17-10-2017
09:29 am
=

最新ニュース

シンガポールとマレーシアの法律事務所がフィンテック業務を設立




drawing
金融技術部門が持続して勢いを増す中で、シンガポールとマレーシアでの2つの法律事務所がフィンテック業務を設立した。

シンガポール拠点のアレン&グレッドヒル(Allen&Gledhill)とその准事務所であるマレーシア拠点のラマット・リム&パートナーズ(Rahmat Lim&Partners)は、両国でのフィンテック業務の確率を公表した。

Finews.Asiaによる報告では、両業務は金融規程、技術と知的財産問題を取り扱う事に共同で取り組む。これにより、両国が挑戦されているたくさんの金融技術分野での正式な解決策の提示を目指す。

フィンテック法律事務所が上昇傾向

世界中では、更なる法律業務がフィンテック分野へと注目を向けており、新規と現存のスタートアップへの援助を確率している。

国際法律事務所のステップトゥ&ジョンソンLLP(Steptoe&Johnson LLP)はもう一つの法律業務であり、国際的に関連する弁護士との学祭ブロックチェーン業務の設立によってフィンテック企業が面する公式な問題を包括する。

開発でのブロックチェーン規程

ブロックチェーンを循環させる規程と共に、多くの企業は分離する権威から異なる法律を受ける。

欧州証券市場監督局(ESMA)はしかし、現時点の「早期段階」でのブロックチェーンへの規程活動は未だに早すぎると述べ、上海の金融サービスオフィスはブロックチェーンの正式規程を呼び求めた。

この事は、法律事務所と確立されたフィンテック業務の利用は、法律事務所と共に多くの金融技術企業が、複雑な問題での法律執行を援助する事へとこれら業務の設置が必要不可欠である事の理解に重要であると示している。

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic2
明日に日本のビットコイン法が有効化

日本は明日にビットコインを決済の正式方法として認定する予定だ。(2017年3月31日/記事) 当国の議会は、ビットコイン交換をアンチマネー・ローンダリング/顧客熟知規則の下に置いた数ヶ月に及ぶ論議の後に法案を通し、更にビットコインをプリペイド決済方法の一部として分類した。 この議論は、数ヶ月に及ぶ拡大する複雑化により現在停止され、そして最終的に支払不能と詐欺を引き起こしたビットコイン交換所マウント・ゴックスの倒産に続いて始まった。 日本の金融庁によると、法案は4月1日に有効化され、サイバーセキュリティと運用規程、そして交換所への資本要件を決定する。そして、これら交換所は更に労働者教育の取り行いと年次監査の提出が義務付けられる。 しかし当分野へは更なる取り組みが課せられている。 例を挙げると、野村総合研究所の岡野 靖丈氏は2016年5月の報告にて、銀行法と金融商品、そして取引法を含めるその他日本国法案は当技術に関しての変更の必要性を示した。 報告は、日本でのその他団体もこれらのギャップを埋める事へ移行していると示した。 日経による報告によると、日本会計基準委員会は今週初めにビットコインの様なデジタル通貨への基準の開発開始を決定したとの事だ。この行いは、昨年末に基準化の推進を開始したオーストラリアを含め、その他各国にて執り行われる活動を映し表している。 記事:ギャレット・カーンズ

Close