23-04-2017
05:24 am
=

ビットコイン価格が上昇




Selection_20160903_003

ビットコイン相場が四時間ローソク足チャートの200(200MA)期間移動平均値へと近づいた。これを超えた場合は中間期の値上がりを示す。

ビットコイン価格分析

(分析した時間: 土曜 UTC(協定世界時)15h00)

ビッツタンプ 4時間ローソク足チャート

4時間200MAが価格行動範囲へと下降する中で、保合いは必然的な終値へと動いている。

上位に向かって、$680の長期的レジスタンスまで行き届く重要なフィボナッチ・エクステンション対象がある。$600、$610と$630(ビッツタンプ)での押し目待ちへの留まりがあるだろう。

これからの更なる値上がりを予想する為には、価格が4時間200MA(赤)を超える必要がある。全ての時間枠で200MAは非常に重要であり、中間期トレンドは平均と関連する価格の位置によって示される。それは何故なのかは知られていないが、そのように動く仕組みになっている。

この差し迫った崩れは、相場ローソク足が「ハッチング(陰影)」という鉛筆デッサン技術を連想させる動きする、15分と5分時間枠の「スクライビング(走り書き)」期間に突入する多くの取引チャートによって認証された。密集したローソク足のパターンは、明確な波型パターンへ対照的である。

勿論、市場操作は注意を払う取引者の危険制定プランから離れる事はない。考えうる限りでは、大型企業連合はこれら同じ買い位置への不正行為を開始する事を刺激している。結果チャートは$600から$550、そして$500までの価格逆転を見せるだろう。

沢山の可能性のあるシナリオを通して唯一の指針はチャートのテクニカル表示だ。上位置への勢いが強ければ、操作を崩し、現在長期的な発展を(未だ)見せない1日チャートでの発展が見られると予想する。

まとめ

本分析の見解は、価格がこれから4時間200MAを上昇すると見ている。これ以上では、妨げが$600、$630、そして最終的に$680に敷いてある。用心深い取引者は上位へ賭ける前に、$600に到達するまで待つべきだ。

ビッツタンプ深度チャートと売買量

多くの疲労した投資者は目前まで発展を待ち受けている。このような大勢はこちら側の知識を持たず、又はよく長期的な市場低位で売り出す失敗をする。

Selection_20160903_002

記事:ヴェンゼン・カオサン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
ships
次のビットコインの大きな相場イベントは?

ビットコインの相場へ、この夏は何事もなく順調だった。 長期的に待ち望まれていた半減期を通して強く束ねられ、もう一つの交換所がハッキングされつつも、製作者はブレキジット(the Brexit)の報道で景気が上がった。それから相場は$550と$600の間を割り、今年の初めに監査された「比較的」な平常常態へと戻った。 しかしビットコインの記録に残る変動性を考慮し、分析者は既に何がビットコインの次の大きな揺れを引き起こすかの分析を始めている。 秋期と冬期に突入する中で、相場の高騰又は2015年の低値に戻させる可能性のある状態についての多様な論理が出現し始めている。 機関の認証 分析者によって引用された予期する誘引の中で、大量な株や産物を追跡する投資手段のビットコイン取引交換基金(ETF)の登場は、最もよく議論される題であろう。 多くの市場監査者は提案された2つのETFの状態を、非常に大きな興味と共に監視しており、しかし長い間、開発を希望するような理由はなかった。しかし、予想される市場への期待は、ソリッドXビットコイン団体(SolidX Bitcoin Trust)とウィンクリヴォス・ビットコイン団体によっての新規申告内の7月の公表に引き続き、最近の数週間において増加している。 どちらへの認証もビットコイン・コミュニティーへの重要な出来事になるだろうと分析者は述べており、何故ならETFは、認定された参加者が現実でのビットコイン所持へ関連する株式を発行する事を可能とさせる為であり、これは新しい流動性への改革となるだろう。 技術的な向上 もう一つの考えられるビットコイン相場への高騰は、「スケーリング」議論へ長い間待たれている解決策の形として来ると可能性がある。 現在、ビットコイン・ブロックチェーン上の取引のブロックは1MBの容量がある。これがネットワークが処理出来る取引数を規制する中で(更に導入についても議論されている)、コミュニティーの間ではこの改正についてが複雑で議論の誘引となっている。 しかしこのハード・コード規制を改正させる為の困難な特殊事項は規定される必要がありながらも、総意を取るに至っていない。それでも、この事は解決策が発展していないという意味ではなく、最近では予備コード試験のアップグレードとして、最もよく知られているセグリゲーテッド・ウィットネス(SegWit)が見られる。 ハルビング(半減期)後の圧力 最も個性的な主張の中で、投資家であり起業家のヴィニー・リングハム氏は、ビットコイン・ネットワークでのハルビング利益を予想出来る影響として選出した。 この夏初旬に宣伝なしに大きく起こされた、マイニング利益を25BTCから12.5BTCへと削減させる技術改正計画があった事から、この予想には驚かされない。 しかし7月にビットコイン価格が小さい変化を経験しながらも、リングハム氏は本当の影響はまだ現れていないと主張した。次の2〜4週間の間で、この移行からの威力がデジタル通過の急上昇を起こすだろうと述べた。 金融安定性...

Close