23-02-2017
10:57 pm
=

最新ニュース

ビザ・ヨーロッパがビットコイン・マイクロペイメント試験へ提携




hunger_child

ビットコイン・マイクロペイメント・スタートアップのサトシペイ(SatoshiPay)がビザ・ヨーロッパ革新ユニットと新しい概念実証(PoC)を開発している。
本計画への取り組みは、ビザ・ヨーロッパ・コラボが関連デバイスへとビットコイン・マイクロペイメントを研究中だと述べた今年の始めに公開された。当時、本企業は自らの電気料金の支払いが可能なスマート電球の様な使用例に着目していると示していた。
サトシ・ペイの創設者メインハード・ベン氏によれば、この概念はビザカード決済構造とのスタートアップ企業の技術統合を含み、個人のビザ口座からサトシ・ペイ・ウォレットへの自動的なマイクロペイメントを可能とさせる。

ベン氏は概念実証は「クレジットとデビットカードの使用で少額のビットコイン購入をするより安全な方法の確立」を目指すと述べた。

ベン氏はコインデスクへと述べた。

「PoCの中で、クレジットとデビットカードの使用で少額のビットコイン購入をするより安全な方法を確立させます。貨幣通貨への実行過程と共に、ダイレクト・デビット又はインスタント銀行振替の様なその他決済の個別手段を更に統合します。」

ベン氏は、ビザが本技術をどうマシンツーマシン決済とIoTデバイスへ利用出来るかの研究に本企業と取り組む計画をしていると述べた。その他の計画は、ウェブ・コンテントへのマイクロペイメントに対するビザ・ヨーロッパ・コラブとの統合で行われる将来利用者の研究を含む。

本計画はビザ・ヨーロッパ・コラブのビットコインへの進出ではない。昨年、本企業はエピファイト(Epiphyte)と共同開発された送金アプリ概念を公表している。

記事:スタン・ヒギンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue2
中央銀行デジタル通貨は国内総生産(GDP)を向上させるとイングランド銀行が述べる

イングランド銀行は、中央銀行発行のデジタル通貨が国内総生産の増加へ導くと提案する新規調査を公表した。 この結論は、金融システムの明確な姿を銀行規定者へ提供する中で、中央銀行に裏付くデジタル通貨(報告にてCBDCとして称される)がどの様にしてマクロ経済収益を産み出すかについての調査を、本日発行された研究報告書から引き出された。 執筆者はこう記述している。 「最初に、この事は実際の金利削減、政策がもたらす税、そしてこの相場へ類似する金融取引費用によって、GDPの安定状態レベルの約3%上昇させます。第二に、CBDC制度は半循環的な傾向でCBDC価格又は量を操作する第二政策手段を政策立案者へと提供させ、景気循環の安定化へと貢献する事が可能です。」 上記の事から、著者は本概念に固有の予期する問題を記述し、そして「異なる貨幣と金融システム」への移り変わりでの危険性について「明確な懸念が残されております」と述べた。 これら概念は数ヶ月前に、イングランド銀行の貨幣政策の副総裁であるベン・ブロードベント氏による演説で追求され、3月にはこの様なシステムは規定者へ更なる視野を提供出来る中で、UK銀行は貯蓄の流出が起きるかもしれないと述べている。 ブロードベント氏は、英国議会の上院の貴族院委員の前に明日出場する複数の参考人の一人である。 イングランド銀行の研究報告書は下記で閲覧が出来る。 研究報告書ページ 研究報告書ページ BoE Paper by CoinDesk on Scribd 記事:スタン・ヒギンス

Close