22-11-2017
07:16 am
=

ドバイがブロックチェーン入国管理ソリューションへのスタートアップ・エコシステムを主張




boots

ドバイの入国管理機関は、本国での不正居住を削減するシステム開発へのブロックチェーン・スタートアップを目指している。

ドバイ・フューチャー・アクセラレーターの第2期の一環として、この政府に支援される最大アクセレーターである住民総局と外務は、本取り組みを前進させる導入へとブロックチェーン企業を募っている。

12月22日のプレスリリースによると、本機関は「国際ブロックチェーン」を使用して不正居住者の入国を50%削減する事を望んでいる。

ドバイのその他政府機関は更にアクセラレーター・プログラムの一部としての技術スタートアップを探している。募集の多数はブロックチェーンの公表使用例へと熟している様に見える。

例を上げると、経済開発部は官僚形式主義を20%削減する自動システムの使用を希望しており、これは貿易免許の受理、更新と変更への処理時間を更に具体的に削減する。

ドバイ保健局は健康データの患者自己管理の向上を目指しており、これは最近での分散型健康議会の中でブロックチェーンの使用例として取り上げられた。

「より良い未来」

ドバイ・フューチャー・アクセラレーターは、スタートアップが大手ドバイ企業と政府機関とのプロトタイプ試験を行う9週間プログラムへの事務所スペース・宿泊・航空代を提供し、参加する企業からは株式を取らない。第2期は2月12日から始まる。

「政府機関と共に革新的な国際的スタートアップをドバイへと運ぶ事で、本プログラムはこの前進的な街でアイディアと計画を実現する可能性を提供し、そしてより良い未来を築き上げる役目の一部を果たします。」とドバイ・フューチャー・ファウンデーションの最高責任者であるサイフ・アルアレーリ氏はプレスリリースで述べた。

ブロックチェーンだけが機関が有効活用を目指す最新技術アプリケーションではない。人工知能(AI)、3Dプリントと無人機に分野を置く企業は更に参加を勧められてる。

 

記事:バイレイ・レウツェル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
コンセン・シスがブロックチェーンのトークナイゼーション基準の確立を目指す

主にイーサリアムと基準組合のXBRLへ焦点を置くブロックチェーン・エコシステムへの分散型アプリケーションを作成する制作スタジオのコンセン・シスは、ブロックチェーン上でのトークナイゼーション(トークン化)の収益の為への基準開発へと提携を組んだ。本基準は経費の取引と処理での不和を削減する。 XBRLは、企業と政府がデータ報告と収集の経費削減と金融情報の質を向上させる事へと使用した、無料で公開される金融データ基準を提供している。 収益の表示的単位としてのトークンは、収益への口座割り当てを可能にし、所用者の記録を管理する。トークンはスマート・コントラクト経由で取引を行うブロックチェーンでの収益を明確とする権利と所有権を与える。 共同利用性を援助する規格 この取り組み団体の目標は、取引での不和の取り除きと処理経費の削減の為への、全てのブロックチェーン・ネットワークに渡るトークンを表す基準法の作成である。本基準は自動化と起源追跡を援助し、そして国際規格な取引の共同利用性を可能とさせる。 「全ての収益類がトークン化され、そしてブロックチェーン上で促進と記録される無記名証券として働く未来を描いております。」とコンセン・シスでのブロックチェーン経理代表であり経理ブロックチェーン連合の設立会員であるグリフィン・アンダーソン氏は述べた。 団体は参加者を募る 本取り組み団体は2017年初期までに目標と活動を段階的に開発する。本団体は全ての収益類へのトークナイゼーション基準作成を専門的に提供する為に、金融・技術・会計を代表する個人からの参加を募っている。 「ブロックチェーンは金融製品と金融取引への未来です。」と米国XBRLの社長兼最高経営責任者であるキャンベル・プリデ氏は述べる。「取引された収益のトークン化への基準手段の作成は、所有権と価値へと伝達する事に必要です。基準化無しではブロックチェーンでのスマート・コントラクトによって約束された速度と正確性、そして自動化は単純に実現されません。」 記事:レスター・コールマン

Close