へ踏み出したいと述べており、同分野のチップ製作社ビットメインに対する告発への論議は、現在訂正が必要な産業の問題を明らかにした。 コインデスクの説明を更に分析すると、この結果による議論はビットコインの基準論議を再白熱させ、そして採掘者はビットコイン・ブロックチェーンとどう関わっていくかについての新しい常識的質問を掘り出した。 当企業の売り上げと中国本土外でのマーケティング長であるモシャー氏は、当主張の真実性が確証されるかどうかに関わらず、これは採掘者が危険なネットワークへと有害であるという「認識」であると述べた。 モシャー氏はコインデスクへと述べた。 「認識への攻撃であろうとも、否定は悪い評判を負います。ソフトウェア製作者が当社の取り組みについての更なる知識を得る事が出来る場所を求めております。」 更にモシャー氏は、認知した内容は採掘者が問題に面する事業必要性であり、ビットコインの開発者コミュニティはパワーを削減するプロトコル変更、又は合わせて採掘者への需要の除去を思案する増加する自発性を見せている。 すでにその他ブロックチェーンのネットワークはプロトコル変更の最中であり、イーサリアムがビットコインにて見られるハードウェア・マイニング種類を削除へと特別に設計された、新規コンセンサスアルゴリズムやプルーフ・オブ・ステークを変更する計画を立てている。 それと同時に、モシャー氏は当議論のニュアンスを回避しており、これがマイニング・チップの討論と獲得成果についての討論に火をつけるであろうと述べた。カナーン氏はこの様な憶測を避ける事を希望している。 記事:ピート・リッツォ

Close