23-04-2017
05:30 am
=

ダークネット捜査が現在の最優先事項とドイツ連邦警察署長が述べる




strips
ミュンヘンで金曜に9人の殺害者を出した、ミュンヘン商店街での最近のテロ攻撃の影響調査は、現在ダークネット市場を監査している。

本日に報道者との面談の中で、ドイツ連邦刑事局(Bundeskriminalamt又はBKA連邦刑事局として知られる)の署長であるホルガー・マンチ氏は交換プラットフォームとしてのダークネットの出現は、インターネットの隅々における内密上に焦点を置いた調査を受けると公言した。

トーア(Tor)のようなノードや特定のソフトウェアによってのみアクセスが可能なオーバーレイ・ネットワークであるダークネットは、異なるダークネット・ウェブサイト上で薬物やその他物品が頻繁に販売される不法市場としてよく知られている。

ロイター紙によって報道されたマンチ氏の公言。

ダークネットは成長する交換場所であり、その為に調査を最優先事項にする必要があります。

それに付け加え、ビットコインを市場での決済として利用されるデジタル通貨の例として直接追及しつつ、本報告はダークネット市場が「薬物、武器そしてにせ金を入手」する為に大きく利用されていると主張した。

ドイツ報道での数々の報告は、テロ攻撃で使用された武器をダークウェブ市場と関連付けている。

ミュンヘンのババリア公官は、18歳のデービット・ソンボリーによって使用された「リアクティベーテッド9mmグロック17ピストル」はダークウェブ上で購入されたと結論づけた。

更にBKAは、ダークネット・プラットフォームを対象とした以前の活動は、2015年に5つの市場を閉鎖させた。

今年に終結した別の活動は、権威側が称する5つの「アンダーグラウンド経済フォーラム」の閉鎖の為に、ヨーロッパ各地の様々な法執行機関による統合努力と調査を行った。

この5つのダークネット市場では、武器、薬物、偽ID、偽金や盗難データが販売されるウェブサイトの運営を告発された複数のドイツ人を含め、多数が逮捕された。このウェブサイトらは更に、サイバー犯罪に貢献するDDoS攻撃、マルウェア・サンプルやその他多数を含む販売へのサービスを有していた。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
hunger_child
ビザ・ヨーロッパがビットコイン・マイクロペイメント試験へ提携

ビットコイン・マイクロペイメント・スタートアップのサトシペイ(SatoshiPay)がビザ・ヨーロッパ革新ユニットと新しい概念実証(PoC)を開発している。 本計画への取り組みは、ビザ・ヨーロッパ・コラボが関連デバイスへとビットコイン・マイクロペイメントを研究中だと述べた今年の始めに公開された。当時、本企業は自らの電気料金の支払いが可能なスマート電球の様な使用例に着目していると示していた。 サトシ・ペイの創設者メインハード・ベン氏によれば、この概念はビザカード決済構造とのスタートアップ企業の技術統合を含み、個人のビザ口座からサトシ・ペイ・ウォレットへの自動的なマイクロペイメントを可能とさせる。 ベン氏は概念実証は「クレジットとデビットカードの使用で少額のビットコイン購入をするより安全な方法の確立」を目指すと述べた。 ベン氏はコインデスクへと述べた。 「PoCの中で、クレジットとデビットカードの使用で少額のビットコイン購入をするより安全な方法を確立させます。貨幣通貨への実行過程と共に、ダイレクト・デビット又はインスタント銀行振替の様なその他決済の個別手段を更に統合します。」 ベン氏は、ビザが本技術をどうマシンツーマシン決済とIoTデバイスへ利用出来るかの研究に本企業と取り組む計画をしていると述べた。その他の計画は、ウェブ・コンテントへのマイクロペイメントに対するビザ・ヨーロッパ・コラブとの統合で行われる将来利用者の研究を含む。 本計画はビザ・ヨーロッパ・コラブのビットコインへの進出ではない。昨年、本企業はエピファイト(Epiphyte)と共同開発された送金アプリ概念を公表している。 記事:スタン・ヒギンズ

Close