30-04-2017
04:34 pm
=

コイナリティクスがスクリィへと商標変更し、IBM専門家をブロックチェーン開発へ雇用




duck_toy

コイナリティクス(Coinalytics)が本日スクリィ(Skry)へと商標変更した事を発表し、新規ロゴの公開とビットコイン・ブロックチェーンへのサービスを拡大させる動きの一環として、2名を新規で雇用した。

コインデスクとの会見にて、スクリィの共同設立者でCEOのファビオ・フェデリチ氏は、本社はブロックチェーン、ビックデータと電子知能を一つの製品として結合させる事へ取り組んでいる。

フェデリチ氏が述べる事には、

「本社自体はビットコインの更に先へと進みたいと望んでおり、明快な意見を広める事が重要でした。しかし、その実行とどの様なブロックチェーンにも対応させる為には、ビットコイン解析アプリケーションからブロックチェーン解析プラットフォームへと、専門技術者が移る必要があります。」

IBMのワトソン・コンピューターへと10年間取り組んできた、IBM元主席研究員であるアカシュ・シング博士が、スクリィへ最高技術責任者として加わった。シング博士は、本社サービスへと興味を持つ大手銀行と法執行機関がブロックチェーン非依存型プラットフォームへ収益をもたらす事の確認によって、コイナリティクスの「エンタープライズ対応化」への援助に焦点を合てる。

大型企業へのサービスに移行には、新しい解析型プロダクトの新しい「融合層」も含まれている。

深セン市の中国を拠点とするファウェイ(Huawei)にて、情報科学部門のCTOだったシング氏は、顧客がユーザーアカウントや位置情報の様な組織内データを、第三者を経由する事なく安全に解析する為に設計されたサービスの開発に取り組む。

新しい展開

2014年4月の設立以来、パロアルトを拠点とするスクリィはスタートアップ企業500社から合計1.3ミリオンドルと、ビットコインへの分析プラットフォーム開発への本拠地を成立させた。

しかし、本企業が法執行機関と個人情報を懸念する銀行と話しを進める中で、先月ブロックチェーン監視方法へ5ミリオンドルを上げた、エリプティック(Elliptic)の様な企業の位置へと加わった。

コインデスクとの会見にてフェデリチ氏は、機械学習方法を通しての大きく増加するデータ集と、詳しい調査だけで明確になる事業利用例の「架け橋」として支援する事へと、新規で商標変更する事業が必要だったと公言した。

フェデリチ氏は、水晶玉を使って将来を予言する意味を持つ本企業の名前について追言した。

「利用者が未来を見据えた最良の経験を可能とする為に、機械学習と電子知能を使用する実時間におけるサービスを信頼しています。」

記事:マイケル・デ・カスティロ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
elder
ロシア連邦中央銀行がブロックチェーン研究を6月に実施

ロシア政府官僚はビットコインと電子通貨に対して近日に賛同する事はないとしながら、ロシア中央銀行はブロックチェーン技術を適応する計画を進展させている。本取り決めは、電子通貨と本国での当技術の禁止提案として出された政府指針へと対照的である。 ロシア中央銀行はブロックチェーン技術を欲する ブロックチェーン技術の概念で挙げられた人々は、分散型レジャーの利用による沢山の利益に非常に自覚している。取引処理と情報記録業へと安全性があるだけではなく、現在でどの様なシステムでも利用する事が出来ない、追加透明層がある。 この時点まで、ロシア中央銀行での献身する研究団体は、ブロックチェーン技術とその適応方法に注目していた。2016年の6月にこの研究成果が公開されるが、本技術がすぐに設置されるという事ではない。 金融取引記録システムでのセントラルポイント障害を取り除く事は、世界中の銀行の大きな利益に属する。多数の国際大手銀行は、金融界での分散型レジャー技術の境界を活動的に研究するR3 CEVコンソーシアムに参加している。 その上、分散型レジャー上にて共有される全ての取引は、分散ネットワークを形成して、全てのブロックチェーン参加者が実時間でアクセス出来る様になっている。新規の取引はこれら記録へと自動的に追加される。ブロックチェーン上にてエントリーが作られると、その詳細は一切変更出来なくなり、配布が不可能な取引のタイムスタンプ・ログを実際に製作する。 イズヴェスチィア(Izvestia)の記事によると、ロシア中央銀行はこの技術を全ての国々の金融機関へと利用する事を望んでいる。この事が、全ての銀行へと取引が配布形式で記録される事を認証する。詳しい詳細は公開された時点では不明のままであったが、金融省はロシア中央銀行の決定へと不満を感じている。 これから実行する計画の中で、ロシアでのビットコインとその他全ての電子通貨を禁止する予定がある。この国では、どの様な形態の電子通貨も製造する事は禁じられており、そしてその段階へと関与した企業は、厳しい処罰を受ける。この提案がビットコイン自体にほぼ焦点を合てているが、これはロシアでのブロックチェーン技術を禁止する事へと導きかねない。しかし、もし中央銀行がブロックチェーンを積極的に追及する場合は、分散型レジャーの利用と開発が法律によって禁じられる事は疑わしい。 記事:JPバンティンクス

Close