17-10-2017
09:29 am
=

最新ニュース

ビットコインVSゴールド:どちらが良好な長期的投資か?




atmicbomb2

$100,000を自由に使用出来ると想像してみよう。全額をビットコイン又はゴールドに使用しなければならず、混合又は折半無し、そして収益は50年間手をつける事なく信託店に預けられます。

どちらの選択を選ぶか?

二つの物資は現在では同様の相場範囲であり、ビットコインの短期間の揮発性と流動性の懸念を置き長期的な価値の保存性と共に比較してみよう。

インフレーションVSデフレーション

ビットコインのゴールドに対してのもう一つの有効な鍵は、供給値が安定して明確であり、収益の価値を無くす事が出来る生産過剰性と関連する典型的なインフレーション抑圧の恐れを取り除く事だ。

「ビットコインの公知の特徴は、ディスインフレーショナル供給スケジュールです。多くの人々はゴールドは同様であると考えていますが、これは実際は隠れたインフレを誘発する利益です。」とARK投資マネージメントのブロックチェーン製品率先のクリス・バーニスケ氏は述べた。

遅いが確実

ゴールドの持つビットコインより明確な有利点は、信頼性で確実性であると記事を調査団が述べた。しかし、新規技術の崩壊又は政府からの弾圧による消費者の選択変化が、ビットコインを容易に後退させる事が出来るだろう。

「ゴールドはビットコインに欠如する非常に重要な点を持ちます。価値を寛大に保存する1,000年以上の歴史。これは信頼と特別な収益を保存する人々の心持ちにとても大切です。」とボガート氏は述べた。

ゴールドは更に、政府による利用法の完全な規制にもかかわらず価値がある事を証明している。

ゴールドのビットコイン上への有利点は、インターネットの運営に依存していない事であり、その為に高圧的な制度から保護を受けている。

補足か代用か?

ビットコインがゴールドを世界的な価値の保存法として取り変わるかについての質問は、この2つがもっとも可能である事柄と補足的な収益としての共存から考慮すると、妥当ではないだろう。

その他の投資領域での基本的業務として、ビットコイン対ゴールドの質問に対する正確な答えは、最終的にそれぞれの特別な投資家のリスクプロファイルによって決定されるだろう。

記事:アーロン・スタンリー

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
cave1
報告とは違いインドのビットコイン政策に変更無し

インドのメディア源は今週に政府がビットコインを不正とみなした事を報告し、大きな反響を巻き起こした。 インド経済タイムズ (The Economic Times of India)のような新聞紙は、金融担当大臣のアルジュン・ラム・メグワル氏の公式文書によると、デジタル通貨の使用は「不正」であり、そして利用者がアンチマネー・ローンダリング規則の予想しうる侵害にさらされるだろうと述べた。 ビットコインとブロックチェーン関連計画の両方へ取り組む多様な企業の場であるインドでの規制推移として本質的に迎えられ、当公式文書は当国での公式機関が早期の位置を取った事の繰り返しと見なされている。 確かに、当公式文書は2013年後期にインド準備銀行によって発行された物と類似しており、これは大きく相場の変動率と盗難の危険性を警告していた。 「ピア・トゥ・ピア匿名/偽名制度での相手方の情報の欠陥は、利用者をアンチマネー・ローンダリングの不故意による違反と金融テロリズム(AML/CFT)法との闘争へと対象とさせます。」と当中央銀行は述べた。 この読みにかかわらず、間違って解釈された公式文面によって白熱した当議論は、インド政府がビットコインの合法性を明確に位置付ける事を呼びかけている。 Change.orgにて作成された申請は7,600超の署名を集めた。類似した概念での第二回目では1,110以上の支持者を得た。 記事:スタン・ヒギンス  

Close