27-07-2017
10:38 pm
=

エストニア最高裁判所がビットコイン取引者に対し規制




blue2

エストニア最高裁判所は、電子通貨仲介者から提出された起訴への認識として、ビットコイン取引行為に対する規制を定めた。

ビットコイン合法性の調査として始まった、長期に渡る起訴への認識として開始された本規定は、ヨーロッパ圏にて交換者が電子通貨の扱いへと新しい障害に面するという意味である。

この起訴は、ビットコイン仲介者のオットー・デ・ボーグド氏に、BTC.eeの経営に関連するエストニア警察が最初に調査を入れた。その後、デ・ボーグド氏は罰金の脅しと警察での懲役によって、サービスを停止した。

レディット(Reddit)の注記によると、デ・ボーグト氏はエストニアは現在「ビットコイン、ブロックチェーン代用貨幣や利益へとヨーロッパで最低な国」だと宣言した。

特別な記述としては、エストニアでの交換サービスがどの様にして利用者と交流するのかについての制限である。判決は、明確に説明されていないにもかかわらず、本国のアンチマネー・ローンダリング(AML)規制へと運ぶビットコインの特徴を受け、これを含む代替支払い方法の規制を認証した。

デ・ボーグド氏はコインデスクへと述べた。

「これは事業が1,000ユーロ以上に等しいビットコイン、その他暗号通貨、ブロックチェーン代用貨幣、又はブロックチェーン利益を交換する場合、顧客と実際に顔を合わせる必要があります。この事が現実的にe-ビジネスを不可能にします。更にその他国々や遠くに住む顧客へと提供する事も不可能にさせます。」

非友好的な地域

エストニアの中央銀行の役員が声明にて、ビットコインを「問題性のある計画」と呼んだ2014年1月にさかのぼり、本国は電子通貨にとって、非友好的な管轄区域だと長く考慮されてきた。

欧州司法裁判所がこの問題に重点を置いていた当時は、エストニアは欧州連合でビットコイン交換における全ての価値への付加価値税(VAT)の負荷を要求した。

最終的にECJはビットコイン取引へVAT免除とした。

次の段階

デ・ボーグド氏は、自己を有罪に至らしめる証言に対する権利への侵害と述べた状況の中で、エストニア警察からの権限ある質問へと回答の提供を現在要求される。

新規判定を承認する段階途中だったとデ・ボーグド氏は続け、次の段階には欧州裁判所へとこの件を人権として運ぶ準備が含まれると示した。

「これは苦闘がまだ終わっていない事を意味し、ECHRへと継続して訴える必要があります。」とコインデスクへ述べた。「そして、自分自身を有罪とする可能性のある質問へと、今答えなければならないという意味でもあります。」

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
duck_toy
コイナリティクスがスクリィへと商標変更し、IBM専門家をブロックチェーン開発へ雇用

コイナリティクス(Coinalytics)が本日スクリィ(Skry)へと商標変更した事を発表し、新規ロゴの公開とビットコイン・ブロックチェーンへのサービスを拡大させる動きの一環として、2名を新規で雇用した。 コインデスクとの会見にて、スクリィの共同設立者でCEOのファビオ・フェデリチ氏は、本社はブロックチェーン、ビックデータと電子知能を一つの製品として結合させる事へ取り組んでいる。 フェデリチ氏が述べる事には、 「本社自体はビットコインの更に先へと進みたいと望んでおり、明快な意見を広める事が重要でした。しかし、その実行とどの様なブロックチェーンにも対応させる為には、ビットコイン解析アプリケーションからブロックチェーン解析プラットフォームへと、専門技術者が移る必要があります。」 IBMのワトソン・コンピューターへと10年間取り組んできた、IBM元主席研究員であるアカシュ・シング博士が、スクリィへ最高技術責任者として加わった。シング博士は、本社サービスへと興味を持つ大手銀行と法執行機関がブロックチェーン非依存型プラットフォームへ収益をもたらす事の確認によって、コイナリティクスの「エンタープライズ対応化」への援助に焦点を合てる。 大型企業へのサービスに移行には、新しい解析型プロダクトの新しい「融合層」も含まれている。 深セン市の中国を拠点とするファウェイ(Huawei)にて、情報科学部門のCTOだったシング氏は、顧客がユーザーアカウントや位置情報の様な組織内データを、第三者を経由する事なく安全に解析する為に設計されたサービスの開発に取り組む。 新しい展開 2014年4月の設立以来、パロアルトを拠点とするスクリィはスタートアップ企業500社から合計1.3ミリオンドルと、ビットコインへの分析プラットフォーム開発への本拠地を成立させた。 しかし、本企業が法執行機関と個人情報を懸念する銀行と話しを進める中で、先月ブロックチェーン監視方法へ5ミリオンドルを上げた、エリプティック(Elliptic)の様な企業の位置へと加わった。 コインデスクとの会見にてフェデリチ氏は、機械学習方法を通しての大きく増加するデータ集と、詳しい調査だけで明確になる事業利用例の「架け橋」として支援する事へと、新規で商標変更する事業が必要だったと公言した。 フェデリチ氏は、水晶玉を使って将来を予言する意味を持つ本企業の名前について追言した。 「利用者が未来を見据えた最良の経験を可能とする為に、機械学習と電子知能を使用する実時間におけるサービスを信頼しています。」 記事:マイケル・デ・カスティロ

Close