23-04-2017
05:29 am
=

ビットコインvsイーサリアム!この比較は誇張されているのか?




mirror
ーサリアムはビットコインが現在面している物と同様な問題に面するのか?イーサリアムとビットコインはどう異なっているのか?

数週間前にイーサリアムの相場が現象的に上がった事で、イーサリアムはビットコインに打って変わる物になるのではと推測させた。イーサの増加する相場と取引価格の急上昇が、電子通貨間での比較を促している。

では、両方のプラットフォーム間での比較は大袈裟にされているのか?

ビットコインとイーサリアム

ビッ トコインは元々、代替金融システムとして製作された電子通貨である。それとは違ってイーサリアムは、ブロックチェーン全体にてスマートコントラクトの製作 と遂行へ利用出来る、ブロックチェーン2.0プラットフォームとして開発された。ビットコイン・プラットフォームの暗号代用硬化はビットコイン(これがよ く混乱を招く)と呼ばれ、そしてイーサとは、イーサリアム・プラットフォーム上に利用される暗号代用硬化の事だ。

マイニング

SHA 暗号グラフィック・アルゴリズム上に製作されるビットコインは、新規ブロックを発見と解読するマイナーによって利用される、処理能力の量に依存するプルー フ・オブ・ワーク・アルゴリズムを使用している。これはマイナーがPCやGPU、そして特定用途向け集積回路(ASIC)を卒業する事を承認する。高度性 能のマイニング機材を利用する事が、PCや旧式マイニング機材を使用するマイナーから離れさせ、困難なマイニングを増加させる事へと繋がっている。イーサ リアムは増加した容量要求によって、マイナーがASICの利用を拒否する為に設計された。現在の市場で利用可能なマイナーはイーサッシュ(Ethash) へ適応していないが、もうすぐ利用可能となるだろう(コンピューター・ハードウェアの値下がりに感謝しよう)。しかし、本プラットフォームはキャスパー (Casper)という、次に発表されるセレニティ(Serenity)でのプルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムへと切り替える意図があるので、これ らは長く有用に留まらない。

プルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムは、所持する暗号コインの割合に従ってマイナーが特定量のブロックをマイニングする事が出来るので、本質的にASIC抵抗性がある。これは次に、長期に渡り一定のハッシュレートを持続させる間、難易度を阻止する。

比較

こ れらの事は、ビットコインが現在直面している問題と類似する拡張性問題へとイーサリアムが面し始める事を信じる、複暗号通貨産業にて著名な複数の人々に よって予言されている。アンドレアス・アントノポウロス氏はツイッターにて、類似する内容を数日前に投稿した。しかし、これら懸念と推測は最近のコイン ベース(Coinbase)イベントにて、計画の将来開発の段階詳細図を発表したヴィタリック・バテリン氏によって鎮静された。

このよく出来た段階図は、イーサリアムが将来の発表での特定の技術変更と合同する事で、どの様にして拡張性と安全性、そして機能性問題に取り組むかを説明する項からなる。

ビッ トコインとは異なり、イーサリアムにて管理資金を持つ事は非常に難しい。その意味は、どの様なステークホルダーもビットコインでの例と同様にして、全ての ネットワーク・ホステージを容易に所持する事が出来ない。51%を超える集合的ハッシング能力を持つマイナー又はマイナー団体は、プラットフォームに変更 を課す際に、規定を実際に指図出来る。

ビットコインとイーサリアムの比較は多少大袈裟にされており、そしてNewsBTC(国際版ページ)上の過去記事でライトコイン(Litecoin)と比較した物と類似している。

記事:ガウサム

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic2
オランダ銀行がブロックチェーン基盤通貨の試作を作る

最近の報道公表によると、オランダ銀行は「DNBコイン」と命名された内部ブロックチェーンの試作品の開発に取り組んでいる。 この試験についての少しだけの詳細は、3月16日に公開されたオランダ銀行からの最新年次報告書に記述されていた。その他の報告内では、DNB計画の経験から学んだ事をどう対応させるかの可能性のある示しとして、DNBはブロックチェーン技術が事業を向上させる事が可能だと断定した。 「ブロックチェーン技術上の試作コイン」としてだけ説明されており、この計画の目標や公表についての詳細はない。DNBコインは漠然と翻訳すると「2016年の目標」という題名で称されており、この計画は今年の組織内開発者の最優先事項であると提案している。 報告内にての複数の事項で記述される事には、ブロックチェーン技術は金融産業にて予期する費用削減として提供されるが、しかし中央銀行はこの一年での可能性のある適応が整うと断言するには早すぎると認めた。 報告が述べるには、 「ブロックチェーン技術は銀行組織の収益モデルに影響を与える事が可能であり、そして収益を生み出して経費削減する新しい道で利益を与える事が出来ます。」 決済と銀行顧問のサイモン・レリベルド氏が指摘するには、本開発は現金と電子代替を入れ替える方法として、ブロックチェーン技術を試行するオランダ銀行の一端となる願望を示すという。 「この事から、中央銀行が電子貨幣ドメイン(現在便利に表名されるブロックチェーン/フィンテック)へと先へ進む事を見る場合、それは既に市場へのスピンオフではなく、貨幣への永久な電子代替を作るという事です。」とレリベルド氏が記述した。「なので、今回は違うはずです。」 中央銀行とブロックチェーン ここ数カ月の間、世界中の増加する数の中央銀行役席者で、特にイングランド銀行は、ブロックチェーン技術が更に中央集中型電子通貨を製作する事へ適応する事が出来ると提案している。 しかしそれを行う段階は、銀行組織の従来からの形態に大きな影響を与えるだろうと議論されている。 今月初めでの公演にて、ビットコインは主要へと導入される事は無いとの見解を指示したイングランド銀行の金融政策部の副知事であるベン・ブロードベント氏は、中央銀行発行の電子通貨は預金者の行動を変え、特殊な例では電子通貨へと顧客が移動する場合に、銀行の貸出期間の延長機能を抑制すると推測した。 これらの懸念は、中央銀行の独自による暗号通貨の発行方法へと焦点を合てるという提案を停止させていない。 UKの研究家は、BoEによる最近の開発から影響された「RSコイン」と命名される新しい種類の暗号通貨の提案へと大きく動いており、しかし中央銀行と積極的に関与してはいなかった。 記事:スタン・ヒギンス

Close