27-07-2017
10:32 pm
=

ビットコインとブロックチェーン技術は第四次産業革命に油を注ぐ




meats

第四次産業革命は進行中なのか?情報解析、クラウド・コンピューティング、ワイヤレス・センサー、スマート・コントラクト、分散型匿名団体、そしてブロックチェーン技術を含めた情報共有技術の発達は、ビットコインとブロックチェーン技術の開発によって活気づく、混乱だけではない改革へと油を注いでいる様に見える。

最近の報告によると、世界経済フォーラム(WEF)によって調査された800人の専門家の大凡90%は、モノのインターネット(IoT)は10年中に1兆の接続されたデバイスの転換点に達すると信ずる。それに加え、専門家の58%は国際国内総生産の10%が2025年までにブロックチェーン上に保存されると信じている。

地下車庫の聡明な男女の若者達からインテルの様な主導大手企業まで、自己管理交通、自己起動する光源、伝達交流する車、製造社から製品購入する充電スタンド、夕飯を注文する冷蔵庫などの、未来的な技術を実現する為の競争が進行中であり、それはまだ簡単に実現出来る範囲に過ぎない。

第一次産業革命は1784年での蒸気力の開発から始まり、大量生産は1870年の第二次革命を引き起こし、そして1970年の電子とITシステム開発は第三次革命へと導いた。第四次革命は「サイバーフィジカル・システム」に属する物としての認証が進行している兆しを見せている。

知能機械の振興

この20年間で徐々に開発されている事は、ビットコインやイーサリアムの様な電子通貨の開発によって進行が加速され始めた。プログラム可能貨幣として時々言及され、これら通貨とシステムは、ビットコインの非認証性によって銀行口座の様に機能する個人専用のビットコイン・アドレスを、機械が所有する事を承認する。その他技術との併用によって「銀行口座の権威」は、効果的に設定された規定に従って、資金の管理と振り分けを承認する知能レベルを機械へと与える。

数十億人が参入へ押し寄せる

CNNマネーによる2015年5月の報道によると、十分な資本を持つ少数のシリコン・バレー企業は、最近の不景気の不確実性によって数千億ドルを眠らせている。しかし、新しい機会が現れる中で、次の数十年間で約15兆ドルのloT市場にする為の見積りを出した2013年のシスコ(Cisco)の報告へ、これら企業はそれぞれを配置しつつ、明確に更なる投資を始めている。

この新しい未来を築く為へと沢山の要素が必要な中で、認証を必要とせずプログラム可能な貨幣は、活発化の源である。電子通貨は最も最初に、売買、交渉、交換、相場の取引を機械へと認証する。過去に大手中央機関は、インフラストラクチャーへのアクセスの許可を要求する門番的役割を果たしていたが、それが機械の貨幣所持を不可能で困難にしていた。ビットコインはこの事を変更する助けになっている。

ビットコインの画期的な特徴の一つは、貨幣を純粋で自由な情報に変換する事であり、それが現金と純金を、伝達、操作、保管、管理に長けた機械の自然な発展地へと転換させる。

しかし、インターネット・ケーブルや鉄道線路を敷く様に、我々は未だインフラストラクチャー発展途上段階に居る。技術上の発達は、現在急激に進行中であると複数が述べており、WEFの調査によると、これは十分に発達した知能機械の革命を引き起こし、世界を本段階へと転換させ、次の10年間で転換点に達するだろうと述べている。

記事:アンドリュー・クエンストン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
strips
クレイグ・ライト氏によるサトシの名乗り出がメディアに旋風を巻き起こすが、ビットコイン・コミュニティーは引き続き懐疑的

オーストラリアの計算機科学者であるクレイグ・スティーブン・ライト氏が企画メディアイベントを通し、本日(2日)ビットコインの開発者である中本哲史氏だと宣言した。ライト氏は、ビットコイン・コミュニティーの複数の主要メンバーからの支援と、BBC、エコノミスト、GQにて報じられた、哲史氏のプライベート・キーの所有権を暗号上で証明すると述べる自身のブログ記事を公開した。 大多数のビットコイン・コミュニティーはしかし、ライト氏が提示した殆どの暗号上の証拠は論破されている、又は証明不可能である。 面白い事に、ビットコインと電子通貨界の主要メンバー3名は、ライト氏の宣言を各社のブログ記事で取り上げている。その中の2名である、旧ビットコイン主要開発者のギャビン・アンダーソン氏と旧ビットコイン・ファウンデーション取締役のジョン・マトニス氏はライト氏と直接会う為にロンドンに赴いている。両人共、ライト氏はビットコインの開発者であると確証させる、暗号的な証拠を含んだ十分な証拠を提供したと主張した。3人目の電子通貨の経験者のR3設計者イアン・グリッグ氏は、ブログ記事で本宣言を認証し、ライト氏は2013年に亡くなったデイヴ・キレイマン氏を含めた少数のチームを主導していたと述べた しかし、おおよそのビットコイン・コミュニティーはライト氏の主張に懐疑的である。最も重要なのは、ビットニック(Bitonic)のCEOであるジョウケ・ホフマン氏による最初の発見によると、ライト氏の証拠として上げられた暗号署名は、哲史氏だけが知っているはずの物とは違い、公的に入手可能であると判明した。この無効な証拠は、その後ビットコイン・コア(Bitcoin Core)とリビットコイン(Libbitcoin)開発者の両方から確認され、ビットコイン・コア開発者のジョナス・スチネリ氏はライト氏を詐欺師だと呼んだ。 この報道を受け、ビットコイン・コア開発チームは、旧主導開発者のアカウントがハッキングされていたのではという懸念から、アンドレセン氏のコミット・アクセスを取り消しを決定した。しかし、ニューヨークでのコンセンサス2016では、アンドレセン氏はこれら主張を論破し、ライト氏が哲史氏だと信じると承認した。アンドレセン氏のレディット(Reddit)への更なる説明によると、ライト氏とロンドンで会った際に追加の暗号的証拠を見たが、それを保時する事は許されなかった。 ライト氏がビットコインの認定開発者であるという主張は、本日が初めてではない。去年の12月には、ウィアド(wired)とギズモド(Gizmodo)の両社がこのオーストラリア人を中本哲史氏だと報じている。これら主張が論議されるのも、これが初ではない。12月の公表に続き、この話の大部分はビットコイン開発者と幅広いビットコイン・コミュニティーによって早急に確かめられている。 記事:アーロン・ヴァン・ワーダム

Close