22-08-2017
10:35 pm
=

トランプ氏就任により2017年にビットコイン価格が$2000を超える可能性




trump

デンマーク拠点のサクソバンクによる報告は、トランプ大統領新任から誘発される経済への刺激によって、ビットコイン価格が165%増加の$2000以上へと上がるだろうと主張した。このビットコイン急増の展望は、サクソバンクの10つの「2017年の誇張された予想」の中の一つである。

中央銀行は質的暖和とマイナス利子率を断念しようとしている様に見えるが、しかしCIOのスティーン・ヤコブセン氏によると、資本と貨幣相場の割り当てへの介入と歪曲との終結からは遠いとの事だ。

これはサクソバンクの2017年への公式な展望ではなく、 本企業が報告にて 記述した事だが、しかしこの催しと市場移動は「通常からすると極端」だと判断している。

財政支出景気が予測される

トランプの約束する財政支出景気は約20兆ドルの米国国債を追加すると予測され、現在の米国予算の赤字を約6,000億ドルから1.2兆ドル、そして1.8兆ドルまでの3倍にした。この出費は米国の成長とインフレーションを大幅に増加させ、連邦準備制度の引き上げ加速を促進させて米国ドルを新たな高みへと上昇させるだろう。

これは中国などの登場する市場でドミノ効果を作り上げ、国債的に人々を中央銀行に結びついていない代替通貨と決済システムの模索へと導くだろう。中央銀行は完全に金融抑圧傾向のある疲弊した財政政策に従事している。

 

暗号通貨を「留める」

法定不換紙幣と過剰債務の中での歴史的な流行りと広がりから見ると、暗号通貨は留まると報告は述べた。特にビットコインはこの混乱から利益を得る。

銀行制度やロシアと中国等のその他国家が、ビットコインを米国通貨と従来銀行業と決済制度の部分的な代用としての認証へと動くと、ビットコインへの限りある供給の希薄化が不能であり、どの様な処理経費よりも低くないブロックチェーン分散型システムが、国際的に更なるけん引と受容を獲得する為に、来年ビットコインの価格は容易に現在の700ドルのレベルから2,100ドルとそれ以上まで3倍に上がるだろう。

銀行制度への従事から離れるという登場する市場権力の要望は、更にブロックチェーン技術への乗り込みに非常に合致していると報告は記述した。銀行はブロックチェーン基盤決済システムの導入を継続するとしており、ゼロ金利と市場関連的リスクの減少に順応する中で支持者を獲得する事を予測している。

 

記事:スティーン・ヤコブセン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
atmicbomb2
ビットコインがインドで大幅な支援を得る可能性

光のヒンドゥー祭であるディワリ(Diwali)がもうすぐやってくるが、この祝祭はインドでのビットコイン導入への花火・飾り・光による支援なのだろうか? 10月20日に行われるディワリは5日の間に空を光を飾り、世界各国のインド人が裕福の神であるラクシュミからの神恩を受ける為に花火や蝋燭に火を灯し祝う祭りである。 ブルームバーグによると、アマゾンは5百万ドルをディワリ開催へのインドのeコマースへの寄付へ費やす事を決定している。レッドシアー・コンサルティング(RedSeer Consulting)は、インド人はディワリ最中に1.7百万ドル以上を消費すると予想されると述べている。PYMNTSからの報告では、インドの新出eコマース市場はビットコイン発達へと非常に強力であると証明しており、21%の非銀行利用者人口を特別に対象にするこの5日間の祝祭で導入が増大するだろうと信じている。 勿論、インドのビットコイン・コミュニティーはビットコインをオンラインで消費すると予想されているが、ビットコイン・デビットカードと利用可能なビットコインeコマース・プラットフォームが不足している。 ゼブ・ペイ(ZebPay)がオンライン販売を提供 インドのビットコイン・ウォレット・プロバイダーであるゼブ・ペイは、オンラインで製品の購入を希望する人々へと最適な答えを提供している。ゼブ・ペイを通して、消費者はビットコインでアマゾンやフリップカート(Flipkart)のような一般的なオンライン小売業者からギフトカードを購入する事が出来る。 モーガン・スタンレイによると、インドのオンライン販売は2013年での3百万ドルから2020年までに100百万ドルに達するだろうと予想する。巨大市場である為に、ビットコイン支持者が本市場への大幅な利用者の獲得へと意欲的なのは理解出来る。 インドの送金市場 インドは最大の送金産業を所持すると考えられており、世界銀行によると2015年に69百万ドルを受けたとの事だ。ビットコインも近々これに加わる事が可能だろう。インド人口はよく実家の家族へと送金するので、ディワリの間にはこれが増加するだろう。 インドでのビットコインの将来は明るく見えるが、しかしビットコインの加速する成長に追いつく為には未だに沢山の課題がある。しかし、ディワリがもうすぐ始まる為に、この国での必要性の増幅を提供するだろう。 記事:レベッカ・キャンベル

Close