23-04-2017
05:36 am
=

ビットフィネックスがビットコイン交換へ初期の再経営プランを発表




bitcoinmark3
ビットフィネックス(Bitfinex)は今週初めに約120,000ビットコインの盗難とハッキングに遭ったとの公表に引き続いて、利用者アクセスを徐々に許容させる計画を立てている。

本日の新規メッセージにて、本交換所は利用者の残高確認を容認する事を含めた段階のオンライン交換を運ぶ途中であると、過去の公式文書を反復した。交換、引き出し、そして入金は停止を継続される。

「最初の一歩はウェブサイトをオンラインへと運び、利用者がログインし口座状態を閲覧する事を許容します」と本交換所は述べた。

ビットフィネックスは現在価格で約$69.5ミリオンに等しい額の119,756BTCを失った事を公開した後、火曜に交換プラットフォームを閉鎖した。

注目すべき事は、公式文書はどのように利用者の損失を扱うかについての詳細を記述せず、この件については代表のゼーン・タケット氏がソーシャル・メディアにて、本日後ほどに公式文書にて更に詳しく記述された概要を述べると示した。

ビットフィネックスの公表は、閉鎖時のウェブサイト上にて公開されていた価格を基本値とする事を含めた。これらには、各ビットコイン通常価格の$604.06と各イサーの$10.19が含まれる。

本交換所は更に、引き出し、見計注文、そして資金援助は取り消されると述べた。

銀行と盗難のニュースは、本交換所の国際ビットコイン交換所としての高名と事件での損害額から、ビットコイン産業全体に大きな議論を呼んだ。このハッキングは、2014年初めに崩壊し数百万ドルの顧客損失を出した日本のビットコイン交換所マウント・ゴックス(Mt Gox)の記憶を呼び起こした。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
yellow_room
ビットコイン企業エリプティックとレキシス・ネキシスがマネー・ローンダリング・ソリューションをビットコインヘ運ぶ

レキシス・ネキシス(LexisNexis)がビットコイン・ブロックチェーン監査企業のエリプティック(Elliptic)へと、暗号通貨での不法取引を規制する為に加入したとロイターズ(Reuters)は報告した。 ロンドン拠点のブロックチェーン・スタートアップのエリプティックとレキシス・ネキシスは、サービスと共にデジタル通貨の取引へと銀行等級のアンチマネー・ローンダリング(AML)規定を含める事を期待している。 レキシス・ネキシスとは? レキシス・ネキシスはAML管理を固守する銀行へと重要な情報を提供する率先企業である。本企業は犯罪回避、事業リスク指導、そして規定コンプライアンスの実現化の為、アメリカの上位50銀行の内で50社を援助している。2.7百万の国際統一体のデータベースを活用する事で、本企業は誰が不正取引に関与しているかを特定する。 エリプティックとの取り組み ビットコインを純粋な目的で活用したい個人へビットコインを更に魅力的にする試みで、レキシス・ネキシスはエリプティックと本企業データベースを共用している。 エリプティックは法執行機関、率先ビットコイン企業と取引所、ビットコイン取引の追跡に取り組んでおり、ビットコイン取引所とアメリカとヨーロッパ情報機関への警告を可能にし、盗難、強奪とマネー・ローンダリングの削減への変更をさせる。 昨年、エリプティックはインターネット・ウォッチ・ファウンデーション(IWF)と提携し、ビットコインを用いて幼児性的虐待の画像のオンライン購入者に立ち向かった。 ロイターズとの本提携についての会見の中で、レキシス・ネキシス・リスク・ソリューションのトーマス・ブラウン氏は述べた。 これはビットコインを更に主流、そして容易な使用にする為の一歩です。 ビットコインはその発端から、分散型で政府管理外である通貨を利用したい者へと魅力的な方法である。しかし、その上ビットコインの利用は犯罪者へと魅力的なので、それが否定的な姿を与えている。 ブラウン氏は追加した。 本日、ビットコイン取引を見れば、その利用者は主流から離れたい、又はそれらは不正取引からの利益であるとほぼ予想するでしょう。 レキシス・ネキシスとエリプティックの提携は、デジタル通貨が継続して人気を獲得する中、この観点を変える事を目指す。 記事:レベッカ・キャンベル

Close