24-07-2017
04:47 pm
=

ビットコイン相場が$500以上に急激上昇




chart
ビットコインの相場が急に上昇し、$500値まで届いた。上昇トレンドが2日間で約$50を獲得する動きを見せ始める前は、金曜までに電子通貨は$450値の辺りに留まっていた。

chart

暗号通貨相場と関連するこの変動性は、主に暗号界の取引への収益の需要と供給に左右される事実である。このビットコイン相場の通貨上昇は中国と韓国で増加する取引事業へと貢献しており、これらの国では非常に長期間10%のプレミアムが課せられていた。

この相場上昇は中国交換所で最初に分析された。OKコイン(OKCoin)とフオビ(Huobi)は、相場が直ぐに$500値を急激に超える結果を出した、電子通貨への増加する需要を目にした初のビットコイン・プラットフォームである。しかしこの相場の増加は英米市場に追いつくには多少遅い。最後にビットコイン相場が$500を超えたのは、数日中で$440-$450範囲に戻り留まったが、$500値を一時的に急上昇した2015年11月だった。

ビットコインの最近の取引値はUS市場で約$499-$500の間、同様な物が3500元上昇で取引されており、これはOKコイン上で$533と同価値である。通常通りに、増加する需要はこの国の公式貨幣である元価格の低下の為、発展する中国経済へと貢献している。中国は国外の収益やその他通貨への投資を防ぐ厳しい資本管理を持続させているので、ビットコインを代替投資の選択として考慮し始めた。

中国によって動くビットコイン相場

Bitcoin-Volume-1024x458

この市場量と通貨供給の統計は、ビットコイン市場が中国ビットコイン・コミュニティーによって動かされている事を明確に示している。しかし、ビットコイン相場の現時点での上昇は、需要時期を過ぎると市場が安定する為、短期的だと予想する。

OKコインの幹部役員ジャック・リウ氏は、相場上昇についての意見をこう述べた。

「長い2年間の後、世界で最大の電子収益取引プラットフォームであるOKコインのCNY取引所に主導され、ビットコイン相場は$500USドル値超に戻りました。本相場は5月28日に$500に届き、その後OKコインのUSD取引所とコインベース(Coinbase)などのその他国際プラットフォームがそれに続きました。中国経済は「U型」ではなく「L型」再復興へと突入していると我々は信じており、確実な投資選択の主流の敗退がビットコインを比較的に魅力ある選択にしております。デフレ供給圧迫と増加する電子収益の投資価値を短期と長期的期間に追加しつつ、ビットコイン供給が特にたった一ヶ月の間で半減した事からも正確だとします。」

ビットコイン相場チャート上の包括的トレンドは、昨年とその半年間での時々の揺れを除き、電子通貨は比較的に安定し始めた事を表している。この安定性はビットコインを通貨としての成熟性を示しており、増加する導入に感謝する。

記事:ガウサム

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
lcd_display
サンタンダーUKがリップル供給の支払いアプリを2016年に設立する

スペイン銀行グループのUK支店サンタンダー(Santander)は分散型レジャー・スタートアップのリップルとの共同提携にて新規支払いアプリを開発している。 本日公表された事では、このアプリは最近サンタンダーUK従業員のみ開かれており、しかし本銀行は2016年末前までに公開する計画を立てており、この動きはブロックチェーン経由で顧客へと支払いサービスを提供するイギリスで最初の主要銀行となる。 この計画は銀行とリップルの間で持続する友好関係の産物であり、これはサンタンダーの投資資本部門であるイノ・ベンチャーズ(Inno Ventures)が、リップルの昨年の32百万ドル資金上げシリーズへの一部として4百万ドルを投資した時から始まった組合である。 サンタンダーの顧客と開発部門の代表であるシッガ・シガーダードティア氏は、本社の顧客基盤への更なる電子サービスを提供する脈絡内で、このアプリを確立させた。 シガーダードティア氏は声明文にてこう述べた: 「金融への需要性は、現金や貴重品からの支払いを行う財布のカードや、ポケットに入った実物のポンドを提供する事から、常に新しく、いつも手が届き、生活スタイルに繋がった円滑に統合された物を提供へと発達しております。」 国際送金 顧客は10ポンドから10,000ポンド(約15ドルから15,000ドル)の間を送金する事が出来て、ユーロとドルへの送金を可能とさせる。このアプリはインターフェースとしてのアップル・ペイ・モバイル決済アプリを利用可能にし、リップルの分散型レジャーを支払い基盤へと上げ、翌日に口座へとこれら資金を清算する。 利用者がアプリ経由で送金すると、リップルの分散型レジャー全体へ報告される。サンタンダー口座から支払われた資金は、1日の清算段階を通した後に、清算が実行されるともう一つの口座へと振込まれる。 会見では、リップルの戦略的会計部の国際代表者であるマーカス・トリーチャー氏は、銀行との提携にて多数の同様な製品を開発した初のアプリであり、そして長期的に、この様なシステムは直接的なピアー・トゥ・ピアー支払いアプリへと発達するだろうと述べた。 「本社の提携銀行を端まで行き届き直接対応への位置へと置く事を目指します。まだまだ新規のサービスが開発されます。」 2016年の実施 本銀行は現在から今年末にかけての正確な実施日付を公開しなかったが、サンタンダーの代表者は秋又は冬に設立すると示した。 サンタンダーの代表者であるアンディ・スミス氏によると、本銀行は今年の終わりまでにこのアプリを公表する事を目指しているとの事。 「2017年に行われるのではなく、今年が最も考えられます。」とスミス氏はコインデスクへ述べた。 記事:スタン・ヒギンス

Close