23-09-2017
04:20 pm
=

ビットコインはイスラム法律でハラル(許されている)か?




wood mosaic
ビットコインは世界中をより良くする事が出来て、そしてネットワークを動かす技術は数々の可能性を提供する。しかし、ビットコインは宗教上の理念と衝突するのかという疑問がある。ビットコインへの関与はイスラム法律の下でハラル(Halal:許可されている)なのか、そして一般的な電子通貨は本質的な価値があるのか?
イスラムと通貨

通貨とは変わった概念である。何故なら、転送する特別媒体の価値が合法的か否かを何で定義するのか難しい為だ。紙幣が現在の形で作られる前は、決まった間隔で価値が変わる物品と共に、物々交換で取引を行っていた。しかし、全ての宗教には通貨と紙幣の上でそれぞれ固有の「基準」があるので、更に宗教的な概念も考慮される。

特に一種類の通貨をその他の通貨に交換する場合、イスラム法律の下では物事が明確ではない。しかし西洋諸国では、その様な形式の事業は当たり前なので、考慮し直す必要がない。それでも決まった宗教では通貨交換に対して厳しい為に、イスラムの姿勢への疑問が出てくる。

本日のイスラム(Islam Today)からの答えによると、通貨の交換とは許容される形式の事業と見なされるらしい。しかし、両方の団体はその取引からの資金を手渡しで受け取らなければならず、遅れは許されない。これらは貴金属への規定だが、同様の信念はその他の形式の通貨にも適応される。

ビットコインはハラルか否か?

この疑問を初めてに口にすると、多数は大笑いして首を横に振るだろう。しかしこの話題は冗談でもユーモアでもなく、スタック・エクスチェンジ(Stackexchange)につい最近記載された真面目な質問だ。電子通貨の概念は特定の宗教や考えと相反するのだろう。

スタック・エクスチェンジへ最も優れた回答として載せられた物は、ビットコインが貴金属と同様の媒体として検討される事が可能かについてふれた。電子通貨の概念で一番懸念される事は、ビットコインは必要な場面で存在するが、物理的に存在を示す物がない。触知出来る形ではないが、しかしビットコインで取引をして、その価値を人々へ証明する事は可能だ。

追加すると、元々ハラルの通貨はデフレに陥りやすく、相場のフラクチュエーションを起こす。過去7年間の内ビットコイン相場は上昇しているが、それでもそれと共に複数の揺れ動きがある。純金もハラルであり、資源に限りがあるが価格の安定に代わる物がない。イスラム法律でビットコインは、紙幣通貨以上にハラルであると押し進めて言及出来るかもしれない。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
behind_shoulder
プリンストン大学がビットコイン教本の草案初版を公開

近々出版されるプリンストン大学のビットコイン教本の完成された草案の初版が、現在公開中である。 ビットコインと暗号通貨技術(Bitcoin and Cryptocurrency Technologies)はビットコインの技術背景に包括的な視点をあてている。無料ダウンロード版はこの夏に出版を予定されている公式版の草案の初版である。 「会話方式」を引用して、プリンストン大学の計算機科学部助教授である共同著者のアーヴィンド・ナラヤナン氏はブログの投稿にて前置きを掲載した。 「ビットコインの働きを技術的観点から本当に理解したい、そして計算機科学とプログラムについて基本的に精通したいと考えている方に、この本をお勧めします。」 自習項目を含む この本は計算機科学についての基本的な理解力を付け、そして学生、ソフトウェア開発者、起業家や技術を趣味とする方々へと向けている。 どの様に技術が機能しているのか、そして将来ネットワークへともたらすであろう内容について焦点をあてながら、この本はビットコインに対する数々の質問を提示している。 更に、著者は暗号通貨の様々な観点を追求しており、それらはセキュリティー、利用者の匿名性、規定、そしてビットコインをプラットフォームとして利用する事で設計が可能なアプリケーションの種類を含めている。 もっと深く技術を掘り下げたい方へと、この本の各章にはシリーズで「自習問題」が付属している。追加すると、読者が単純化された例を利用して、ビットコインの様々な構成を実行する事が出来るプログラム実習問題もある。 「この本の読書後は、ビットコインやその他の暗号通貨についての主張を読みながら、事実を仮想から切り離す為に必要な全てを知る事が出来ます。」と著者が述べる。「ビットコイン・ネットワークと交流する信頼性のあるソフトウェアを設計する為に必要な概念の基礎を得られます。そしてビットコインのアイディアを自分自信の企画へと統合する事が出来るでしょう。」

Close