22-08-2017
10:38 pm
=

コンセン・シスがブロックチェーンのトークナイゼーション基準の確立を目指す




green

主にイーサリアムと基準組合のXBRLへ焦点を置くブロックチェーン・エコシステムへの分散型アプリケーションを作成する制作スタジオのコンセン・シスは、ブロックチェーン上でのトークナイゼーション(トークン化)の収益の為への基準開発へと提携を組んだ。本基準は経費の取引と処理での不和を削減する。

XBRLは、企業と政府がデータ報告と収集の経費削減と金融情報の質を向上させる事へと使用した、無料で公開される金融データ基準を提供している。

収益の表示的単位としてのトークンは、収益への口座割り当てを可能にし、所用者の記録を管理する。トークンはスマート・コントラクト経由で取引を行うブロックチェーンでの収益を明確とする権利と所有権を与える。

共同利用性を援助する規格

この取り組み団体の目標は、取引での不和の取り除きと処理経費の削減の為への、全てのブロックチェーン・ネットワークに渡るトークンを表す基準法の作成である。本基準は自動化と起源追跡を援助し、そして国際規格な取引の共同利用性を可能とさせる。

「全ての収益類がトークン化され、そしてブロックチェーン上で促進と記録される無記名証券として働く未来を描いております。」とコンセン・シスでのブロックチェーン経理代表であり経理ブロックチェーン連合の設立会員であるグリフィン・アンダーソン氏は述べた。

団体は参加者を募る

本取り組み団体は2017年初期までに目標と活動を段階的に開発する。本団体は全ての収益類へのトークナイゼーション基準作成を専門的に提供する為に、金融・技術・会計を代表する個人からの参加を募っている。

「ブロックチェーンは金融製品と金融取引への未来です。」と米国XBRLの社長兼最高経営責任者であるキャンベル・プリデ氏は述べる。「取引された収益のトークン化への基準手段の作成は、所有権と価値へと伝達する事に必要です。基準化無しではブロックチェーンでのスマート・コントラクトによって約束された速度と正確性、そして自動化は単純に実現されません。」

記事:レスター・コールマン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
banque-de-france
フランスが初のブロックチェーン試験の詳細を公表

フランスの中央銀行は先週、ブロックチェーンへの取り組みについての新規詳細を静かに公表した。金曜日にフランス中央銀行は 、単一ユーロ決済圏での債権者の個人情報を確立へと利用されるSEPAクレジット識別、又は識別マーカーの管理にて仮定的な目的への技術試験を執り行ったと伝えた。本試験は初めて公式に公表されたブロックチェーン試験である。中央銀行によると、試験への重要な参加社の一つは預金供託金庫との事であり、これは複数の子会社経由でフランス政府に関連する投資家として機能する公共部門団体だ。パリを拠点とするスタートアップのラボ・ブロックチェーンと複数の無公表なフランスの銀行は更に本試験へと参加した。 この取り組みは7月に始まり、フランス中央銀行は10月にSEPAクレジット識別の管理制作へのプロトタイプ・ツール作成と共に最高潮に達すると述べた。中央銀行は、本計画が進行される中で出資者との毎週の会議がどの様に行われたかを説明し、計画の更に詳細な情報はいずれ来年中に公開されると続けて表示した。 試験の内容は中央銀行が本計画への更なる研究を呼びかけた数ヶ月後に示され、当時はどの様な試験も金融部門へと技術が及ぼす影響の良い点と悪い点両方に重点を置くべきだと指摘した。 中央銀行はこの表明中の言葉を主張し、翻訳された公式文面にてこう述べた。 「この試験は全ての参加銀行が本技術の機会と影響上への分析の共有を許容するでしょう。」 本試験と共に、フランス中央銀行は技術を試験する機関の中で最も新しい機関となった。昨年では、ヨーロッパ中央銀行による12月6日に日本銀行との提携での新規研究活動の公表と共に、日本、スウェーデンとシンガポール、そしてその他中央銀行は類似した取り組みを立ち上げている。今月初期には、連邦準備制度はブロックチェーンへの初の主要研究文書を公表した。 記事:スタン・ヒギンス

Close