24-05-2017
07:49 pm
=

ハッカーが電話番号を利用しビットコイン数百万を窃盗




peep hole

ハッカーはゲーム計画を変更している。現在は個人の電話番号を利用する事で銀行口座へとアクセスし資金を盗み、ビットコインへと替える事が出来る。

フォーブスからの報告によると、ハッカーは個人情報を改ざんし、Tモバイルからハッカーのグーグル音声口座に接続されたバンドウィズという電話会社に転送し、携帯電話番号を移す事が可能だった。

ハッカーはケンナ氏の30数のアカウントから締め出す前に、メール・パスワードのリセットを行い、それには銀行2社、ペイパル、ビットコイン・サービス2数、そしてウィンドウズのアカウントが含まれていた。しかし、ハッキングされたケンナ氏の銀行口座は元に戻す事が可能だったが、盗難されたビットコインは還元されなかった。

ハッキングに使用された電話

我々の日常的に利用する電話、これは現在ハッカーの武器となっている。

連邦取引委員会(FTC)によると、窃盗犯は疑わない人々を対象にして携帯電話を利用している。

2013年1月には、 1,038 件に及ぶFTCへの数々の被害が届けられ、その内の3.2 %の全てが盗難事件として認識された。2016年1月には急速に進行し2,658件の被害まで数が登り、その内の6.3%の個人情報盗難の報告が FTCへと届けられた。

勿論デジタル通貨を対象としたハッキングの実際の件数を置く事は困難だが、サンフランシスコ拠点のコインベースはこの件数は顧客内で11月から12月にかけて2倍になると信じているとの事をフォーブスは報告した。

誰が対象にされるのか?

高額のビットコインを所持する個人はハッカーによってよく対象にされる。ビットコインの追跡と返還は不可能な事を、ハッカーは非常に良く知っている。

それでは誰が過去に対象とされたか?

ブーストVCと称するアクセラレーター・ビットコイン・スタートアップを経営するアダム・ドレーパー氏は、2年前に5百万ドルの盗難に遭っている。誰が盗んだのか知らなかった為に、何もする事が出来なかった。著名なブロックチェーン産業投資家のボ・シェン氏は ハッカーによる盗難に遭い、Augur(オーガー) REP代用貨幣に匹敵する3千万ドルを失った。

特別な知識を必要としない

驚く事に、これら盗難でのハッカーは特別な知識を必要としていなかった。個人の電話番号と、セキュリティーの薄い電話会社の顧客サービス対応者だけが重要だった。

一般的に個人パスワードに対して追加のセキュリティー層を与える二段階認証(2FA)コードを占有すると、ハッカーは容易に個人の銀行口座、メール、ソーシャルメディア・アカウント、そしてデジタル通貨口座へのアクセスを得る事が出来る。

(ニュース元:コロンビア共和国)

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red
トランプ大統領の顧問委員会に任命されたエロン・ムスク氏はビットコインは「望ましい 」と思考

テスラとスペースXの代表であるエロン・ムスク氏は、ウーバー最高責任者のトラビス・カラニック氏と同様に、大統領に当選したドナルド・トランプ氏の顧問委員会に参入した。 ムスク氏は過去にビットコインについて驚くべき発言をしている。 YouTubeで公開されているインタビューの中で、トランプ氏の顧問委員会に任命されたムスク氏はビットコインへの考えを説明している。 「ビットコインは良い物だと考えています。主に不正取引を行う意味合いがあるでしょう…しかし、これは全て悪くはありません。不正であってはならない物も多数あります。」 当時ビットコインを所持していないと述べたムスク氏は詳細を述べた。 「正式と不正取引の両方に有効的でしょう。そうでなければ不正取引への使用に価値がある訳がありません。何故なら正式と不正を繋ぐ橋を持つ必要があるからです。」 ムスク氏だけがビットコインに賛成的で、トランプ氏の耳に近い顧問ではない。ビット・ペイの様なビットコイン・スタートアップへと数百万ドルの投資を行ったファウンダーズ・ファンを経営する億万長者な技術者のピーター・シエル氏も、トランプ氏の取引団に関連しており、先週にアメリカ技術業の最高責任者らとの会議を開催した。 ムスク氏も同席し、水曜にニューヨークにてグーグル、 IBM、インテル、マイクロソフト、アマゾンとその他企業の最高責任者を交えてトランプ氏に加わった。 報告によると、幹部らは海外で実権を握られている米国収益の送還と、そして米国サイバーセキュリティとインフラストラクチャーについて議論した。 「米国は世界で一番の革新的で活気づく企業を所持しており、そして本日の会議に参加している専門分野の最高責任者はそれぞれの分野で頂点に位置しています。」とトランプ氏は公式文書にて述べた。「事業環境の向上と、シリコン・バレーからハートランドまで米国全土に渡り企業が新規雇用の作成へと魅力的にする為に、本行政は民間部門と共同で取り組みます。」 ムスク氏はトランプ氏の総裁について疑問を示したが、しかしこの事は2名の共同活動の妨げにはならなかった。   記事:ジャスティン・オコーネル

Close