28-05-2017
06:38 pm
=

サンタンダーUKがリップル供給の支払いアプリを2016年に設立する




lcd_display

スペイン銀行グループのUK支店サンタンダー(Santander)は分散型レジャー・スタートアップのリップルとの共同提携にて新規支払いアプリを開発している。

本日公表された事では、このアプリは最近サンタンダーUK従業員のみ開かれており、しかし本銀行は2016年末前までに公開する計画を立てており、この動きはブロックチェーン経由で顧客へと支払いサービスを提供するイギリスで最初の主要銀行となる。

この計画は銀行とリップルの間で持続する友好関係の産物であり、これはサンタンダーの投資資本部門であるイノ・ベンチャーズ(Inno Ventures)が、リップルの昨年の32百万ドル資金上げシリーズへの一部として4百万ドルを投資した時から始まった組合である。

サンタンダーの顧客と開発部門の代表であるシッガ・シガーダードティア氏は、本社の顧客基盤への更なる電子サービスを提供する脈絡内で、このアプリを確立させた。

シガーダードティア氏は声明文にてこう述べた:

「金融への需要性は、現金や貴重品からの支払いを行う財布のカードや、ポケットに入った実物のポンドを提供する事から、常に新しく、いつも手が届き、生活スタイルに繋がった円滑に統合された物を提供へと発達しております。」
国際送金

顧客は10ポンドから10,000ポンド(約15ドルから15,000ドル)の間を送金する事が出来て、ユーロとドルへの送金を可能とさせる。このアプリはインターフェースとしてのアップル・ペイ・モバイル決済アプリを利用可能にし、リップルの分散型レジャーを支払い基盤へと上げ、翌日に口座へとこれら資金を清算する。

利用者がアプリ経由で送金すると、リップルの分散型レジャー全体へ報告される。サンタンダー口座から支払われた資金は、1日の清算段階を通した後に、清算が実行されるともう一つの口座へと振込まれる。

会見では、リップルの戦略的会計部の国際代表者であるマーカス・トリーチャー氏は、銀行との提携にて多数の同様な製品を開発した初のアプリであり、そして長期的に、この様なシステムは直接的なピアー・トゥ・ピアー支払いアプリへと発達するだろうと述べた。

「本社の提携銀行を端まで行き届き直接対応への位置へと置く事を目指します。まだまだ新規のサービスが開発されます。」

2016年の実施

本銀行は現在から今年末にかけての正確な実施日付を公開しなかったが、サンタンダーの代表者は秋又は冬に設立すると示した。

サンタンダーの代表者であるアンディ・スミス氏によると、本銀行は今年の終わりまでにこのアプリを公表する事を目指しているとの事。

「2017年に行われるのではなく、今年が最も考えられます。」とスミス氏はコインデスクへ述べた。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
elder
マイク・ハーン氏: ビットコインの「若く未成熟な民主主義」は権威主義の開発者から損害を受けている。

ビットコイン界で最も長期的な重要開発者の一人であるマイク・ハーン氏は、多くの中本哲史氏のコードを書き直した。ハーン氏は更に技術の可能性と将来の利用価値について開いた議論を行った。 広く公知される決定では、ハーン氏は去年の秋にビットコインから別れ、この事がビットコイン・コミュニティーで大きな騒動を引き起こした。ハーン氏は暗号通貨がどのようにして更に多くの利用者に広まり、ビットコイン・コミュニティーの導入に対する無力さについての不満を大きくさせるかを思考している。 ハーン氏はビットコインから退く 初の電子通貨とR3 CEVとの取り組みから離れる意思と考えを述べたハーン氏の記述文は、本コミュニティーにとって大きく意表をついた。スイスの報道紙Handelszeitungとの最近の会見によると、ハーン氏は暗号通貨から離れた事に対して後悔はないと公表し、そして最後にこう締めくくった。「ビットコイン・コミュニティーへの信用はありません。」 会見でハーン氏は、どのように開発場面に携わる人々が暗号通貨を分散型にする事を拒んでいるのかを説明した。 「彼らは変更を希望すると述べていますが、しかしそれは望んでいる事ではありません。ビットコインは若く未成熟な民主主義であり、開発者グループが決定権を握っています。そしてこのグループは、ビットコインの将来に対する真実の投票を必死に防いでいます。」 更にハーン氏はどれ程のビットコイン・マイニング・インフラストラクチャーが「民主主義は危険で混乱を招くと露骨に伝えられている」共産主義国で浸透しているのかを嘆いた。この事実はそれだけでビットコインの民主主義を弱くさせると、ハーン氏は主張した。 「マイナーは、取引の最大許容量引き上げを推し進める為に、コミュニティー全体の希望に対し反対意見を取る事が出来ます」とハーン氏は述べた。「彼らによってこれを防ぐ事が可能であり、この事がまさしく何が起きているかです。」 ハーン氏は歴史的な類似性を示した。「人類の歴史上で初期には、王と公衆が存在しました。そして物事は更に発展しました。民間が戦闘機やトンネル開発へ投票が出来るスイスランドのように、これを例にすると、殆どの人々は教育を受け信頼性がある事が見られます。これが適応しない場合は、人々は王権を支持します。」 ビットコイン・ソフトウェアが繰り返し論じられるブロックサイズの議論を引用すると、ハーン氏は中国マイナーがどのようにビットコイン・コア以外のソフトウェア経営はしない、言い換えれば、中国はコミュニティーの希望を聞き入れないと述べているかを注記した。 「中国はコアに対して不賛成を取りません。何故ならば、投票は危険だと言われているからです。」とハーン氏ははっきりと述べた。「マイナーはビットコイン・クラシックなどが好むような許容量の引き上げの提案に、本質的には反対しておりません。マイナーは投票を拒んでいるのです。現時点では、私自身を含めた多くの開発者は興味を失っています。何故ならこれは既にブロックサイズに対する議論ではない事に気づいたからです。突然中国の人々に、民主主義が良い物だと説得を始めました。」ハーン氏は、これらマイナーがビットコインを損なったと述べる。 ビットコイン・コードの提案されるビットコイン・コア許容量増加でのセグウィット(Segwit)は「ビットコインの問題を解決しないおかしな計略」だとハーン氏は発言した。 「これは起こり得ません。」とハーン氏は主張する。「決して。」 ハーン氏の意見は過去に論争を引き起こした。多数はハーン氏の辛辣な口調は意見への理由だと引用しながら、最も最近の主張の率直性を疑っている。それでもしかし、ハーン氏の動きはビットコイン計画の本当の状態へと光を当てるだろう。 記事:ジャスティン・オコーネル

Close