23-04-2017
05:35 am
=

デジタル通貨交換所のクラーケンがビットコイン購入サービスを獲得




Kraken-Logo
サンフランシスコ拠点のデジタル通貨交換所はウォレット資金サービスのグリデラ(Glidera)を獲得した。

規約は公表されていないがこのグリデラ所得は、昨年に取引業界へとその他スタートアップの購入に費やしているクラーケンにとって最も新しい。

1月に、クラーケンはニューヨーク拠点の交換所コインセトラーを購入しており、この企業自体は2015年4月にオランダを拠点とするCAヴァーテックスを所得する動きを示した。

二つのサービス統合の一環として、利用者の銀行口座からビットコインの購入と、そして資金を指定するウォレットへの送金を可能とさせるグリデラは、「クラーケン・ダイレクト」へと改名する。グリデラによる本サービスは、更にクラーケンの国際利用者へとも拡張してサービスを提供する。

公式文書にて、クラーケンの社長ホゼ・ポエル氏はこの取り決めが 「クラーケンへと非常に素晴らしい年として締めくくるでしょう。」と述べた。

「2016年にかけて、我々の事業全ての分野は目覚しい成長を遂げました。当社の新しい取得である「クラーケン・ダイレクト」サービスが重要な役割として働き、2017年はより良い年になると期待しております。」

今年はその他の国際的交換所も買収を行っており、ブラジル拠点のフォックスビットによるビット・インベストの買収が含まれる。2月には、フィンランドのビットコイン仲買人プラソスが非公開の価格にてコインモーションを購入したと発表した。

 

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
new-ibm-logo-desktop-wallpaper
IBMがブロックチェーン機能を「大幅に拡大」する中でブロックチェーン・エコシステムを設立

IBMは最近のプレス・リリースで記述した事には、「ブロックチェーンは産業が事業取引を行う方法を変換させる可能性を秘めており、これには事業がブロックチェーンのネットワーク影響から利益を得る事を許容し、エコシステムの産業家が力を合わせて取り組む事を必要とします。」 先日IBMはブロックチェーンを早める開発段階を作成する意図のブロックチェーン・エコシステムを公表した。 「未来への成長とブロックチェーンの導入は強力なエコシステムを作成する事へ信頼されています。事業ネットワークは、開発者や産業専門家とインフラストラクチャー提供者が事業取引が行われる新しい道を共同で再作成する時だけに臨界質量へと達します。」と IBM産業プラットフォームの上級副社長であるブリジット・ヴァン・クラリンジェン氏が述べた。「このハイパーレジャー計画のコードの成長する成熟性が主要な標識です。その為に、 IBMは開発者がブロックチェーン・ネットワーク作成の促進を行う為に、共同で取り組む環境を提供して援助しております。」 これは本当の世界的制度を開発したい革新者へと設計されており、ブロックチェーン・エコシステムは教育基準と手段を取り上げる事でブロックチェーンのアイディアを実行する時間を抑えます。 問題を解決し開発者を援助する事へと、IBMブロックチェーン専門家へハイパーレジャー・ファブリック・スラック・チャンネルを通して連絡が取れます。」 IBMは更に、事業利用者へとコード・ライブラリやスマート・コントラクト・テンプレート、そしてその他ブロックチェーン活用ツールを取り上げて、教育コースや学習モジュールを提供する。 「 IBMブロックチェーン・エコシステムは、団体機関が 共有又は補足技術と事業視野上へとハイパーレジャー・ファブリックを使用して提携し、そして教育と開発支援を利用出来る、開かれた環境です。」と本企業はプレス・リリースにて記述した。「ブロックチェーンはネットワーク事業なので、全ての興味を持つ団体が手段や情報と関係性を共有出来る環境である事は決定的です。スタートアップやISVとSIはブロックチェーンに投資しており、そしてハイパーレジャー・ファブリックを包括しています。」 更にIBMは2016年12月17日にコネクトイベントを開催し、個人情報を保護された取引へのネットワーク・モードのネットワークで作用するハイパーレジャー・ファブリック v1.0をピア設定へと利用する。 「 IBMは当社のブロックチェーン機能を大幅に拡大させ、そしてブロックチェーンをどの様にして事業へ利用する準備を行うかを理解させる為に、企業と活動的に取り組んでおります。」と本企業は公式文面にて述べた。「金融サービス、供給連鎖、 IoT、リスク管理、デジタル著作権管理と健康管理は、ブロックチェーン・ネットワークを利用しての大きな変化へ十分に用意が整っている複数の分野です。」 記事:ジャスティン・オコーネル

Close