18-11-2017
04:20 am
=

チューリッヒがビットコイン決済を断りスイスのイニシエティブを否定




cave2
スイスの最大都市は国内全土の事業者に対して反対に動き、ビットコイン決済の許容を拒否する体制を取った。

地域の報道発信源である「金融と経済学 (Finanz Und Wirtschaft)」によると、現時点では本都市でのデジタル通貨を実施する計画はないとの事。チューリッヒ市議会はビットコインが栄える事はないと信じ、税や手数料へのビットコイン決済を拒否した。

このニュースは、市内で一般的であると証明したスイス市ツークでの同様な案に対し、勿論反対の立場を取っている。5月初旬に、ツークは市議会の会議を実行し、最終的にデジタル通貨のビットコインを有効な形式の決済方法であると認めた事を、CCNは報告した。

2014年に、チューリッヒの貨幣博物館でビットコイン展覧会を開催する事で、チューリッヒはビットコインに向けての学習を試みていたように見える。この目的はビットコインとデジタル通貨の概念を人々を教育する事であった。しかしそれとは裏腹に、チューリッヒはビットコインは当分の間大きな役割を果たさない、と断固とした態度を見せた。

市議会によると、国民の信頼は価値の高い利益であると考慮し、市はチューリッヒの評判を落としたくないとの事で、「仮想通貨の着手には、損失と乱用への高い危険性がある」と述べた。

「金融と経済学」によって報告されたチューリッヒ市議会の言葉は、

当市議会は、市民がビットコインでの手数料や税の支払いを受ける希望について承知しておりません。
チューリッヒでのビットコインの不確実性

ビットコインはツーク市にて認証されていつつも、このチューリッヒでのビットコイン拒否の決定は傾向に反している。

しかし、フィンテックの主要中心地として、本議会はデジタル通貨が公共的に認証された決済として予想に反して流通し、そして公式環境が向上した場合、チューリッヒ市はビットコイン競争へと容易に加わる事が出来ると追加して述べた。

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
boots
日本の銀行がブロックチェーン通貨取引を計画

日本の金融機関の団体は、国内と国際取引サービス上の経費削減を上げる事の出来るブロックチェーン基盤のプラットフォームの製作を目指している。 本日に公開された事は、主要メンバーには横浜銀行とSBI住信ネット銀行が含まれる。努力へ関与したこれら銀行は、分散型レジャー技術スタートアップのリップルと共にプラットフォームの開発へ取り組む。 SBI住信ネット銀行を所持するSBIホールディングスは、過去に本技術へ取り組むスタートアップへ投資しており、公式文書では10月の正式な設立の際に、銀行15社がこのイニシエティブへと加わる予定だと述べている。 本企業が述べるには、 「横浜銀行とSBI住信ネット銀行が早急な速度で様々なフィンテック・イニシエティブの実施をする間に、本連合は2016年の10月から、ブロックチェーン技術を活用する新しいタイプの支払いと決済サービスの検討を始めます。」 2017年3月のプラットフォーム設立までに、企画者は出来る限りこの新技術を使用する銀行30社を持つ事を希望している。 リップルとの業務提携にて設立した子会社と共に、SBIホールディングスが本計画の指揮を執ると公式文書が伝えた。 その他日本の銀行が本グループに加入するかは現時点では明確ではないが、日本の金融産業はこの技術に対して強い興味を示している。 銀行発行のデジタル通貨の噂は、数ヶ月に渡り断固として東京三菱UFJ銀行(MUFG)へかけられていたが、この日本最大の銀行は4月に、概念実証へとブロックチェーン・スタートアップのチェーン(Chain)と共に取り組んでいると公表した。 更に、日本では過去数年間において、金融業に焦点を置いた例の使用に力を入れる「作業グループ」が出現している。 記事:スタン・ヒギンス

Close