20-02-2017
08:06 pm
=

最新ニュース

オーストラリア政府がビットコインへの二重課税の廃止を求める




blue1

オーストラリア政府が金融技術の大幅な政策声明の一貫として、ビットコインに関連する租税の懸念へと立法上の解決案を支援する事を公表した。

本国の現在の租税指針の元では、ビットコインは貨幣の形態としてよりも物々交換の形態として考慮されている。オーストラリアの事業者は電子通貨を販売する場合に消費税(GST)を支払う必要があり、そして決済として受け取った場合は租税への責任がある。

この政策は、不平等な租税環境を議論するオーストラリアのスタートアップ・コミュニティーからの批判を白熱させている。昨年の夏にオーストラリア元老院は、電子通貨の報告にてこの問題を解決する案を募った。

本日政府は解決案を発見する為に、オーストラリアの電子通貨産業と共に取り組むと述べ、こう宣言した。

「政府は現在のGST法下での電子通貨の扱いは、利用者が電子通貨を使用して既にGSTが課せられている物を購入した際に「二重課税」される事を意味すると認識しています。政府は電子通貨への「二重課税」の取り組みへと委任され、そして電子通貨へと適応されているGSTに関連する法律改正の為に、法的選択に取り組む産業との連携へと専念しております。」

オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(Australian Financial Review)によれば、本日にオーストラリア財務官のスコット・モリソン氏は、政府は「電子通貨への課税をしない」と語った。

「電子通貨へのGSTの「二重課税」扱いを取り除き、適切なマネーロンダリング対策とテロリズム対策への金融規定は、更なる発展又は将来での利用を援助すると思われます。」と政府は述べた。

分散型レジャーへの法的計画

本国のアンチマネーロンダリング対策規制であるオーストラリア取引報告と分析センターは、政策公表に含まれた報告にてブロックチェーン技術への援助を表明し、この技術が「会計主体へと課せられるコンプライアンスと規制への経費を大きく削減」する事が出来ると確信していると公言した。

特に規定者は、金融サービスでの分散型レジャーの使用を管理する新規規則を求めると述べた。

オーストラック(AUSTRAC)は、この過程はステークホルダーの参加を携わらせるだろうと述べつつも、これらの新規規則がいつ発展されるかについては指摘しなかった。

ブロックチェーン支援

オーストラリア政府は、ブロックチェーン技術へとオーストラリア事業部門の増加する注目の特別な解説をしながら、フィンテックを利用し開発する事業の援助を思考していると述べた。

最近にブロックチェーン・スタートアップ電子資産保有への投資をし、市場構成へと予期出来る適応を目指しているオーストラリア証券取引所から、政府は撤退した。

政府はこう述べた。

「開発の初期段階でありながらも、投資家や参加者と規定者、そして政府機関への利益と共に、本技術は市場が総業する道を端々に渡って顕著に単純化する可能性を持ちます。」

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
gesoten_logo_l
オンラインゲームサイト「ゲソてん」が 仮想通貨「ビットコイン」での決済に対応

~多様な決済手段の提供で、ユーザーの利便性を向上~ GMO インターネットグループの GMO メディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMO メディア)は、オンラインゲームサイト「ゲソてん」(URL:http://gesoten.com/)のゲームで利用 できる専用の仮想通貨(以下、ゲーム内通貨)の決済手段として、株式会社 bitFlyer(代表取締役社 長:加納裕三、以下、bitFlyer)が提供する「ビットコイン」を追加いたしました。 【「ゲソてん」での「ビットコイン」導入の背景】 「ビットコイン」は、インターネット上で流通している仮想通貨の 1 つで、金融機関を介さず P2P(*1) で直接取引ができ、送金の手数料負担や手間を軽減できることから、個人・企業の国際送金や決済などに広 く利用されています。最近では「ビットコイン」のウォレット数が全世界で 1,200 万を超え(*2)、国内にお...

Close