25-09-2017
03:21 pm
=

ビットコイン開発者がセグリゲーテッド・ウィットネスへの計画準備に力を入れて取り組み中




boots

ニコラス・ドリアー氏はNビットコイン(NBitcoin)という、NETフレームワークへの総合的ビットコイン・ライブラリの背景での主要開発者である。Nビットコインはライケ(Lykke)、ビット・コン(BitKong)、チームブレラ(Teambrella)、BTCトレーダー等、数々のビットコイン・サービスのバックエンドに利用されている。

最近では、ドリアー氏は個人用ウォレットや取引、そしてその他ビットコイン関連サービスでの向上へと、今後公開するセグリゲーテッド・ウィットネス(SegregatedWitness/SegWit)の実施を志す開発者を支援する為の、様々な計画に取り組んでいる。ビットコイン・コア(Bitcoin Core)への貢献者でもあるドリアー氏は、Nビットコインのセグウィットの使用方法を紹介する為にビットコインのプログラミングについての著書を更新し、そしてチェックトクス(checktx)やチェックスクリプト(checkscript)等の数々の開発者ツールを、セグ・ウィット取引がどの様に機能するかを開発者がより良く理解する為の援助へと発表した。

これらの開発者資料へのドリアー氏の開発でおそらく更に重要なのは、NビットコインとビットコインJ(bitcoinj)でセグ・ウィットを実装した事だ。ビットコイン・マガジンとの最近のインタビューで、ドリアー氏はセグリゲーテッド・ウィットネスと、それがビットコイン・エコシステムにどう影響を与えるかについての考えを共有した。

ビットコイン・サービスでのセグ・ウィット導入についての思考

多くはセグリゲーテッド・ウィットネスは、ウォレットやその他ビットコイン・サービスへの実装が難しい複雑なコードの集合体だと言うが、しかしドリアー氏はその様な見方をしていない。このビットコイン進歩の実行は一週間もかかる筈がないと言う、ビットコイン・コアの貢献者であるエリック・ロムブロゾ氏にNビットコインの開発者は賛成している。ドリアー氏が説明した。

「利用者の殆どはコイン(Coin)、スクリプ・コイン(Scrip Coin)、トランザクション・ビルダー(Transaction Builder)の系列と共に、ビットコイン・ロウ・トランザクション・プログラムへと抽象概念を利用しています。これは通常のP2PKH や P2SH支払いと類似しているので、プログラマーはセグ・ウィットがどの様にして機能するのかを知る必要がありません。」

更にドリアー氏は、全てのビットコイン利用者がセグ・ウィット取引の利用開始をする為には、どの程度かかるのかについての下記の思考を共有した。

「全ての技術的向上と共に、導入はS字曲線を描くでしょう。2年以内には90%の導入に達すると予想します。この時期の更なる金融と技術インセンティブの活動を除き、P2SHが大幅に援助される事へとどれだけの時間がかかるかを比較する事が出来るでしょう。」
ビットコインJとNビットコインはセグ・ウィットへ準備が出来ている

ドリアー氏はNビットコインとビットコインJへのセグ・ウィットを実施したが、ビットコインJでの変更は未だに有効化されていない。1月にNビットコインはセグ・ウィットからの援助を受けたが、ビットコインJの管理者であるアンドレアス・スチルドバック氏(現在ブロク(Bloq)から取り組みを後援されている)は、コードが更に深く発展する事を待つと希望している。ドリアー氏はビットコイン・マガジンへと述べた。

「人々が親しみ、重要なビットコイン・コアでの実施へNビットコインだけではなくセグ・ウィットにとっても価値のある意見を述べる事が出来る様になる為に、ライブラリが事前に援助を行う事は重大です。」

ドリアー氏は更に、ビットコイン・エコシステムでのライブラリの重要性について論じた。

「ビットコイン・コアからの開発バブルは、異なった層に依っています。ビットコイン・コアの最上にはライブラリがあり、ライブラリの上には「エンドユーザー可視可能」な全てのビットコイン・サービスがあります。」

ライブラリは適切に管理されなければ開発へのボトルネックであり、何故なら実際的に全てのサービスはこれに依存しているからです。その為、出来るだけ早く利用者の手に詳細を渡す事は重要です。」

ドリアー氏はブレッド・ウォレット(Breadwallet)はライブラリに依るサービスの規定への、少数の特例の中の一つであると追加した。ブレッド・ウォレットはオブジェクティブ-Cでの固有ライブラリを実装した。

ビットコイン界の良い時期

ドリアー氏は、2014年にコミュニティに加入してから、ビットコイン界での非常に刺激的な年であると述べた。

「チェックセクエンバリファイ(CHECKSEQUENCEVERIFY)とセグ・ウィットから登場するであろうこの開発の波は、未だ過小評価されている実装を長期的に持つでしょう」とドリアー氏は述べた。

ロンブロゾは新しいプロトコル変化から権利を与えられたライトニング・ネットワーク(Lightning Network)の様々な利用例を明確にし、そしてドリアー氏は自身の企業であるメタコ(Metaco)が、オフチェーン環境でカラードコインの無料送金を認証する為への、オープン・アセット・プロトコル(Open Asset protocol)と支払いハブを統合すると述べた。ドリアー氏は追加した。「ビットコイン・ブロックチェーンは、利用者が支払いチャンネルでオフチェーンの間に、代用貨幣を没収されない為への保険を提供します。」

記事:カイル・トーペイ

 

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
maxresdefault
ブラジルの銀行イタウがR3ブロックチェーン連合体に加入

サンパウロ拠点のイタウ・ウニバンコ(Itaú Unibanco)が、ブロックチェーンと分散型レジャー連合体のR3CEVへと参加する、初のラテンアメリカ拠点銀行となった。 9社の国際銀行提携社と共に昨年の9月に設立し、韓国のハナ・ファイナンシャル(Hana Financial)と日本の SBIホールディングス(SBI Holdings)の後に続き、イタウはR3連合体に加入する45番目の国際銀行である。最近の本社の年間翻刻によると、イタウは2014年にR $21.9 ビリオン ($6.1bn)を収益として、そしてR$360 ビリオン ($101bn)の利益を経営下であげた。 声明にて、イタウの技術と経営部門の最高責任者であるマルシオ・スチェッティニ氏は、企業財政への分散型レジャーソリューション開発に向けた、通称「国際ドライブ」への貢献の為に参入したと述べた。 スチェッティニ氏がこう発言した。 「これら開発が当社の顧客へと利益をもたらし、そして全体的な部門への実際的な効率性を得る事を確証しております。」 特に、イタウはR3でのラテンアメリカへサービスを提供する唯一の銀行ではありません。例とすると、グループ・サンタンダー(Group Santander)とBBVAはアルゼンチン、ブラジル、メキシコを営業権と補助的尽力を通して奉仕しており、それとは異なりHSBCは60支店以上を2012年の時点でラテンアメリカに所持しています。 しかし、従来の銀行を超えるメンバーシップの拡大と更なる地域銀行が、国際的な活動へと参加する事への、R3からの幅広い圧力からこの追加が登場した。 記事:ペート・リッゾ

Close