18-11-2017
04:16 am
=

ソニーがブロックチェーン技術を創業拡大改革の一貫とする




trump

限り無い大手団体や、政府のビットコインとブロックチェーンへの批判によりビットコイン業界で目まぐるしい数週間となった。中国と日本の両国は独自のブロックチェーンを基盤とした暗号通貨の開発への着手を始めた。アメリカのセキュリティー取引委員会(SEC)は、クラウド・ファンディング・プラットフォームの平均的モデルとしてビットコインへの資金援助の道を整えるであろう法律規則を提出した。ロシアとヨーロッパがビットコインとビットコイン・スタートアップ企業への合法性と規定へと重心を当てる中で、初のビットコイン企業IPOと市中銀行は早ければ数年以内に、ビットコイン技術による金融取引市場での実施の裏付けをする発展中枢を提供する。そして現在、ソニー株式会社(NYSE:SNE)が業界へと足を踏み入れ始めた。

当企業は最近、最新技術の配信とフィンテック業界へと予想される応募へと作られたコンペティションの発足を発表した。このコンペティションはソニー2016によるフィンテック・イノベーション・チャレンジといい、応募受付は1月22日に始まり、2月17日に締め切る。6つの分野へのエントリーを受け付け、個人ネット高価価値ウェブ銀行、旅行者への金融サービス、ブロックチェーン使用での娯楽、若年者への教育・金融管理サービス、非口座所持/非投資受理者へのクライアント契約と、そしてスーパー・スマート証明がその6つの分野である。

勿論、当ブロックチェーン・エントリーがこのコンペティションに注目させた。当企業は様々な娯楽分野の開発者を探しており、詳しく述べると、ブロックチェーンでの音楽と映画を望んでいる。提案によると、ソニーは論理制作やクラウド・ファンディング、そしてチケット分配等の分野を発展させる。

受賞者らはソニーの資金援助を受け、提案とソリューションを概念実証(POC)段階まで実現する事が出来る。

勿論、POC契約の受賞者はブロックチェーンを元にした計画である必要性は無く、その他5つの分野からソニーの審査員が気に入った応募を選出する事が出来る。その為、1つ以上の計画が受賞する事が可能であり、そしてソニーがすでに活動中の分野へのブロックチェーンを基盤としたソリューションは、前向きな審査を受けるしかるべき見込みがある。

最終審査は3月15日から17日を予定しており、受賞者は3月18日に発表される。

このフィンテック・ブロックチェーン関連事業の開発と制作の推進は、包括する創業改革の一貫にすぎないが、しかし関与性を持続させるソニーの取り組みを表している。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
sign
マイクロソフトは何故「全てのブロックチェーン」をアジュール・プラットフォームへ望むのか

2014年の終わりに、マイクロソフトがビットコイン支払いの流通について試験を行ってから、当大手技術企業はブロックチェーン技術の基盤になっているソリューションへの市場復興にて、更に大規模な主要企業として落ち着いた 今年の10月に当企業のアジュール・クラウド・コンピューティング・プラットフォームを当エコシステムへと開始するにあたり、マイクロソフトは当企業のブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)ソリューションへと固定編成された提携社を追加しており、この製品はリスクの低い環境でスマート・コントラクトからブロックチェーンでの納税報告サービスへと、提携社が多様な技術で使用する事が出来る「サンド・ボックス」の様な形式である。 しかし、マイクロソフト技術方策部の代表であるマーレイ・グレイ氏によると、この事業は開発と試験へと設計された物である為、当企業のアジュール・プラットフォームへと追加された新規ブロックチェーン主要企業の不足は無いであろうとの事。 グレイ氏がコインデスクへと述べた。 「率直に言うと、利用者が全てのブロックチェーンへの利用権を希望して欲しいと考えています。例えば車庫で2人の男性がビットコインを発見し、天才的な発想から人々に利用して欲しいと考える事も有り得ます。我々にはどの様な障壁もありません。全ての人々へ開かれています。小企業の参加も援助します。」 グレイ氏が当事業はアジュール・BaaSプラットフォームが「承認ブロックチェーン商業界」にて拡大する事に向けていると示し、これをバネにして現段階で、当技術への提供社は更に重要なセキュリティー審査を経験しています。 「勝者を選択するつもりはありません。」とグレイ氏が追加した。「もし我々がそうしようとも、市場は我らの選出した第一の企業は望まないでしょう。」 性急な開発   最新版アジュールのBaaSサービスについてグレイ氏が強調するには、この事業は現在「完全に一般へ開かれて」おり、そしてクライアントがブロックチェーンをアジュール又は地域のデータ中枢へと当プラットフォームを通じ直接的に活用が出来ると述べた。 クラウド利用者へと、ブロックチェーンは「ウェブインターフェースに記入し、クリックで送信」する事で活用出来る。更にグレイ氏は、利用者が素早くブロックチェーン・ネットワークを追加する中でクラウド環境の仮想機械として管理する事が可能であると述べた。 「個人のクラウドを所持する事が可能ですが、しかし集合点は人々の間の管理下にあります。もしブロックチェーンへ加入する事が承認されれば、加入する事が出来ます。」とグレイ氏が述べた。 「もともとBaaSプラットフォームは多大なブロックチェーン・プラットフォームへと含ませる為に設立しました。利用者、共同社そして開発者が方略を発見する為へとこれらを試用させる為でもあります。」グレイ氏が締めくくった。 「現在ブロックチェーン環境での自動設定と、その主要時間を20分まで削減する事が可能です。」

Close