23-09-2017
04:23 pm
=

ハイパーレジャー計画が新規7社のメンバーを追加




lcd_display
オープンソース・産業界共通の開発のハイパーレジャー計画はブロックチェーン技術に焦点を置き、7社の新規メンバーを得たリナックス・ファウンデーションによって率先されている。

本日の公表にて、ハイパーレジャー計画は本開発を可能とさせ、企業品質とオープンソース・ブロックチェーン・ソリューションの実施を援助する為、階級に加わる新規7社のメンバーを公表した。

公式文書にて、計画を指揮する新しく任命された執行役員のブライアン・ベレンドーフ氏は、企業でのブロックチェーン・ソリューションの可能性を示した。ベレンドーフ氏はこう述べた。

ブロックチェーン技術の企業導入は、我々の事業経営方針を変更へと設定され、事業全ての分野において非常に大きな影響を与えるでしょう。

本日公表された新規メンバー:

  • ベリンク・テクノロジーズ(Belink Technologies)– 中国の技術企業
  • ビット・セ(BitSE) – 中国の上海でのブロックチェーン・スタートアップ企業
  • インヴェシェア(INVeSHARE)– コンサルタント企業
  • モネタ・ゴー(MonetaGo)– 過去はビットコイン取引所であり、現在はブロックチェーン企業
  • モスクワ・エクスチェンジ(Moscow Exchange) – ロシアの最大交換グループ
  • ノーブロック(Norbloc) – スウェーデンのブロックチェーン企業
  • オンチェイン(Onchain) – ブロックチェーン・ウォレット API プロバイダー

この新規メンバーは、ビットコイン交換所イット・ビット(itBit)、ビットコイン・コア開発者のジェフ・ガージック氏によって率先されるブロックチェーン・ソリューション企業のブロク(Bloq)などの、増加する数のビットコインとブロックチェーン関連企業に参入する。著名な国際報道サービスのトムソン・ロイターズ(Thomson Reuters)も、毎月多くの数を追加する本計画への多数メンバーの内である。

「毎月多くの新規メンバーを迎える為には、世界への分散型レジャー技術の開発を成功させる事は誓約点なだけではなく、最重要点です。」とベレンドーフ氏は述べた。

ハイバーレジャー計画は、ブロックチェーン計画の中では論議的に最前線であり、率先産業者らはオープンソース・ブロックチェーン・ソリューション開発へとリナックス・ファウンデーションによる取り組みにて共同経営している。以前の報告は、大手技術社のIBMはJPモーガンやウェルス・ファーゴのような、複数の大手銀行を含む研究企業の一社であると公開した。

今年始まっての2月に、ハイパーレジャー計画はコード提案と新規メンバーがこの取り組みに参入すると公開した。産業界共通の取り組みに関連し、IBMは実際の導入へのブロックチェーン技術の最大開発と援助に力を入れた。

2016年5月には、アパッチ・ウェブサーバーの主要開発者でありモジラ・ファウンデーション(Mozilla Foundation)のメンバーのブライアン・ベレンドーフ氏は、本計画の執行役員へと任命された。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
yellow_room
コマースが起点から危険性までのグレーゾーンの中、ビットコインは立場を確立

国際規定者の懸念を和らげ、ITと銀行分野で儲ける提携の安全確保への努力で、「ビットコイン産業」は昨年間で「ブロックチェーン」又は「デジタル収益」産業へと改名する揺るぎないキャンペーンに取り組んできており、これは隠された事ではない。 しかし、多くのビットコイン産業は薬物や犯罪との関連性から距離を置きたいが、この技術は未だにこれら活動へよく関連、又はよく使用され続けている。 コロラド州でビットコインは、マリファナ購入への支払い方法としてよく用いられていると見られる。コロラドスプリングズの医療所での組合員によると、一つの街では医療用マリファナ販売のみ許可されており、ビットコインを使用して毎週マリファナの購入を行う一人の顧客が居るとの事だ。 もう一人の販売員は、医療所がビットコイン決済を承認へどのような商売処理を利用しているかは明確ではないが、しかし毎月ビットコイン取引へ10,000ドルの制限があると述べた。 システムの向上 ビットコインATMは、デバイスが市場に初めて登場した当時は、ビットコインの顧客獲得へ変革的と見られていたが、しかし複雑な利用者経験と混合化する規定圧力の為に、過去数年間で流行が薄れてきた。 ビットコイン経済のインフラストラクチャーの大部分のように、ビットコインATMは進展しており、産業の経営者はビットコインへの便利なアクセスを販売者へ未だ容認する間も、これら問題の特定と修正を目指している。 コインネクションズ(Coinnections)の創立者アーロン・ウィリアムズ氏は、ビットコインATMオーナーが実施を必要とするであろうKYC必要条件を暖和させる解決策を求める起業家である。最近は暗号通貨事業へのアンチマネー・ローンダリング・ソフトウェア製品へのベータを開発しており、コイネクションの製作者は将来US顧客がビットコイン交換へビットコインATMを好むと信じている。 「ビットコインATM経営者は、実際のリスクに基づくAMLプログラム実施を可能になる小型サイズから収益を得ます。」とウィリアム氏は述べた。「実際のリスクに基づくAMLプログラムは、利用者へと便利な量のビットコイン購入を可能とさせる間、低位同一しきい値を容認させます。ATM経営者は更に多様の規定地区に応じない事で利益を得る事が出来ます。」 これら機械の利用は減速されたように見えるが、匿名の持続を希望する多数のビットコインATM経営者は少数の非銀行利用者層からの多額現金を引き入れていると述べた。 犯罪との関連性から現れたのは「ビットコイン」のない「ブロックチェーン」運動であり、これはビットコイン通貨が上位に上がる事なく、規定化されたリスク回避の型金融機関と起業家による独自のブロックチェーン・プロトコル開発の選択を確立させた。 しかし、ビットコインがコマースのグレーゾーンへと利用されるかどうかに関わらず、従来の古臭い決済プロセスへと開発中で現在手付かずである、唯一のブロックチェーン計画として確立している。 記事:バイレイ・レウツェル

Close