25-09-2017
03:22 pm
=

ハイパーレジャー・ブロックチェーン計画が17社の新規メンバーを追加




duck_toy

国際大手電子企業サムスンの提携企業はハイパーレジャー・ブロックチェーン計画へ加入した新規17企業の中の一社である。

リナックスによって率先されるこのブロックチェーン・イニシエティブは本日に、サムスンのITサービス子会社のサムスンSDS、クイックブックス(Quickbooks)開発者のインテュイット(Intuit)と重機械製造業社のサニー(Sany)を含める新規企業と団体が会員へと加入したと公開した。

この公表は、サムスンが本新興技術への注目を増進させており、そして主要機関が徐々にハイパーレジャーを更なる取り組みへの立脚点として見ている近日の兆しを提供している。

本日までに、12月の設立以来から約100企業とスタートアップが本計画への貢献の為に参入している。

ハイパーレジャーの執行役員であるブライアン・ベレンドーフ氏が公式文書にてこう述べた。

「毎週でほぼ2社の新規メンバーが加入する成長度で、今年末までに我々が何処に位置するかを述べる手段はありませんが、この成長するコミュニティーと共に更なるオープン・ブロックチェーン開発へと取り組む事に期待をかけております。」

このニュースは、今月の初めでのフランス航空機製造業社のエアーバス(Airbus)の本計画への入会と、貢献社により率先される初期オープンソース計画の披露を含める、本計画への急増する公開に引き続いた。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Rakuten-Logo-LG-WD-CNT2-825x510
楽天がビットネットの所得を認め、ベルファストでのブロックチェーン研究所を発表

大手eコマース企業の楽天がビットネット(Bitnet)を所得した。本企業は更に北アイルランドのベルファストでの新規ブロックチェーン研究所のこれからの設置を発表した。 eコマースと金融大手の楽天はビットネットの所得を認めた。この所得は楽天のビットトコインとビットネットが所持するブロックチェーンに関連する知的財産への増大する関心によっての物だ。 サンフランシスコを本拠地とするビットネットは、商業者と事業者へのビットコイン基盤の決済ソリューションの供給企業だ。本企業は過去に楽天を含めた多様な機関からの投資を上げている。本企業は2年前の14.5百万ドル投資ラウンドの一端だった。 所得を認めた後に、楽天は北アイルランドでの楽天ブロックチェーン研究所の設立を公表した。2016年8月22日にドアを開く事になっているこのブロックチェーン研究所は、ビットネットの新しく設立した資産を使用し運営される予定だ(サンフランシスコ・オフィスと共に、ビットネットはベルファストとダブリンで2つのオフィスを運営している。) この所得は、先月から事業とメディア界でラウンドを作成する計画についての報告があった為に、驚く事ではなかった。しかし、この計画がまだ交渉段階だった時点では、明瞭な認証はなかった。 楽天ブロックチェーン研究所は、フィンテックとeコマース部門へのブロックチェーンを基盤とするアプリケーションの開発と研究に主に関連する予定だ。このブロックチェーン研究所によって作成されたソリューションは、本企業の運営へと統合されると見られる。 共同設立者でビットネットのCTOのスティーブン・マクナムラ氏は、この新規ブロックチェーン研究所の日々の運営の責任を担う。マクナムラ氏は報道への公式文書にてこう述べた。 「楽天が銀行、決済と保険、そしてデジタル・サービスの主催へと達した事で、フィンテック界の主導としての楽天の位置を疑う者は居ないでしょう…我々は楽天と顧客へとブロックチェーン技術の沢山の面白いアプリケーションの開発と作成する事を楽しみにしております。」 楽天の技術部門代表である平井康文氏は、ビットネットの所得における利益についてこう述べた。 「重要なIP利益とビットネット・チームの深い工学専門知識を引き出し、そして楽天のフィンテックでの主導力と改革的ソリューションの支援と共に、新規楽天ブロックチェーン研究所は、金融とeコマース取引を行う方法を発達させるブロックチェーンの可能性を開く事への最初の一歩です。」 ブロックチェーン研究所からの分散型レジャーを基盤とするソリューションは、在庫管理、委託貨物追跡、eコマース部門を含める様々な分野での楽天の運営にて利用法が見られる事になる。同様に、これらの導入は更に本企業の銀行業、個人と事業両方へ提供するクレジットと決済サービスで活用される。 記事:ガウサム

Close