24-06-2017
08:45 pm
=

ビットコイン・コア・ロードマップが署名有効プランを公表




blue1
ビットコイン・コア開発者は本日に、現在のデジタル署名十進法を更に向上した代用へのプロジェクト移行計画を表す新規技術ロードマップを公表した。

これが実行されれば、本計画案はビットコインが現在署名処理へと使用するECDSAから「シュノール署名」へと変更される。当変更をする事によって、開発者はビットコインのブロックチェーンでの合計データを25%まで減少させる事が可能だと論じている。

利用者にとっては、これはネットワークの取引歴を保存するノードが、全てのブロックチェーンの安全確認の為への保存先(ストーレッジ)の利用を減少させる間、より良いバンド幅を得る事を意味する。

公表文はこう説明している。

「一件ごとの取引を除き、全ての署名履歴は1バイトまで削減されると想定すると、解析ではこの方法がストーレッジとバンド幅を考慮する中で最低限で25%の減少結果を得るであろうと述べております。」

当計画のオープン・ソース開発チームへと、ロードマップへの署名変更は昨年10月でのスケーリング・ビットコイン・ミランを取り上げた顕著案に従っている。

シュノール署名の実行へと、ビットコインはOP_CHECKSIGとOP_CHECKMULTISIG機能の変更をパブリック・キーの利用を可能とする為に必要とする。

現在、ビットコインのブロックチェーン・サイズは約110GBである。

先送りにしている事項

しかし、この案は予想的な困難が付属している。

ウィリー(Wuille)によると、シュノール署名は「取り消し」問題に面しており、これは反対者が複数鍵取引からキー(鍵)を取り去る事を可能とさせる問題である。

そして、ビットコイン開発者のグレッグ・マックスウェル氏によると、シュノールの導入はセグ・ウィット有効化を必要としないが、しかし物議コードは過程を容易にさせると述べた。

この理由から、セグ・ウィット有効化が正式決定されるまでは、シュノールの詳細が実装される事は難しいだろう。

「セグ・ウィットを除いての実行は可能でしょうが、困難だと思われます。」とマックスウェル氏は述べた。

記事:ギャレット・カーンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red_light
米当局が薬物販売者によるデジタル通貨利用の流行を懸念

米国移民税関捜査局(ICE)は薬物取引でのデジタル通貨が関連する件が実質的に増加している事を、先日に会議で取り上げた。 この事は衆議院がオピオイド乱用についての公聴時に、国土安全保障省(DHS)調査部の補佐官であるマシュー・アレン氏によって述べられた。 アレン氏によると、国土安全保障省調査(HSI)はブロックチェーン解析を使用し、ヘロインとフェンタニル取引に関与するデジタル通貨決済の追跡を行っている。2013年後期に米当局は米国議会上院に対しての公式文面で当技術の犯罪利用への調査に取り組んでいると述べており、本文書はこれらの利用がどの様に行われているかについて初めて開示した物を代表する。 アレン氏が委員に述べた内容は以下である。 「ICEは、麻薬の密輸実施へとデジタル通貨を不換紙幣に交換する貨幣サービス事業として機能する個人団体が実質的に増加している事を関知しています。IFPCUは更に、資産没収執行局の第三部マネー・ローンダリング・イニシエティブから提供された情報を、複雑な金融監査の支援へと活用しています。」 DHSのデジタル通貨への主な関心は、現在は存在しない闇市場のシルクロード全盛期へと遡る。2014年2月と記録されているプレゼンテーションによると、当部門は「仮想通貨の交換を明確にする為への調査員の許容量の増加」に取り組んでいると述べたが、しかし当時はブロックチェーン分析への言及をしなかった。 それから、DHSはブロックチェーンに関連する計画への資金提供へと移ったが、その後セキュリティーとIoTに関連する導入へと特別な関心があるとコインデスクへと述べている。 記事:スタン・ヒギンス

Close