24-03-2017
08:03 am
=

最新ニュース

スターバックスのアプリケーションがビットコインと統合




sacl_sbux_starbucks_corporation_logojpeg

スターバックスはビットコイン・ウォレット・サービスのアイペイ・ユーと提携を結んだ。

暗号通貨の公式化拡大を助ける手段となる可能性のある動きとして、スターバックスはビットコインでの容易な支払い方法としてスターバックス・アプリケーションの利用者へと提供する為に、アイペイ・ユーと提携した。

スターバックス・アプリケーションを利用する顧客は、メニュー上の販売商品各種へとアイペイ・ユーのビットコイン・ウォレット経由で支払いが現在可能である。スターバックスへのビットコイン・ダイレクトと称するツールを通じ、実時間でしばしば変化しやすい暗号通貨を米国ドルへ換金する為に、アイペイ・ユーは自動化された変換プロセス経由で機能する。

「世界は変化しており。我ら全ては更に繋がりを持ち、そして92%の取引は現実での小売業界対オンライン上で現在も行われています。取引管理を行う際には、直ぐに多くの価値がデジタル上よりも現実で現金にて取引されます。」とエム・コーディスとコネクテット・マーケター機関の管理提携者であるマイケル・ベッカー氏は述べた。「実際、我々は現実世界でデジタル上の存在である事を認識し認める必要があり、全ての重要な目的へと現実的な存在よりもデジタル上の存在として更なる経済的価値を持つと信じております。」

「ビットコインの将来としては、ビットコイン又はデジタル交換のその他多数の手段が主流になる事は明確ではありませんが、しかし現実での現金はいつか我らの生活の中で消える事は明確です。」とベッカー氏は述べる。

ビットコイン統合

本統合はアイペイ・ユーのギフトカード進出の一端としており、これはビットコイン保持者がスターバックスを含めた主要な小売業者やチェーンからギフトカードを購入する事を可能とさせる。ビットコインの傷付いた歴史が良い目的への努力の妨げる為、そして予見としては、eコマースの主流へビットコインを紹介する為のアイペイ・ユー等のプラットフォームに追いつくかは、時間が教えてくれるだろう。

本コーヒー・チェーンは更に、テンセントとの提携として大手ウィー・チャットのモバイル・アプリケーションとの統合を含める為に、モバイル・コマース・プラットフォームを拡大しており、利益的な中国モバイル市場へと強く押した。

記事:ラキン・アズファー

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red
2017年に南アフリカの金融企業がブロックチェーン基盤の個人情報立証を設立

個人情報解析に重点を置く南アフリカの金融企業ディスイズミー(TIM)が、2017年に世間公開予定の本社サービスを向上させるブロックチェーン技術を追加する事を明らかにした。 更なる企業はブロックチェーン技術のビットコインとその広がる可能性へと気が付き、注目し始めている。 最近だけで、スペインの主流エネルギー企業のエンデサが、エネルギー産業へのブロックチェーン基盤ソリューションの開発を向上させる為の試みとして、ブロックチェーン研究所の開設計画を公表した。 リチャード・ベンソン氏がブロックチェーン技術は「経済改革」制作を可能とさせると信じる中で、この技術は更に健康管理産業と不動産業界の様なその他分野にて使用されている。 しかしそれでも、KYC(ノウヨアカスタマー)・AML (アンチマネー・ローンダリング)・バックグラウンドチェック機能などの、本当の本人確認解析の提供とより良いサービス提供への試みとして、TIMはブロックチェーン技術の設立を決定したとの事を、ITオンラインが伝えた。 今年始めには、ノートン・サイバーセキュリティ・インサイト・レポートが、67%の南アフリカ人がスマートフォンとインターネットの人気の為に現在は個人的な情報流出の管理が更に困難になっていると考える中で、76%は個人情報の盗難率が増加した事を信じていると公開した。 驚く事に。78%は情報の頻繁に保護するべきだと分かっている中で、多数はセキュリティーというアイディアが不便だと考えている。その上、盗難に遭ったクレジットやデビットカードをキャンセルするならば、家族や親友との夕食の計画をキャンセルすると58%は述べた。 ITオンラインによると、個人情報の盗難問題は大きな問題として残されており、南アフリカ企業はR1十億からR2十億までの代償を被っているとの事だ。自然に、ブロックチェーン技術の実行は肯定的な動きであり、詐欺と個人情報問題の削減を安全な方法で援助する事が可能であり、これはどの様な取引でも個人の信頼感のある利用を保証する。 TIM代表のマーク・チーンサイド氏はITオンラインへとこう述べた。 「仮想通貨とビットコインへ頻繁に関連付けられる中で、ブロックチェーン技術は現在、オンラインで自己管理を行う為に、匿名性の確認へと追加のセキュリティー層として考慮されており、これは取引実行を保証する為に信頼されるIDに権利を与えます。」 記事:レベッカ・キャンベル

Close