20-02-2017
08:05 pm
=

最新ニュース

ターキーでのペイパル(PayPal)封鎖はビットコインへ何を意味するか?




strips

ターキーでペイパル(PayPal)は営業を停止された。この閉鎖は6月6日から有効化される。最近ターキーは、ペイパルの本国で営業する為に必要な新しい免許を断った。テック・クランチ(TechCrunch)によるとこの断絶の理由は、ペイパルがターキー内部での全てのITインフラストラクチャーを地域化しない為だという。

ターキーで起こる事情の明確な姿を得る為にビットコイン・マガジンは、ターキーのビットコイン取引所BTCタークを所持し営業するBTCトレーダーのCTO兼共同創立者であるエムレ・ケンチ氏に接触した。

その他のオンライン決済プロバイダーはターキーを離れるか?

ケンチ氏によると、ペイパルはターキーを離れる事は更にその他決済プロバイダーにも適合するだろうと説明する。そうすると再度、その他企業は免除を得る事が出来る。「ウェスターン・ユニオンのような事業は、法律から免除されています。」とケンチ氏は述べた。

「顧客のその他消費者や事業への送金を認証させる目的へと、本事業が顧客への資金を保持している場合は、その事業は電子貨幣免許を必要とします。」とケンチ氏は説明した。「事業がどのような消費者資金も保持していないが、事業に決済の受け入れを認証させる場合、決済処理免許を必要とします。電子貨幣免許の所持者は、決済処理者として経営する事を許容されます。その為、後者の免許は前者の一部という事です。それぞれの事業は個別の事例によって規制官から評価されます。」

ケンチ氏は更に、ターキーの国境内での全てのITインフラストラクチャーを持続させる為の必要条件報告から、更に先へ行ったと示した。「CEOの履歴書から団体チャート、事業の払込資本から資金の銀行口座での保持のされ方、そして金融と安全保証監査までの全ては規定の範囲内です。そして、それぞれに特殊な規則があります。」とケンチ氏は説明した。

ビットコインはどこで活用出来るか?

ケンチ氏によると、ペイパルは主にターキーでの電子決済と少額送金への援助だった。「この事はビットコインへ非常に良い機会を提供すると信じております。」とケンチ氏は追加した。

最近のペイパルのニュースはターキーでのビットコインPRを援助しているとケンチ氏は述べながらも、ターキーや世界中でのビットコイン・サービスの成熟化は、ペイパルが去ってからの穴を埋める技術としてはまだ段階に達していない。この事を述べ、ケンチ氏は更に追加した。「ターキーのペイパルの主な利用者は、直接的な代変手段を見つける事を困難とするのは確かです。」

ケンチ氏によると、金融インフラストラクチャーはターキーでは強く、昨年と半年前で弱まったにもかかわらず、ターキー・リラは国民の大部分から財産の源として信用を得続けているとの事だ。

記事:カイル・トーペイ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
R3がオバマ氏の顧問とDCブロックチェーン・イベントで面談

US大統領のバラック・オバマ氏の顧問が、今月初めに分散型レジャー銀行組合のR3CEVとビットコインとブロックチェーン産業の代表であるその他3企業と、ワシントンDCの全米科学アカデミーを主催した。 イベントに参加したのはR3管理責任者のティム・グラント、非営利支持団体コイン・センター(Coin Center)の執行委員ジェリー・ブリト、スタンフォード大学のアプライド・クリプト・グループへの調査員ジョセフ・ボニュー、MITスローン・スクール・オブ・マネージメントのアントレプレナーシップ教授のサイモン・ジョンソンである。 5月20日に一時間以上に渡って、US経済に与える現在と予期する影響をへの質問に答えながら、パネルは大統領科学顧問委員会へと本技術についての大要を伝えた。 コインデスクとの面談にてグラント氏は、このイベントがどのように大統領の技術顧問がブロックチェーンと分散型レジャー開発の情報に通じるかを提示すると述べた。 グラント氏は述べた。 「状況は目に映る姿で現れます。疑う余地もなく、ホワイトハウスもこれを受けております。」 イベント全ての録音はここで聞く事ができる。 ホワイトハウスへの課題 イベント公式の議題によると、1976年に創立した科学技術事務所は、顧問らを年間に渡って「ホワイトハウス内部、政府部門、その他連邦機関から大統領の利用出来る科学技術アドバイス」を議論する為に召集する。 イベントへの参加者は、カウンシルの副代表であり科学技術部門の代表助手ジョン・ホルドレン氏と、グーグル経営執行役会長エリック・スチミッド氏、そしてその他約20企業である。 グラントによると、本セッション後のプライベート昼食会にて、パネル議論者らはブロックチェーン技術への顧問からの質問に答えたとの事。 特記すべき事は、メンバーは暗号的な本質の本技術と、イベント時にR3のプレゼンテーションで取り上げた主題の経済界のもう一つのリーマン・ブラザーズ・スタイル崩壊への類似を縮小するブロックチェーンの可能性のある役割へ興味を示した。 「有益な情報は、本件は現在の大統領科学顧問委員会の欲する内容と非常に符合しています。」とグラント氏は述べた。「そしてこれら企業は経済全ての分野へと本技術の新情報を引き続き得る事に積極的です。この意見は大きく明確に述べられました。」 コインデスクへとグラント氏は語った。 「分散型レジャー・コミュニティーにて我々がどこに位置するのかを、均等な視点から説明する役割の心境でした。」 記事:マイケル・デ・カスティロ

Close