17-10-2017
09:30 am
=

最新ニュース

ビットコイン・ハードウェア企業のアヴォロンはマイニング産業の変化を呼び掛ける




lcd_display2

ビットコイン・ハードウェア生産企業が不公正な慣行に関わっているという申し立ての中で、産業の大手マイニングチップ提供社の一社は分野での新しい明確化を呼び掛けている。

アヴァロン・チップサービスシリーズの作成者であるカナーン・クリエイティブ(Canaan Creative) との新規面談の中で、代弁のスティーブン・モシャー氏は当企業は取り組みを更に開放的にする為への最初の段階へ踏み出したいと述べており、同分野のチップ製作社ビットメインに対する告発への論議は、現在訂正が必要な産業の問題を明らかにした。

コインデスクの説明を更に分析すると、この結果による議論はビットコインの基準論議を再白熱させ、そして採掘者はビットコイン・ブロックチェーンとどう関わっていくかについての新しい常識的質問を掘り出した。

当企業の売り上げと中国本土外でのマーケティング長であるモシャー氏は、当主張の真実性が確証されるかどうかに関わらず、これは採掘者が危険なネットワークへと有害であるという「認識」であると述べた。

モシャー氏はコインデスクへと述べた。

「認識への攻撃であろうとも、否定は悪い評判を負います。ソフトウェア製作者が当社の取り組みについての更なる知識を得る事が出来る場所を求めております。」

更にモシャー氏は、認知した内容は採掘者が問題に面する事業必要性であり、ビットコインの開発者コミュニティはパワーを削減するプロトコル変更、又は合わせて採掘者への需要の除去を思案する増加する自発性を見せている。

すでにその他ブロックチェーンのネットワークはプロトコル変更の最中であり、イーサリアムがビットコインにて見られるハードウェア・マイニング種類を削除へと特別に設計された、新規コンセンサスアルゴリズムやプルーフ・オブ・ステークを変更する計画を立てている。

それと同時に、モシャー氏は当議論のニュアンスを回避しており、これがマイニング・チップの討論と獲得成果についての討論に火をつけるであろうと述べた。カナーン氏はこの様な憶測を避ける事を希望している。

記事:ピート・リッツォ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
boots
ブラジルでブロックチェーン土地登記技術の試験実施

ブロックチェーン・スタートアップのユビットクィティ(Ubitquity)は2つのブラジル自治体の土地登記官事務所をビットコイン・ブロックチェーンへと土地所持権情報の埋込によって精密検査する事を公表した。 この主要プログラムはデラウェア拠点のスタートアップとブラジルの不動産登記(Cartorio de Registro de Imoveis)とペロタスとモロレドンド自治体にて提携する。ユビットクィティの記録管理システムは財産住所、所有者、地番と地域分布分類のような詳細情報のハッシュをカラード・コインズ・プロトコルを利用してビットコイン・ブロックチェーンへと埋め込む。 設立者によると、この主要プログラムは書面上の記録から100%コンピューター基盤のソリューションへと移行する取り組みである。ビットコイン・ブロックチェーン上に保存される記録は不変的な意味で盗難、崩壊、被害又は詐欺による影響を受けない。 ユビットクィティは登記サービスの提供へと不動産登記との専属契約を得ている。当計画が成功すれば、ユビットクィティはブロックチェーン上へと記録を移行する事に興味を持つその他自治体へ当ソフトウェアの営業販売権を与える計画を立てている。 コインデスクとのやりとりにて、ユビットクィティ設立者のネーサン・ウィスナック氏は不動産登記プラットフォームを利用してビットコイン・ブロックチェーンへと埋込まれた最初のブラジル不動産(しかし当社は公衆への詳細公表を断っている)を共有した。3月30日に公表されたエントリーはペロタス市に居住する医師の不動産情報を含んでいる。 類似する土地登記率先はスウェーデンで取り組まれており、土地統計調査の土地登記機関は分散型レジャー上での不動産情報を記録する為にブロックチェーン・スタートアップのクロマ・ウェイ(ChromaWay)と提携している。 この接点によって銀行は、不動産の買収と売却の経過をスリム化させる事へと、個人との接続が可能となる。 記事:ギャレット・ケーンズ

Close