29-05-2017
11:02 pm
=

コインチェックがイーサリアムを日本へと運ぶ




blue2
日本で最大のビットコイン交所であるコインチェック(Coincheck)が、イサリアムサポトを介する在のトレンドを追う。詳細む…。

日本がもう一つのイーサリアムという新しい暗号通貨を得た。この新規暗号通貨は、日本政府がビットコインへと法廷貨幣の資格を試験的に与えてから、数週間の間で日本市場へと入ってきた。

日本は暗号通貨産業で重要な国際的区分地域の一つである。だが、それは本国の電子と技術産業によってではなく、コミュニティ参加による物だ。日本は自国を本拠地としていたビットコイン取引所のマウントゴックス(Mt Gox)の破産までは好調だった。マウントゴックスの倒産は殆どの関連産業を一緒に取り落とした。この数千ものビットコイン喪失が加わった倒産による影響は、ビットコイン相場の大幅な墜落を起こした。ビットコイン相場は$1000超から約200まで下落した。

日本政府はしかし、暗号通貨への信頼を失ってはおらず、ビットコインを公式化する事がそれを証明している。現在イーサリアムも同じく日本にて巻き返しをしている。日本で最大のビットコイン交換所であるコインチェックは、現在イサーの売買をプラットフォーム上で行う選択を提供している。イーサリアムの選択肢を含む事は、世界中で暗号通貨が広がって以来、最も注目される一つとして発展を遂げた事からも、驚く事ではない。コインチェックとは違って、ビット・ファイネックス(Bitfinex)やクラーケン(Kraken)等の様な沢山の大手暗号通貨プラットフォームも、イーサリアム・サポートを最近提供している。

イーサリアムを追加したコインチェックと共に、プラットフォーム利用者はクレジットカードや国際電子送金で売買が現在可能になる。更にイーサリアムはビットコインを使用して購入する事が出来る。コインチェックは、暗号通貨の売買における全ての段階が滑らかに進む為の良いユーザーインターフェイスと、多数の支払い選択肢を用意している為に、既に本国にて最も利用者へ優しい交換所として知られている。

コインチェックの主要通貨は日本円であるが、アメリカドル等のその他呼称単位での振替は自動的に日本円に取引手数料無しで換算される。これは海外利用者がコインチェックで取引を行う事を更に容易にする。

コインチェックはビットコイン取引への高性能プラットフォームの特徴を提供する事で既に知られている。イーサリアム取引へと興味を持つ人々は、更に同様の手段を利用するだろう。過去数カ月で増加したイーサリアムの相場は、需要へと働きながら暗号通貨投機家の中で多くの注目を獲ている。近々更に沢山の人々がイーサの取引を始める事が予想される。

次の数カ月でのイーサリアム導入の具合によって、日本にてイーサリアムの法廷貨幣の資格の獲得が予期出来る。

記事:ガウサム

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
ブリュッセル攻撃によりビットコインが走査下だが、不換紙幣がテロの重要位置を占める

3月22日の朝、ベルギーのブリュッセルにて攻撃が見られ、最低34人が死亡した。この結果によって仮想通貨は厳重な走査にかけられるのか? 2015年11月13日のパリでの攻撃からたった4ヶ月後にマルベーク地下鉄駅とブリュッセル空港にて攻撃を受け、ヨーロッパでの頻繁なテロ攻撃は不幸な現実に映る。現在テロリズムは国際合意で国際的な現象である。この様なタイプのテロ攻撃の意味は、テロ財務が公安調査局や政府、そして一般の深い懸念であるという事だ。 仮想通貨が更に厳重な走査にかけられる中で、テロリストとテロ支援者のビットコインとその他暗号通貨の違法な利用を淘汰する視野はあるのだろうか?政府規定の捜査網はビットコインCTの組織を終結させるのか?ベルギーでの攻撃の深刻な悪意の背景の中で、これら問いへの答えを思考してみよう。 テロ攻撃は仮想通貨を廃止するのか? ビットコインやその他暗号通貨は政府の十字線である。実際に、ヨーロッパ連合はビットコインの様な仮想通貨とプリペイドカードへの保留の強化を検討している。多国籍議員連合は、厳密にされた規定を2016年6月に開始する事を志している。 暗号通貨の様な新規の金融媒体は、テロリスト財務との戦闘に関して新しい挑戦を作り出す。ヨーロッパ連合によると、高度に万能な犯罪者は、現存手段が危険になると新しい方向へと素早く変更するという。 措置出来る事は? 政府発行による不換紙幣は、現金の形式では完全に追跡不可能であると述べる事から始めなければならない。ビットコインATMの供給者であるコイン・アウトレット(CoinOutlet)のエリック・グリル氏が思考を述べる。 「仮想通貨はテロリズムへの資金供給として酷い手段であり、追跡不可能な不換紙幣を利用する方が良好な方法だと考えております。」 反対にビットコインは、オープン・ドメインで取引に関連する全ての情報を持つブロックチェーン技術を利用している。事実上、現在は知られていないシルクロード(Silk Road)の件では、検察官は取引の検索が比較的容易に出来る様になった為に、ビットコイン・ウォレットは容疑者の捜査にどの様にして結びついていたのかを描き出した。 テロリズム自体は不換紙幣で資金供給を行う 念頭に置かなければならないのは、国際テロリズムは仮想通貨やプリペイドカード、そしてその他の電子資金取引のずっと以前から資金供給を行っているという事だ。南アジアやアフリカ、又は西アジアに居住した事のある者は、9/11以前からアルカイダによって頻繁に利用されていたハワラ(Hawala)取引をご存知なはずだ。同様に、現金や不換紙幣は追跡不可能な事から、多くのテロ活動者の好む選択肢である。ビットコインを促進する非営利団体の分散型ネットワークである国際ビットコイン連合の、ヨーロッパ初の対面式ビットコイン取引所であり総書記である、ビットコイン・エクスチェンジ・ベルリン(Bitcoin Exchange Berlin/BXB)の創立者兼主催者のアロン・コーニグ氏がこの意見を反映している。 「中央銀行によって無から製造されるユーロやアメリカドルの様な仮想通貨は、確かに政府とテロリスト団体の両方によって全ての形式のテロへの資金として利用されています。その事から、これらは禁止される必要があると考慮します。金や銀そしてビットコイン等の実際の貨幣だけが承認されなければなりません。」 通貨とは人々の手による只の道具であり、人々がそれを良きも悪くも使う権威を持っています。ビットコインとは資産取引の開かれた明確で安全な方法であり、政府発行の現金の様な多数の従来からの手段よりも安全な方法に違いない。 「最低限でもアメリカとヨーロッパでのビットコイン取引所は、アンチマネーロンダリング対策とテロリズム資金供与対策(AML/CFT)規定へと応じる事を義務付けられています。これら規定は、取引への全ての参加者の身元の確保と証明の義務(KYC)と、取引活動の調査と監視の義務、そして当局への多様な関連報告の提出の義務などの様な、探知と阻止への措置を含んでいます。」 記事:シヴディープ・ダリワル

Close