23-04-2017
05:36 am
=

ビットコイン相場解析 – 今夜の取引に焦点を合てる




Screen-Shot-2016-05-10-at-17.55.23

今朝のビットコイン相場解析の記事で、市場全体に我々が合てた枠組みは2つの主要素を含む。最初の一つは上昇傾斜型三角形である。価値がこの三角形枠から崩れると、短期へのエントリーの機会を提供する。二つ目は、サポートとレジスタンスの上位又は下位付近と、崩れとして定義されたエントリー点と共にある従来形の範囲である。

ビットコイン相場セッションにかけて、現在動きは熟しており、今夜の分析での議論に十分な変動率がある。という訳で、ここで分析してみよう。本日の動きは非常に下落気味である。最初の分析を公開した直後に、価値は上昇傾斜型三角形の低位チャンネルを突破し、各戦略で予想するように、これがレジスタンスへと不足の位置に置いた。急なこのレベルへの保持下落が起こり、そして価値は利益へと下落対象を取り出した。

最近では、今朝に明確にしたサポート・レベルの少量を交換しているが、しかし今夜の分析の目的に向けて、本日の動きを塾考へと運ぶ為の範囲を再明確にする。

それでは今晩に我々が分析するアイディアを掴む為に、下記のチャートへと目を通してみよう。これは15分間規定枠の日中ローソク足チャートである。

Screen-Shot-2016-05-10-at-17.55.23

このチャートが示す様に、注目する範囲は445値のターム・サポートと452値のターム・レジスタンスによって明確にされている。これらレベルを利用して、少し前に論じた戦略に乗じ、レジスタンス上位付近へと買持ちに、そしてサポート下位付近にて空売りにエントリーする事が予想される。

最初の段階では、458値での皮切りの上昇対象へと買待ちにエントリーするであろう。450値でのこれに対する停止は危険を明確にする。第二段階では、440値への空売りにエントリーし、そして交換の危機管理目的へと動きを抑え続ける為に、448値での逆差し値を利用する。

記事:サミュエル・ラエ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic2
数ヶ月による試験を経て、最終的なビットコイン拡張の実施が近づく

セグリゲーテッド・ウィットネスが昨年の11月に公表されて以来、この事はビットコイン・コミュニティ全体で期待されるソフトウェア公開の一つである。これが成功すれば、本ソフトウェアのパッチがビットコインとブロックサイズの拡張を発展させる最初の一歩となる。 しかし、この計画範囲と長期的な実施により、7兆ドルのネットワークが左右される為、開発チームは慎重に進めている。セグ・ウィットが4月に創立されるという最近の確約とは異なって、本チームはソフトウェアの見直しを5月まで継続させる。 会見にて、シフレックス(Ciphrex)のCEO兼ビットコイン・コア(Bitcoin Core)のスポークスマンであるエリック・ロンブロゾ氏は、未決定の設立へと期間を残しつつ、チームが発見した複数の予期しないバグがある可能性を警告した。通常コア開発者の上で、独立開発者は予備の備えとしてコードを分解する事に取り組みに着手していると、ロンブロゾ氏は述べた。 ビットコイン・コアが不完全で設立する事について用心する中で、本チームは早急なブロックサイズ拡張を提供するこの計画を完了させる事へ、力を入れて取り組んでいる。ロンブロゾ氏は「一般的に利用される取引タイプ」として、ビットコイン・ネットワークの基盤レイヤーであるレイヤー1への1.8倍の容量増加を利用者は予想する事が出来る、と提案した。 しかし、セグ・ウィットは拡張性に対する第一歩の前進だけではない。ロンブロゾ氏は、このアップデートが将来の変更の実施を更に用意にするだろうと説明した。 ロンブロゾ氏がコインデスクへと述べた。 「プロトコルへの円滑な向上の実施が可能である事は、過去では困難な挑戦でした。セグ・ウィットと共に、スクリプト言語の向上や置換などの実行や、そして更に熟練したスマート・コントラクトの開発を可能とさせます。」 この拡張が大きく期待されている事は事実でありながらも、新規の発表が実施されるその容量は、ビットコインにとって完全に大規模な実施になるであろう。 導入への促し ソフト・フォーク方法の取り入れでの有利点がある。特別に、ネットワークに属する利用者は怠慢さ、技術不足や不活動の為、急に開始される事はない。 ロンブロゾ氏はセグ・ウィットにアップグレードする有利点は、取り組み設置をアプリケーション開発者へと促す事に十分であると考えている。 「セグ・ウィットによって可能とされる高度の容量を使用する事と、低価手数料を可能にするだけではなく、更にこれらはマイナー・アップグレードのみと共にセグ・ウィットによって可能とされるその他特徴を、今後援助する事を可能とさせます。」とロンブロゾ氏は述べた。 開発者によるセグ・ウィットの予期する導入のその他の理由は、ライトニング・ネットワークへのチェック・シークエンス・バリファイ(Check Sequence Verify)の最近での発表と合わせた、大きく必需性のある先駆者であるからだ。推定が事実であれば、ネットワークが現在許容できる一秒に7件の率から向上した高速インターネット上のノードは、一秒につき数千の取引処理を予期出来る。 その上、これらはセグ・ウィットにとって最初の段階に過ぎない。 これが実施されれば、本チームは取引を更に容易にする著名の結合を意図している。ロンブロゾ氏はこの計画を紹介していない間、現在はセグ・ウィットと共に可能となると説明した。 ハード・フォークとスモール・フォークの利点について議論を続けながらも、いつか実施されると思われていたブロックサイズの初回の大きな拡張は、設立準備の完了が間近だ。これからの試行と共に、開発者は全ての人々へとネットワーク拡大の目標へと、継続して取り組む。 記事:ジャコブ・ドネリー

Close