26-03-2017
09:10 am
=

最新ニュース

ビットコイン価値 週間分析 – BTC/USD購入が効果的




mirror
ビットコイン価格はUSドルとETHに対して上昇範囲に留まり、そして近日には徐々に高値への動きを持続するだろう。
鍵となるポイント
  • ビットコイン相場は先週USドルに対して高値まで登り、購入アイディアは効果的だった。
  • BTC/USDの4時間チャート(シンプルFXからのデータ提供)で新規の急上昇トレンドラインを形成し、これはサポートゾーンとして働いている。
  • この価格は更に100時間の平均な動きの上であり、肯定的な兆しだ。
ビットコイン価格購入

BTC相場は先週、USドルに対して急上昇ゾーンで取引が行われた。収益はそこまで高くはないが、しかし良好な事は相場は上昇トレンドに留まったという事だろう。過去の週間分析で、相場は短期間の間に良好を持続すると述べた。相場は確かに上昇し、重要な$600サポートゾーンの上に留まった。

複数の機会では$610レベルを超える動きがあったが、しかしBTC上昇は変動を獲得する事に失敗した。その為に、$625レベルに向けた主要な動きはない。しかし、現在は新規の急上昇トレンドラインがBTC/USDの4時間チャート(シンプルFXによるデータ提供)にて形成された。これは数回サポートゾーンとして働いた。そして、相場はこのトレンドライン付近でサポートを得る事を持続するように見える。

高値側では、$613高値から$581低値までの最後の波を1.236増加する試験を待ち受けている。低値側では、トレンドライン・サポート下の崩れが相場を100平均的動きの試験への経路上へと置くだろう。

技術表示を見る:

4時間MACD – MACDは急上昇ゾーンでの落ち着きを置き、これは良好な印しである。

4時間RSI(相対力指数) – RSIは丁度50レベルの周囲にあり、持続するだろう。

主要サポートレベル – $600

主要レジスタンス・レベル – $618

記事:アユシュ・ジンダル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
mask
ロシア中央銀行が初回の分散型レジャー取引を行う

ロシア中央銀行は分散型レジャー試験の完了を成功させた。 「マスターチェイン」と称して、ロシア銀行はこのシステムを非公開の市場参加者へと加入する事で開発された分散型レジャーを利用する、「金融通信への技術試作」として説明した。更に、この試作は「データ実態の素早い認証」を確かめ、団体の間での金融情報を受け渡す方法を提供すると述べた。 銀行代表者によると、本試作は未来のシステムへの基準として機能し、分散型レジャーを利用する新規製品とサービスの開発を可能とさせる。 分散型レジャー試験のニュースは、現在のロシア中央銀行からの強力な技術提供を象徴する。 機関の高官は、過去にロシアの金融システムでの本技術への可能性のある役割として見ていると示しており、マスターチェイン計画で見られるように、両方とも情報交換とデジタル通貨分野での将来のアプリケーションの手段としている。 ロシア銀行の副総裁オルガ・スコロボガトバ氏は公式文面にてこう述べた。 「試作の作成と適応性の合同調査は、規定者と市場参加者の両方へと結果の把握、許容性の予測、異なる技術利用での危険性の暖和、そしてフォローアップ行為の決定を援助しています。これは現在進行中の発達への良い基盤です。」 最も重要な事は、スコロボガトバ氏はロシア銀行がマスターチェインを、ロシアでの技術を取り巻く不確かな環境の中での開発である「金融インフラストラクチャーの新しい世代」の一部としての利用を重視していると述べた事だろう。 スコロボガトバ氏は更に、本試作はロシア中央銀行が設立中と述べるフィンテック開発グループとの合同で使用されると示した。 記事:スタン・ヒギンス

Close