27-03-2017
10:16 pm
=

最新ニュース

ジョン・マカフィー率先のビットコイン・マイニング運営が2016年に5ペタ・ハッシュの基準を目指す




numbers
ビットコイン・マイニング設備をワシントンで運営するジョン・マカフィーに率先される投資会社のMGTキャピタル・インベストメントは、今年に5ペタ・ハッシュ以上の処理力を拡大する目標のマイニング運営の「第二段階」を開始した。

ニューヨーク拠点のMGTキャピタルは、低費用な水力発電への場所である中央ワシントンでのビットコイン・マイニング運営の通称「第二段階」を開始した。マイナー(採掘者)が加速する中で、2016年の終わりまでに処理力を5ペタ・ハッシュ以上に上げる事を予想している。

意見の中で、CEOで実行委員長のジョン・マカフィー氏はこう述べた。

ビットコイン市場での現金流出の機会は、我々の運営と借貸対照表へ非常に大きな金融利益を与えます。

ビットコイン・マイニング運営はMGTキャピタルによって、ビットコイン業界での著名者2名 – 助言者として働くビットコイン市場の重役エリック・ヴォーヒース氏と本企業の顧問会議取締役としてビットコイン投資者で復興運動者のロジャー・ヴァー氏 – を介入した後の2016年7月に公表された。

マイニングの試みは2016年8月に運営を開始され、2ペタ・ハッシュを超える処理力を発生させた。9月中旬には、本企業は企業創立以来から2.6ペタ・ハッシュを捻出させ、当時には90ビットコイン(約$55,000相当)をマイニングしたと公開した。本企業は2017年の第一四期半に10ペタ・ハッシュまで拡大する事を目指している。

マカフィー氏はマイニング運営は現在の出力では、アメリカでの最高ビットコイン・マイナー5社の中の一つであると宣言した。16ナノメーターASICチップは暗号通貨をマイニングする為に施設によって利用されている。

マカフィー氏は更に、MGTキャピタルによってのその他ビットコイン・ブロックチェーンへの試みについて暗示し、関連する分野として知られるセキュリティー・アプリケーションにかけて特に示した。マカフィー氏はこう述べた。

更に、この基準での運営がどのようにセキュリティーの向上、プライバシー・アプリケーションとブロックチェーンを利用するプラットフォームへと競争利益の鍵を提供するかについては、十分に強調しきれません。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
lcd_display2
ウィンクレボス兄弟のビッコイン交換ジェミニが香港とシンガポールへと拡大

ウィンクレボス兄弟によって設立されたニューヨーク拠点のビットコインとイサー交換所のジェミニは、国際的な拡大計画を持続しながら香港とシンガポールでの経営を始めた。 シンガポールと香港の利用者は現在、ウィンクレボス双子のデジタル通貨交換ジェミニにアクセスする事が可能である。この発表は10月2日にジェミニの共同創立者で社長であるキャメロン・ウィンクレボスによって公開された。 利用者へと2つの主要暗号通貨であるビットコインとイサーに関連する、制限された交換ペアの権限授与が即座に開始される。 更に詳細を述べると、登録済みの利用者はBTCをUSD又はETHでの購入、BTCをUSD又はETHでの販売、そしてETHをUSD又はBTCでの販売とETHをUSD又はBTCでの購入をする事が可能となる。 香港ドルとシンガポール・ドルでの注文控え帳が直ちに可能となると、公表は追加した。 公表からの抜粋では、「これらの活動的な東アジア巨大市場は、ビットコインとその他デジタル収益の成長を長く包括してきました」と述べている。 新規改革と技術の導入を率先する経済国家として長く見られてきた多文化の中核であるシンガポールは、最近では2016年7月後半にデジタル通貨交換とサービス・プロバイダーのコインベース(Coinbase)の創業開始を得た。シンガポールは既にビットコインとブロックチェーン・エコシステムの本拠地である。 香港で最も新しいビットコイン交換所は、本国を拠点とするデジタル通貨交換ビットフィネックス(Bitfinex)が違反の調査を行う間のプラットフォーム上での取引停止した日から、たった2ヶ月後に創業される。ビットコイン価格は当時で約65百万ドルに相当する119,275ビットコインの盗難によって墜落した事が確認された。 ジェミニの成長する拡大 ジェミニの拡大に対する取り組みは、本交換所が2016年6月初期にカナダで創業して以来始まった。その月の後半には、魅力的なフィンテックの到達先として一般的に知られるイギリスでの経営を開始した。 受託企業として規定されるニューヨーク拠点のジェミニ交換所は、ビットライセンスの必要なくアメリカで経営している。これは本交換所が個人と機関両方のクライアントへとサービスの提供を可能とさせる。2015年の創業開始前に特権を獲得し、公認の有限責任信託としてのジェミニの位置は、アメリカ全土での各州の送金企業免許への申請から免除している。 記事:サムブラジ・ダス

Close