24-07-2017
04:36 pm
=

ビットコイン交換所のコインベースがイーサリアム取引を追加し、企業サービス変更を設定する




red
ビットコイン交換所のコインベース(Coinbase)は、イーサリアム固有通貨のイサーへのサポートを追加する事を明らかにした。

傑出したビットコイン交換所のコインベースは、5月24日火曜日の交換開始と共に取引プラットフォーム上に早急に電子通貨を追加する。

取引プラットフォーム上へのイサー追加は、増加するイサーの種類の中で、イサーの取引プラットフォーム上の追加はビットコインの市場での資本化の後に、次の主要暗号通貨への注目が増加される際に行われる。

ロイターによると、コインベースは更に本社の取引プラットフォーム名をGDAX又はグローバル・デジタル・アセット・エクスチェンジ(Global Digital Asset Exchange)に改名する。このプラットフォーム名の変更は、交換上の取引へ上げられた増加する電子利益を反映している。

コインベースの事業開発部の副社長であるアダム・ホワイト氏は、この知らせに対してこう述べている。

「本社はイーサリアムへと非常に期待しています。過去6〜9ヶ月で大きく発展が進んでいます。イーサリアム上で数百もの注目され始めている分散型アプリが実施されているのを目にしています。」

ホワイト氏はビットコインでは見る事のないイーサリアムの「スクリプト言語」を強調し、これによってこれら2種類の主流な暗号通貨をどのような不和もなく共存させる。

本社の取引プラットフォーム改名とは別に、コインベースはビットコインとイサー交換サービスへと本社名を維持する。

イーサリアムは利益を作る

イサーを含むコインベースは、主要交換所がイーサリアム固有の通貨を包括する最も新しい事例である。

クラーケン(Kraken)は、リンクルヴォス双子がジェミニ交換を率先してイサー取引提供への新しい免許を所持する交換所となる中で、イサー・ダーク・プール取引を本社プラットフォームで紹介する最も新しい電子通貨交換所となった。ジェミニはイサー取引を含む為にニューヨーク州からの承認を獲得し、今月始めに創立した。

GDAXはイサー取引を、免許申請の過程なニューヨークを除きほぼ全ての州で開始する。

コインベースはイサー取引の設立と改名についての公式発表を行っていないが、近日に明らかにすると見られる。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
香港のビットコイン交換所ANXが「メールのように簡単」なブロックチェーンのサービスを提供

ブルームバーグ(Bloomberg)によると、香港を拠点とする仮想通貨交換のスタートアップとフィンテック企業であるANXインターナショナルは、利用者をブロックチェーン技術を使用して自らの電子利益を発行する事へと招いている。本サービスはブロックチェーン基盤の利益を設定し、メールアカウントの登録と同様に簡単な交換ネットワークの作成を意図している。 ブロックチェーン技術は有価証券へのロイヤルティ・ポイントから利益の売買を可能にさせる。ブロックチェーン・システムは銀行や政府のような仲介業者の必要性を取り除く事が出来て、交換を魅力的にさせる。 数分での口座登録 ANXは数分でのブロックチェーン口座作成と、どれ程の数の電子利益を作成するかを誰でも可能とさせるサービスを主張している。 本企業のCEOであるケン・ロー氏によると、このブロックチェーン基盤の利益発行への技術は、過去3年前から開発が進んでいる。ANXはロイヤルティ・プログラム経営を希望するeコマース企業を含めた大手顧客へと、内部で利用されている。企業は複雑なバックオフィス・プロセスなしで報酬プログラムを設置する事が可能である。これらは更に不正の危険性を削減出来る。 ロー氏は宣言した。 「ブロックチェーン・サービスを求める声が非常に高まっていると言えます。これが我々が体系化を決定した理由です。この技術の利用する事への隔たりを低める事で、一般のブロックチェーン利用を援助します。」 どのように機能するか 例をあげると、カフェ経営者はANXのブロックチェーン・サービスに登録し、顧客報酬ポイントを発行する事が出来る。毎回顧客がコーヒーを購入する度に、携帯からQRコードをスキャンして将来のコーヒー購入で交換するポイントを得る事が出来る。事業者はポイント追跡と交換がいつでも可能。 ナスダック(Nasdaq)OMXグループ株式会社は分散型レジャー技術を株式発行へと利用している。大学は履修証明の発行へと利用している。ブロックチェーン技術は数日ではなく数分で様々な送金や交換を処理する方法を提供するので、銀行はこの技術へと投資している。 殆どの研究は、大幅な資源にて世界の金融と企業で行われている。 「価格を0まで引き下げると、次にそれに対しての更なる利用法が得られます。現在のブロックチェーンでの最大問題は、教育と追求です。」とロー氏は述べた。 記事:エリオット・マラス

Close